2021/3/3   午前中は「議会改革特別委員会」を傍聴しました。
会議の様子 ↓
 令和3年3月3日①
1年かけて、多くのことが決まりました。2月初めには「議員間討議」が決まり早速、今定例会の総務くらし建設委員会で行われました。この日の検証も行われました。
〇意見が分かれるようなテーマではなかったが初めて実施できたことは評価。
〇執行部は退席と決めたが、傍聴の手続きをとり委員会室で聴いていた。(え!そのような報告はなかったので、会議を傍聴して良かったと思いました。)
〇課題や論点を委員長に提案するときは文章にして提出し配布するように。(論点等の資料配布があると思っていたので改善点がわかりました)

 会議の内容は、会派代表が伝えてくれます。事務局が議事要旨を配布してくれますが傍聴することで解釈の違いも少しあることに気づきました。

所管事務調査の在り方や、予算決算常任委員会(今期から)についての意見は会派ごとに提出していましたが、この日はまとまりませんでした。

議会だより特別委員会が「広報広聴協議会広報部会」となり議会だより要領を変更することに決まりました。

青山議長が頑張ってくれて令和4年度からタブレット導入をする準備等の予算もつきました。議長からは導入への説明がありました。6人の委員と議長でこの1年の検討事項がまとまりかけています。
 令和3年3月③

その後、明日から始まる一般質問で使用する、「補助資料」の作成を事務局の職員に見て頂きながら完成し提出してきました。3項目の内、2項目について資料を準備、両面印刷4枚です。
 令和3年3月④
 いつも、傍聴に来て下さる方がいますが何故質問するのかご理解頂けるようにです。

・令和3年度(令和4年1月4日)で市制10周年となります。議会も「町議会」から「市議会」になりました。議員は「名誉職的」なイメージを持たれている市民の方もいらっしゃるかもしれませんが、1年、1年、と時間はかかりますが18人全員で改革に取り組んでいます。
v( ̄∇ ̄)v