10月3日~30日と28日間にわたる議会が閉会しました。市長提出議案は全て可決されました。
振り返ると「平成30年度決算の認定」という重い審査がありました。また初めて予算決算委員会・教育福祉分科会長の仕事もあり、同時並行して自分の質疑も行いながらでしたからとても密度の濃い議会でした。
【私の行った質疑】
1、本会議での議案質疑
2、本会議での「検査審査意見書に対する質疑」
3、一般質問
4、委員会・分科会での質疑

【委員長報告・分科会長報告の作成】
・中島副委員長と協力して作成。ところが10月16日(水)、17日(木)に委員会と分科会を開催した丸2日間の委員の口述テープを議員がテープ起こしをする事態に議会はなっていました。
・18日(金) 休会 テープ起こし開始(中島議員)
・19日(土) 市役所休み
・20日(日) 市役所休み
・21日(月) 中島議員が丸1日の委員会の口述をテープ起こししたものを元に2人で報告書作成作業。
・22日(火) 市役所休み (天皇陛下即位の礼) 議員は報告書作成作業。
・23日(水) 予算決算委員会=分科会長報告を行い委員会採決
 このようにウイークデイが2日しかない中で私たちは市役所が休みの間も、23日の委員会開会時間に間に合わせるために報告書作成作業に没頭しました。

 後日、副市長に市長公室長同席のもと面談し、現在の議会事務局体制では今後委員会 を開催できないことを、資料を基に説明しました。本会議の会議録は外注費が予算化しています。しかし、委員会のテープ起こしの予算はありません。そういう中でタイトな日程で採決を伴う委員会日程を組むことは、報告書の作成が間に合わないことをご理解いただきました。

【本会議の採決】
〇議長:「本案に対する委員長報告は可決です。議案〇〇号について、委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。」
〇議長:「起立全員です」「議案〇〇号は原案のとおり可決されました。

 このように委員長報告はとても重要なものです。報告書は議員が作成しますがこの元となる委員の質疑を筆記した原稿は議会事務局が不明な点は答弁した担当課等にも確認して、これを元に正副委員長が作成すべきと思います。

 議員の仕事は議事録作成ではありません。本会議や、委員会で発言するまでの事前の調査や勉強など議員の発言そのものは市民の思いであり、私たちの議会活動そのものです。この発言と答弁を正確に記録し残すことが議会事務局の仕事でもあると思いました。

閉会後は執行部から「リニモテラスの設計案の発表がありました。↓
 令和元年10月30日④
 令和元年10月30日③
・地域共生ステーションのようだ!と周りの議員から・・。市長が今まで述べてきたことがこの設計案に凝縮しているとは到底思えません。
 令和元年10月30日⑥
 令和元年10月30日⑤
【10月定例議会でのリニモテラスの変遷】
10月7日・大島一般質問での答弁
 建築費概算 平成28年度 約5億円
         平成30年度 約2億5千万円
10月30日 約1億6千万円/延べ床面積1.000㎡→400㎡に縮小!

 毎年、毎年ワークショップやイベントをコンサルに委託して沢山税金を支出してきました。
最終は、木造1階建て、坪単価130万円、延べ床面積400㎡に。

【今後のスケジュール】
・11/24 運営協議会が市民向けに報告会
・令和2/3月 令和2年度当初予算で建設費を計上
       6月 建設工事着手
・令和3/3月 建設工事完了
        5月 施設オープン
リニモテラスの運営には長久手市観光交流協会が手を上げている・・。

 まだまだ、議会としてはこの案に皆さんが納得しているわけではありません。不透明な点も多々あります。
400㎡の建物を中途半端に立てるよりも、芝生にして、必要なイベントの時だけテントをはるなど・・私はやはり1億5千万円もかけて建設するような施設とは思えません。

<この頃の議会最終日>
・議会報告会のパワーポイントの作成も気になっていますが、ひとまず一人で「打ち上げ」。
 令和元年10月30日②
・このお店のママさんとは長いお付き合い。大輪のカサブランカは1年中美しい。
 令和元年10月30日①
 .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○