2021/3/2 昨日は3月の声を聞いて起きた!土日は委員会中に出来なかった雑務に追われ、合間を縫って来週の質問や、次回の予算決算委員会で発表する分科会報告書を作成する下ごしらえをした。

下ごしらえは、先週の教育福祉分科会の録音をAIが文字起こしをした原稿=114枚に目を通し、そこから審査した内容をピックアップし準備しておくこと。予想外に時間がかかったのは、まだまだAIが正確に文字起こしをしてくれないからである。

 しかし、下ごしらえのお蔭で久しぶりに市役所内の喫茶ピッツさんで一緒にランチをしようかという、気持ちに余裕が持てたことである。
 令和3年3月2日①
・ボリューム満点、お味噌汁やコロッケなど日頃あまり作らないて料理はとっても美味しくて嬉しい。

なかじま副委員長と作成する分科会報告書も今回が最後である。私「話す人」、なかじまさん「パソコンを打ちながら考える人」、一緒に会員(議員)の質疑と執行部の答弁をまとめた。
 令和3年3月2日②
 令和3年度予算を含めた8議案の審査114枚を6枚に、推敲に推敲を重ねてまとめることができた!
来週もあと1日作業日を予定したが、お互いに自宅での作業のお蔭で1日で完成。執行部の答弁まで私たちが文章にしたので、最後は議会事務局から担当課に間違いがないか確認をしていただき完了となる。

定例会ごとに発行する「市議会だより」では各委員会審査も報告するが、原稿は副委員長が担当してくれる。なかじまさんは手際よく事務局から文字起こし原稿と音源をUSBに入れてもらい持ち帰ってくれた。委員会報告の原稿締め切りは、何と3月8日で一般質問最終日である。
 
 本当に副委員長なしでは委員会が成り立たない状態で、良きパートナーと組め嬉しい。
なかじまさん、昨日も一緒に仕事ができたこと、ありがとうございました。v( ̄∇ ̄)v