11月も月末となった。明日からは師走。真夏の市長選挙の応援から走りっぱなしで来たような気がする。
一昨日、本会議終了後に予算決算委員会を開催し、その後「議員打合せ会」が急きょ開催されました。

何と「上郷保育園」の開園が2回も変更になるという内容でした。
【変更前】令和2年 8月3日(月)
【変更後】令和2年10月1日(木)(予定)

☆変更理由
・木造2階建てですが、木材の出荷先変更による部材調達遅れ。
☆変更経緯
当初は一般流通木材の規格を越えた長野県産の長木を予定。しかし、台風19号により、林道の倒木被害による復旧、山林での立木の選定、伐採作業の遅れが発生し、長野県での調達を断念し、岐阜県・三重県で長木を調達することになった。
 このため、立木の選定を根本的に見直す必要が生じ、2月末に予定の棟上げを4月に変更するため。
☆入園への影響
新入園児(0歳18人)の8月、9月入所者へは、上郷保育園では対応できない6名には至急連絡をとり他の保育園を考える・・。

(これまでの経過)
・もともと上郷保育園+上郷児童館+児童発達支援センターを2年計画で新築する計画までは順調でした。ところが市長が「木材」にこだわったため平成31年1月に建築費用が14億と発表され、議会で問題になりました。

・そして、芝屋根の面積や床暖房の部屋を減らし、各部屋ごとに異なる木材の使用を同一にすることにより建築費を約2億円減らしました。4月の入札は不調に終わり、6月定例会で工事請負契約の議案が上程される予定がまた入札が不調になりました。
 
 10月3日の10月定例会初日に落札できたので工事請負契約議案が上程、急いで採決されました。それでも4月開園が8月に。そして、今回の木材の調達先変更での10月開園という延期です。

・設計事務所の公募から、私は不透明さを感じ、一般質問いたしました。設計には10者が公募、最終的に4者にしぼるという公募プロポーザルという方式の随意契約です。選ばれた設計事務所は、市長の設立した福祉法人の建物を2つ(保育園と福祉学院)設計した会社でした。木造建築では素晴らしい受賞経歴があります。公募条件の中にこの「木造建築での受賞歴」がありましたから疑問に思いました。

・現市長が就任してからの公共施設は全て木造です。議会では北小の多目的棟が坪当たりの建築単価が130万であることもわかりました。税金で市民の使用する施設に対して、市長の好みを傾注しすぎたように思えてなりません。
・リニモテラスも木造で、ついに市長の応援団の議員からも「木造建築にこだわるのは市長の意向なのか」という発言まででました。

・小さな施設では工事遅延というリスクは少ないと思いますが、今回の工事は全体で2年、工費は約10億円、延べ床面積約1,100坪です。一般に流通していない木材であったためとはいえリスクが大きい事業であると痛感しました。迷惑をこうむるのは、保育園の入所を頼りに共働きをしている保護者です。

 議会では、災害時に木造建築で大丈夫かなど指摘もされましたが、全ての事業の計画は行政側にあり議会は議決権しかありません。問題点や課題を指摘はできても、専門家から「大丈夫です。対策をしてあります」という答えが返ってくると、専門家ではないので行政の答弁を信じるのみです。

上郷保育園のすぐそばにある「いちさん農園」に野菜を買いに来て、もうこれ以上問題が起きないことを祈るばかりでした。
・この畑の奥に10月から保育園の建築工事が始まっています。
 令和元年11月30日③
・今日の買い物~白菜・大根・ももかぶ・ブロッコリー・ねぎ・人参・ロメインレタス・サニーレタス
 令和元年11月30日④

 令和元年11月30日⑤
・スーパーで野菜が高騰しているので、いちさん農園では新鮮野菜がとても魅力です。白菜は一柳さんが切株の所に十字の切れ目を入れてくれました。こうすると、葉が水分を吸おうとしないので長持ちするそうです。
(一つ勉強に。今度スーパーで買った時は自分でトライ!)
 令和元年11月30日①
 .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○