視察研修2日目は石川県加賀市議会です。昨日、高山市議会の研修後バスは東海北陸自動車道~北陸自動車道を走り急いで(安全運転でした)加賀市内に着きました。理由は、視察受け入れの条件として加賀市は市内での宿泊施設を利用することになっているからということでした。なるほど、「片山津温泉」「山代温泉」「山中温泉」と加賀温泉郷のまちだから温泉に宿泊してくださいという意味でかな?というのは早合点でした。
 バブル経済の頃は年間400万人の観光客が現在は半減して200万人、追い打ちをかけて北陸新幹線が金沢まで開通して東京ー金沢間が2時間30分ということに原因があったようです。そして人口減少が一層拍車をかけたようです。温泉のまちにきても、宿泊費は公費であり上限も決められていますので温泉旅館ではなくビジネスホテルに宿泊させていただきました。

【第2日目 加賀市議会】
市役所の玄関には手入れされた見事な松の木が。兼六園の松を想像しますね。
加賀市議会①

★議会改革度調査(2015) 全国8位(1460自治体中) 北陸3県トップ
加賀市議会④

 会議室に案内されるとスクリーンの画面に驚きました。一体どのようにして議会改革全国8位になったのか。会議室のテーブル上には私たちの為に1㎝以上もの高さの資料が置かれていました。
 表(おもて)議会事務局長さんからパワーポイントを使用して「改革への取組・・日本一の議会を目指して」約1時間以上のお話がありました。内容は一言でいうと「議会基本条例」という「決まり」を作りこれに基づいて様々な取組を実施してきたことです。
・本会議場での取組 能楽を開催 議長席隣に九谷焼を展示 山中節・歌・踊り
・会議は全て公開、周知  加賀市議会日程ポスターを地区会館・図書館・総湯など32カ所に掲示
 委員会から議会運営委員会まで全てを公開(平成27年度~) 小学生が議会傍聴
・議会ホームページを刷新・見やすく
・政務調査費の支出状況を全面公開(石川県内では初めて)
・議会報告会をきめ細かに実施 H24=20地区888人参加 H26=21地区841人参加等々
・女性議会を開催 女性10名が市政一般について質問
(視察日は翌日の女性議会用に議場が作られていました=写真)
加賀市議会②
・こども議会の開催 「子ども議員」市長に質問
・日曜議会を開催 満席にならなかったことも。翌年は土日開催実施
・市民主役条例(自治基本条例の内容)の策定に取り組む(H22~策定業務開始)
★議会側からの条例制定にも取り組んでいる
 ポイ捨て禁止条例 地域医療を守る条例 犯罪のない安全・安心なまちづくり条例 いじめ防止条例
 地元の器(九谷焼)で地酒で乾杯条例 災害対策基本条例 
★タブレット端末を活用したペーパレス化・事務改善等の取組(H27~  )
加賀市議会③
★議会図書室の機能強化(市立図書館内の市政図書室に議会図書室を併設)
★インターネットライブ中継開始(H27~) H28,1~か委員会、全員協議会もライブ中継

 表(おもて)議会事務局長の説明によると、改革をするかしないか決めるのは「議員」。議会がやらないと決めれば事務局は手伝わないということでした。これまでの取組によって議員に意識がでてきて市民の評価もアップしてきたそうです。投票率75%が改革の成果をものがたっているように思いました。
 高山市議会と同じように議会事務局職員も長久手市の2倍の人数です。政策法務担当職員が内3人です。議会側にも執行部と同じような手厚い職員体制が敷かれていました。
(研修写真です)
加賀市議会⑤

 長久手市議会も、今回の視察研修に学び議員が一人一人「議員の仕事はなに?」「議会って何をするの?」と言われないような議会を作っていこうとする意識の向上を目指していかなければ・・と思いました。