思い立ったら吉日・・という感じで久しぶりの韓国の旅です。いつも利用している旅行会社が閉店したので今回はH.I.Sから往復の航空券を手配してもらい、ホテルはソウルの友達が明洞(ミョンドン)にロッテホテルがシティホテルをオープンしたということでそちらを予約しました。

久しぶりの中部国際空港です。行きは気流の関係で飛行機が揺れて機内食サービスが途中で打ち切られました。少し怖かったです。無事に仁川(インチョン)国際空港に着陸、わ~韓国にきたんだ!ところがわずか1時間30分のフライトなのに入国審査に1時間かかりました。審査を待つ人、人、人、実はこれだけではなくおまけがあったから時間がかかったと判明しました。審査官がパスポートを見ながらOKになると顔写真、次に両手の人差し指を指紋採取機器の上に置き撮影されました。手荷物を受け取りにターンテーブルへ着いたときには既に届いたスーツケースがまとめて置かれてありました。

ゲートの外には友人夫妻が真正面で待っていてくれました。4年ぶりでしたがすぐにわかりました。日本ではめったにしないハグが自然にできてしまうのも外国だからでしょうか。
空港②

空港①
ソウル市内の渋滞は以前よりも激しくなっていました。空港は仁川市にあるのでバス、電車でも1時間ほどかかりますが車ですともっと時間がかかります。久しぶりの訪問ということで少し市内をドライブしてくれました。
ソウル市内①
※韓国独立門。
ソウル市内③
※ソウル中心地のあたりです。
ソウル市内②
※ソウルの町中にはこのようなお寺がビルの谷間に沢山あります。

旅行にとってホテル選びは日頃の疲れを癒す大切な宿泊先でもあり、また交通や人と会うための利便性も考えて探します。部屋からのビュ―も。今年1月オープンのロッテシティホテル明洞は初めてです。日本人の宿泊客はお目にかかれず、中国人、アラブ系、ヨーロッパ人ばかりでした。コンビニが併設されていたのでビールがすぐに手に入り嬉しかったです。
ホテル①
※ホテルの前にはお辞儀をしている青銅色の像があるのですぐにわかります。
ホテルから
※25階の部屋からのソウル市内です。韓国は高層ビル(30階前後)が増えたと感じました。このビューはとても気に入りました。2005年にソウルの大学院へ留学した時に借りていた部屋も偶然25階でした。11年前二か月で留学を決意して、韓国領事館で留学ビザを取得し、部屋を探し、飛んできたソウル。友達ができるまでの孤独な日々を慰めてくれたのは高層ビルからの景色でした。
ジンネックスビル

1462423587065
※夕食後11年前留学中に住んでいたマンションへ友達が案内してくれました。懐かしい~!ジンネックスビル25階です。江南区のルネッサンスホテルの斜め前にあり、近所には銀行、マーケット、郵便局、空港行きのリムジンバス停、コンビニ、地下鉄駅も近くて生活には便利でした。しかし、道路は広く横断するのも一苦労、ビルも敷地が広いので余裕を持って外出しないといけません。これも今では楽しい思い出となりました。

さて、夕食は友達一家が普通に出かける焼肉のお店です。
夕食①
お肉を注文すると、周りにある数種類のキムチは必ず出されてお代わり自由です。お肉もお店の女性が焼いてくれ、食べやすいように切ってくれます。
夕食②
日本では、たべれない「ユッケ」です。恐る恐る食べましたが「マシッソヨ:美味しい~」。

さて、明日は二年前に国会議員を辞職して全羅南道の知事に就任した友人が「是非、お会いしましょう」と時間を作って下さいましたので地方への日帰り小旅行です。