今日から10月。1日の便りが今月も届きました。
伊勢赤福10月

 今月は「栗餅」です。お餅を二つに切ってみると中には栗あんこが入ってました。口当たりが柔らかくて一度に二つ食べてしまいました。
 旧暦の9月9日(今の10月)は、五節句の中で最も重要な重陽(ちょうよう)の節句=菊の節句。菊酒や栗ご飯を用意し不老長寿を祈る風習でした。皆様のご壮健を祈りながら栗餅をお届けします。 【店主より】

 秋の山の実りが、秋の味覚が幸福感となってつたわって来る、そんな気がする徳力冨吉郎氏の版画の包装紙を今月は使用していると書かれていました。
 普段、見慣れている伊勢赤福のピンクの包装紙とは趣もちがい、伊勢の文化を末永く伝えようとしている(株)赤福さんの朔日餅(ついたちもち)に込める思いが今日も伝わってきました。
 不思議なことに、赤福のお餅がこの頃では🍷の肴になっています。私は就寝前にほんの少し飲みます。甘いお餅が肴になる?ってきっと体が疲れているのかな~なんて、疲労のバロメーターになっています。
 ごちそうさまでした。