2021/4/6 毎年この季節になると土から掘りたての「筍=たけのこ」をいただくが、今年は調理済みの竹の子をお2人の方から頂いた。
お一人のかたは「竹の子ご飯」。ご飯粒を見つけるのが大変なほど「具」が沢山入っていてビックリ!そして、美味しい。
 令和3年4月6日②
・出汁は厚い昆布、具はホタテ貝、シイタケ、鶏肉、油揚げ、こんにゃく、タケノコ・・とっても美味しくて2膳も食べてしまった。
 また、届けてくださった方の庭に花開いた「江戸椿」「八重桜」まで・・。↓
 令和3年4月6日①
花瓶の代わりにビール🍷。白い大輪の椿が清楚な感じで眺めているだけで少しの時間を忘れてしまう。八重桜もペットボトルを利用して届けてくださったのでそのまま飾った。
 私は、頂いた竹の子はいつも皮を剝いてお鍋のサイズに竹の子を切って茹でる。今年は不思議な事にお料理をして届けてくださったのは、私の暮らし方を感じて心を込めて下さったのだと思う。

 長久手市に転居して30数年、良い知人や友人に恵まれながら春を迎えている。
 本当に嬉しい。v( ̄∇ ̄)v