6/4~23日間の日程で行われた議会は15議案と1件の同意案を全て可決して閉会しました。
急を要した「南中学校の校舎増築」議案は6月5日、採決
コロナ支援策の補正予算2件は6月16日、採決
同じく最終日も追加の「コロナ支援策補正予算」が緊急上程され、真摯な審査のもと採決

市は最終日に、コロナ支援策の3つ目の補正予算の可決・成立を待って「第2弾・コロナ支援策」のチラシを7月号の広報に挟み全戸配布の段取りをしていました
(二元代表制のもと議会の議決前に、配布することは出来ません)

午前10時に開会して、すぐに本会議を休憩して追加議案を1日で審査しました。皆さんの税金を何にどのように使うのかを審査するので、細部にわたりその効果、予算額を算出した根拠、市民への周知方法、該当する市民がもれなく支援金を受け取る方法など詳しく問いました。

2つの常任委員会の正副委員長も議会事務局職員も、本会議で審査経過を報告しないと採決に入れないので審査後の文字起こしが、今回も大変でした。

本会議再会は午後7時40分、全てが終わったのは午後8時46分。
・8月下旬の9月議会まで、しばらく議場ともお別れです。
 令和2年6月26日①
・家に着くと、お月様がマンションの上に輝いていました。
 令和2年6月26日②
コロナ禍による税収減が今後2年ほど続くことが明らかになり、一般質問でもアクションプラン=リニモテラスのような不要不急な事業は延期するべきと訴えました。
最後の議案であったリニモテラス建設工事請負議案
反対議員:なかじま和代、冨田えいじ、渡辺さつこ、(敬称略)、大島令子の4名が理由を述べて反対しましたが賛成多数で可決されました。

・リニモテラスは長久手市の第4次総合計画からの事業です。反対した3名の議員は1期、2期目の議員ですが、過去の経過をしっかりと調査し、学び、堂々と意見を述べて採決に臨んだ姿を拝見しました。
 さあ、これからコロナ支援策を持って町にでよう
 令和2年6月24日④
 .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○