本会議2日目、今日は昨日上程された議案50号~58号までの質疑を本会議場で行います。自分の所属していない委員会に付託される議案はこの日しか質問できません。2議案に対して詳細に質問いたしましたが、私だけしか質問者はいませんでした。
 令和元年11月28日
議案57号:都市公園の指定管理者の指定について
・これは来年度から4年間、市内45の都市公園を長久手緑化事業協力会(6事業者の共同体)が管理する内容です。質問にあたり、指定管理の募集要項と指定管理者選定委員会の議事録を資料照会して入手し、妥当であるか6点質問しました。

⑴指定管理の申請者は2者であった。1位:82.79点 2位:71.81点。12ある審査項目の内どのような項目で差がついたのか。
(答弁) 相対的に1位の事業者が上回っていた。特に苦情処理への対応、人員確保の点である。

⑵指定管理者となる緑化事業協力会は4年前より7.8点上がった。どのような点の評価が上がったのか。
(答弁) 維持管理に対するPRと管理実績が上がった。

⑶4年前の指定管理者選定委員会の議事要旨では、公園の管理業務(トイレ清掃、苦情処理も含めて)は同じ内容だが、独自の視点でのサービスが加わった。その内容は何か。
(答弁) 公園愛護会やシニアクラブと一緒に花植えイベントなどの実施である。

⑷募集要項には市とのリスク分担表があり、「利用者や第三者への賠償」は管理を怠った場合は指定管理者が賠償となっている。少し厳しいようにおもうが具体的内容はどのようなケースか。
(答弁) ケースバイケースで話し合っていくことになる。

⑸苦情処理対応について、市民からの第一報は「市」→「緑化協力会」→「担当の会社」となりタイムラグが生じる。各公園に連絡先を記載した看板を設置するとなっている。市からも直接担当造園会社に徹底するようにできないか。
(答弁) 4年前からお願いしているが、タイムラグの生じないように協力会へお願いする。

⑹今年度は45公園で5,466万円。来年度は同じ公園数で約1,331万円が増額され6,797万円が提案された。募集要項では簡易な電球の交換などは管理料に含まれているが、1件30万円未満の施設補修修繕費は指定管理者側が負担することになっている。45公園×30万円=1,350万円であるがこの補修費が負担ではなかったのか。
(答弁) 緊急性のある修繕や事務の軽減を図るために30万円未満は負担して頂いている。

議案第58号:補正予算中、「看護小規模多機能型居宅介護事業所」への4,199万円の補助金について、3点質問しました。

⑴この施設の規模と建設される場所はどこか。
(答弁) 2階建て延べ床322㎡でベッド数は最大10床。場所はIKEAの東側でリニモ公園西駅等区画整理地内と聞いている。

⑵介護保険制度は現在第7期である。計画書にもこの施設はデイサービス、訪問看護、泊まりができ介護1~5の人が利用できる。事業所ができることにより介護保険会計は約6千万円財源が必要となるが、次期=第8期の介護保険料の値上がりの要因となるのか。
(答弁) 第7期の計画で今期見込んで計算している。見込み実績がかわれば上がる要因とはなるが今期はこの施設分を読んで試算している。

⑶施設の指定権限は県なのか、長久手市なのか。
(答弁) 指定権限は長久手市である。

 本会議場での議案質疑は2回までと制限があるので、一般質問を行うくらい事前の調査に時間がかかりました。これで来週の12月2日、3日、4日の一般質問に、やっと本腰をいれることができます。v( ̄∇ ̄)v