参院選も今日は三日目です。会派をくんでいる上田議員(民進党)に誘われて立候補している「伊藤たかえ」さんの街頭演説を聞きにいきました。場所は尾張旭市のイトーヨーカ堂前です。この場所は16年前の衆院選時に私も演説した懐かしい所です。予定時間になるとどこからともなく人々が集まります。マスコミ各社もです。

伊藤たかえ③

今日はこの地域(愛知7区)選出の山尾しおり衆院議員が応援にきました。山尾さんは党の政調会長ですからマスコミも集まった人々も静かに演説内容を聞いていました。伊藤たかえさんの番がきました。多分初めて彼女の演説を聞く人々ばかりでしょうか、山尾さん以上に真剣に伊藤たかえ候補の話に聞き入っていました。
 私は事前に2回お会いしましたが、自分の主張をしっかりと述べられて改めて誠実な人柄が伝わってきました。
★もっと自由でいいはずだ!
 ・「こども」「若者」がもっと自由になるために ・「ママたち」がもっと自由になるために
 ・「働く女性」がもっと自由になるやめに    ・「知ること」がもっと自由になるために
「政治家は子供の未来をつくることができる」と、民進党の候補者公募サイトをみて応募し選ばれたと話しました。私自身も、38歳の時に町議になった頃から知っているこの地域の議員の仲間たちや応援いただいた方々と何十年ぶりかで会う事ができて同窓会のようでもありました。お互いに「変わらないね」「歳とったね」・・です。

次は瀬戸市文化センターでの個人演説会場へ。【伊藤瀬戸市長です】
伊藤たかえ②
ここでは、瀬戸市長の伊藤氏が応援演説に加わりました。「私は、瀬戸市長という立場で応援に来ました」と、立場を鮮明にして一声を発した時は会場が一瞬静かになりその直後、大きな拍手です。市長という立場にたつと与野党に良い顔をするかたが一般的ですが、この一声を聞いて伊藤氏が市長に当選した時の厳しい選挙戦が想像できました。このような場ではっきり述べられた市長の姿勢に感銘しました。
伊藤たかえ①
 ここでも、お二人の演説は光っていました。7月10日の投票日まで愛知県下をくまなく回って選挙運動することは大変な体力と気力、そして家族の理解と協力が必要です。二人のお子様を抱えての選挙戦、しかし明るくにこやかな笑顔からパートナーが良き理解者であることが伝わってきます。頑張って下さいね。