2月22日(土) 長久手フィルハーモニーの練習でした。今日は管楽器と弦楽器が分かれての分奏練習です。
弦楽器は昨年6月の定期演奏会でヴァイオリンソ独奏とゲストコンサートマスターで出演してくださった平光先生にご指導を頂きました。約1年ぶりに平光先生のヴァイオリンの音色を聴いたときは、何とも言えない甘い豊かな空気が練習室に流れました。

♫♫ 先生は次回定期演奏会のメインの曲であるメンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」を1楽章~4楽章まで、弦楽器の響きや音色が大切な所をポイントを押さえて教えてくれました。
 私は楽譜に釘付けになってただ弾くことで精いっぱいの状態ですが、このように曲想を感じて演奏すれば感動できる!と、納得しました。

♫♫ 3時間という練習時間が超スピードで過ぎていきました。
 練習後平光先生の楽器を見せて頂きました。↓ 真っ赤なミュートに先生の若さを感じました。
 BlogPaint

 令和2年2月22日① - コピー
♫♫ 練習後は今回のコンマスと、打ち合わせ?きっと曲について細部の色々なことをお聞きしてるのかな~。
 BlogPaint
 (休憩時間 文化の家音楽室で)
 令和2年2月22日④

 風邪をひいてしまい、練習不足での参加でしたがいつも大満足で終わります。
 平光先生、本当にありがとうございました  ♫♬♫♬ ♫♬♫♬