8/16, 9/26,10/31 第3回目の民生委員推薦会でした。私は教育福祉委員会・委員長として宛て職の委員です。任期は3年。
 令和元年10月31日②
今年は一斉改正の年です。今任期は11月30日までです。
 2回の会議でで67名中61名が決まりました。今日で全員決定かなと思いましたが、1地区だけ残ってしまいました。全国で24万人の民生委員さんがいますが組織率は96.3%とか・・。

 最後の会議なので委員全員が一言ずつ発言をしました。
・民生・児童委員会協議会・会長の加藤氏は、なかなかなり手のない中、「大変なお仕事だねという意見があるが、やれるようにやればいいよ」「給与があるという間違った風聞があるのはさみしいね」と。確かに民生委員法第10条には「給与は支給しない」と書いてあります。費用弁償ということで主に旅費として愛知県から年間6万円、長久手市から3万円が支払われるだけです。私は、この事実を知ったので間違った風聞を聞いたら話そうと思っています。

・小中学校校長会選出の委員の先生は、民生委員さんという大人の目が地域にあることは本当にありがたいことです。今の子どもたちは、自分で目標を決めて頑張っているので、こういう子どもたちを見て、達成感を味わって頂きたい・と。

・11人で構成される推薦会ですが長久手市推薦会規則で委員の出身組織を決めています。
〇市議会議員
〇民生委員
〇社会福祉事業の実施者関係
〇社会福祉団体の代表者
〇市の教育に関係する者
〇市の行政機関の職員
〇学識経験者

 皆さん、忙しい中日程調整を福祉課が行い任期まであと一人のところでこの会議も終わりました。103年の歴史ある制度ですが、民生委員さんには「7つの働き」があります。これらが現代にあっているのか・・立法府で考えて頂きたいと思いました。

 参考までに、人数は120世帯~180世帯に一人ということです。長久手市ですと80人になりますが67人でも大変なことでした。再任・新任の委員になる皆さま、今の時代に相応しい在り方をどうぞ内部からの声としてお聞かせください。宜しくお願い致します。
 令和元年10月31日①
 .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○