昨日に引続き総務暮らし建設委員会、分科会で補正予算・予算の審査を傍聴しました。
・議案の中には、私も委員をしている「都市計画審議会」に対して市長から諮問され答申した公園西駅等区画整理組合地内の「先導住宅街区地区」の都市計画がありました。

・議案内容は、この1.5haの先導街区地区を「地区計画」によって「まちづくりのルール」を決めることです。もっとも気になったのは緑化率20%。敷地面積の最低限度が200㎡なので40㎡を緑化しなければなりません。

・また道路に面する垣又はさくは、生垣あるいは透視性のあるフェンスにして、ブロック塀は禁止です。議会での一般質問で「緑化管理について」質問する予定です。木が小さい時は管理はしやすいのですが成長すると造園屋さんにお願いしないと出来なくなる恐れがあります。
・この土地区画整理事業は「市施行」ですから販売しやすく整備することにより赤字を防ぐことが出来ます。ところが、先導街区は街区全てを大手のハウスメーカーさんがこれらの条件を受入れて一括して購入することになっているという説明でしたから賛成しました。条例改正案も委員全員が賛成でした。

さて最も関心のある審査は、来年度の一般会計に計上されてる「リニモテラス事業=2億1,402万円」です。
事業担当は「たつせがある課」
◎リニモテラスの建築費1億5千万円 ◎隣接する中央2号公園グレードアップ事業の設計委託費 ◎用地購入費など委託料・需用費・工事請負費・備品購入費・負担金等々が計上されています。

・分科会員の中には「リニモテラスは必要ない」とこれまで反対の意見を述べていた委員も数名いるのでどのような質疑と意見を述べるのか耳を澄まして傍聴しました。分科会なので採決がないので賛否は読めません。

夕方、一般質問で取り上げる「確定申告」会場を近隣市へ見に行きました。
【日進市】 正面玄関に大きな文字で会場案内です。
 令和2年2月26日②

 令和2年2月26日④
【東郷町】
 令和2年2月26日③

 令和2年2月26日⑥

 令和2年2月26日⑧
 (広報と議会だよりが玄関入り口に揃って置いてありました)
 令和2年2月26日⑦
 (東郷町役場)
 令和2年2月26日⑤

日進市、東郷町、長久手市は旧愛知郡3町でした。二つの町は人口が5万人を超え単独で市制施行をしましたが、消防・水道は現在も一緒に組合を作って行っています。このため議員間の交流もあります。

日進市、東郷町は庁舎が大きいので会議室で確定申告を行っています。長久手市は手狭なことから3年前に農協、2年前からはイオンホールになりました。市民にとっては会場の変更に気が付かないかたもいらっしゃいます。例年2月15日~3月15日の申告期間中市内で相談を行いますが今年から相談期間が2月一杯となり、3月の期間は名古屋伏見の「電気文化会館」まで出かけなければなりません。

 税理士派遣により申告期間の1っか月間市内で実施している自治体もあります。長久手市は急激に人口が増え、また区画整理事業により不動産所得のある方も出てきているので私は1か月間市内で実施することを質問します。納税者が税金を期限内に収めるということは税金で事業を行う自治体にとってはとても大切なことと思います。
 源泉徴収法によりサラリーマンは給与から予め所得税が引かれ、年末調整をしてくれるので納税という意識が薄れるかもしれません。しかし、年金を受給しながら現役で働き収入が複数ある方、医療費や寄附控除がある方は確定申告が必要です。

 市民の方々は、色々な働き方をする人が増えています。給与なのか、事業所得なのか、初めての方にはどのように申告すればよいのか仕組みを相談にのってほしい方もいると思います。

 最も残念であったのは長久手市の「広報」です。
日進市は広報1月号・・5,6,7,8,9ページで詳細に説明(計5ページ)
東郷町は広報1月号・・6,7ぺージ+2月号2,3,4,5ページ(計6ページ)
長久手市は広報2月号・・10,11ページ(計2ページ)

 担当職員の方には、市民の立場にたって今年の実施方法を振り返って頂きたいと思いました。
 川 ̄_ゝ ̄)ノ