新型コロナウイルスに係る公共施設の休館により、私も関わっているサークル活動もしばらく休みとなりました。会員一人ひとりがこのウイルスとの戦いが厳しいものであるという自覚を深めており納得しています。
 この日は2つの活動の中止が正式に決まりました。

一つは「さつき盆栽愛好会」の総会が中止となりました。人数は少ないですが高齢の方々ばかりなので納得です。会長宅へ年会費を届けに行きました。さつきの盆栽はあと2か月もすると綺麗な花を咲かせます。それまでに終息に向かうといいのですが・・。(会長宅の庭)
 令和2年3月28日②

中止二つ目は「長久手フィルハーモニー管弦楽団」第32回定期演奏会(5月10日)
 令和2年3月28日①
 既に2月最後の週から3月一杯練習は中止してきました。4月の練習日程等も計画されていましたが役員の方々の賢明な判断で演奏会中止となりました。

チャイコフスキー作曲:交響曲第3番(スコットランド)、白鳥の湖・抜粋、昨年11月から練習してきましたが残念ではあります。次期第33回演奏会のプログラムは決まっていますので32回定演の曲は来年春に同じ指揮者である道端大輝先生にお願いして演奏できるように、役員の方が考えて下さっているようで嬉しいです。

演奏会には毎回多くの知人が足を運んでくださるので、演奏会中止の連絡をしようと思っています。
 
ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授のメッセージに励まされています。
桜は来年も帰ってきます。人の命は帰ってきません
1人1人が油断せず、万全の対策を取って下さい
ウイルスとの戦いは、有効なワクチンや治療薬が開発されるまで手を抜くことなく続ける必要が。1年以上かかるかもしれないが受け入れるしかない。社会崩壊も、医療崩壊も起こらない形でゆっくり受け入れる必要があります (山中伸也教授HPより)
 .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○