朝から4つの会議~頭を切り替えて頑張りました。
一つ目は10月30日(水)に閉会を迎えるための議会運営委員会です。
・30日の日程を決め、10月16日の議会報告会のPRチラシの配布等を打ち合わせました。議会改革基本条例の検証を受けての見直しも次回から本格的に話し合います。
 令和元年10月28日①
会派代表者会議~選挙管理委員会委員の任期1期4年は12月22日まで。再任、新任の方から「同意書」にサインをしていただくことになります。法律でサインを頂きに出かけることは議員がすることになっているということで委員と補充員8人の方へ誰が出向くのか決めました。

「無会派」と「グローバルネット」さんと合同で、9名の議員が揃って執行部から2つの事業の説明を受けました。
 令和元年10月28日②
(1)使用料と手数料の見直しについて
これは12月議会に条例改正として議案の提出がされます。
<背 景>
・行政改革指針の重点課題である経営改革の推進のため、受益者負担を適正化する~という理由です。これによって歳入が1,500万円増える。「え?」実質値上げ!行政側はどのように身を切る改革をしているのか説明していただきたい!
<使用料見直しの考え方>
・原価として、施設ごとに人件費と維持管理費、減価償却費を積み上げ、施設1㎡・1時間当たりの使用基準を算出する。
・受益者負担の考え方
0%=公園、図書館
50%=公民館・会議室、福祉施設
100%=文化・体育施設
 ※使用料が据え置かれる施設・・交流プラザ、公民館等

<手数料の見直し>
・住民票1枚発行にかかる手数料の算出イメージで説明がありました。
疑問に思ったのは、人件費:職員平均人件費が年間800万円となって計算されていました。物件費としてのシステムリース・保守料は500円、同じく偽造防止用紙1枚2円。現在200円の手数料を300円にするという説明です。人件費まで手数料に入れることは疑問です。市税を納めている市民から2重に料金を頂くことになるのではないかと。この質問に対して総務部長は「確かにご指摘の通り・・」と言われましたが、果たしてどこまで提示した案を見直して条例が提出されてくるのか・・。

(2)リニモテラス運営協議会から建物の間取りの説明
・副会長(文化の家市民館長)さんから説明があり、質疑を行いました。担当課の職員が2名同席していましたが、副会長さんがお一人で質疑に対応しました。質疑というより一方的な話で、運営協議会が頑張ってきた!という主張が大半を占め、ブログでは書けない内容です。
※会議終了後は個人的に心身に大きなダメージをうけました。

中島教育福祉委員会副委員長と話し合いをしました。委員8人中、子育て中の議員が2人いますが6名は子育てが終わっています。そこで保育園や小中学校でどのような取組が行われているのか、情報が共有できるといいねということになり、子ども部長さんと教育部長さんをたずね、毎月保護者へ配布する資料と校長会に配布した資料を各委員に配布して頂くようにお願いしました。お2人の部長さんに快くご理解頂きました。

 今期から、常任委員会の任期が2年になったので委員が同じ情報を得ることで委員会で子育てや教育についての共通理解が深まればと思い、話し合った一つです。お2人の部長さん宜しくい願い致します。ありがとうございました。v( ̄∇ ̄)v