2021/2/21日曜日 名古屋東部華道連盟の副理事長さんから2年前に相談があると言われました。今まで「清水屋・藤ヶ丘店」で開催の恒例の「華展」の会場が改装により実施できなくなってしまった。33回続いてきたのでこれからも続けたい・・2人でこの地域を回り、たどりついたのが長久手市文化の家「森のホール」でした。私の役割はここで終わった。ところが昨年6月の華展はコロナ禍で延期となり、この日「1日限り」で開催にこぎつけることができたと案内状を頂きました。今日は、楽しみに森のホールへ。

森のホールはいつも長久手フィルハーモニーの定期演奏会で利用します。実は舞台はコンサート、演劇、舞踊などの舞台公演から、式典、集会など客席数を替えることにより幅広く対応できます。私は町会議員の時に建設されたので舞台が馬蹄形になり多目的で使用可能ということを覚えていました。

次々に来場する人々をみて、心から主催者とまた連盟員のお花の先生に「おめでとう!」と挨拶を交わしました。
・一緒に会場探しをした副理事長さんのいけばなです。花材は全てご自宅の庭から・・。
 令和3年2月21日④
 令和3年2月21日⑦
客席で囲まれた馬蹄形の舞台に、39のいけばなです。
 令和3年2月21日⑥
男性の先生の生け花は特徴がありますね。
 令和3年2月21日⑱
一瞬、お花??かしら・・と。
 令和3年2月21日⑪
数年ぶりの「華展」です。この日を待ちわびていた先生やお弟子さんの作品です。
 午前10時~16時の間に約500余名が来場されたと聞きました。
 令和3年2月21日⑮

 令和3年2月21日⑰

 令和3年2月21日⑭

 令和3年2月21日⑬

 令和3年2月21日⑫

 令和3年2月21日③

 令和3年2月21日⑧

 令和3年2月21日⑨

 令和3年2月21日⑬
大正生まれの母はこの流派であったような気がします。花器が似ているのかな。
 令和3年2月21日①

 令和3年2月21日⑤

    令和3年2月21日⑩
私の所属する長久手フィルハーモニー定期演奏会でも、来場者を数えますが500名を超えると会場は満席に近い状態です。
 文化の家がこのようにして利用されることは市民としてもとっても光栄です。特に名古屋東部の地域から大勢の皆さまが足を運んで下さっていました。
 私も「お久しぶりですね~」と挨拶を交わす人、人、人で昔話を楽しませて頂きました。
 大成功ですね。本当におめでとうございました。.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○