昨日4月24日(日)は朝から行事が重なっていました。その一つが今年度の組長による初の「定例役員会」です。今年は町内会の組長の番がまわってきました。欠席できません。また午前中は体育協会主催の「スポーツの祭典」と重なりこちらを欠席しました。いつもグランドゴルフをするのが楽しみです。一度だけ上位に入ったことがありそれから参加するようになりました。午後はフォレスト合奏団の演奏会へ。終わると夕方です。急いで日進市のにぎわい交流館へ車を走らせました。う~む、久しぶり!この交流館は前日進市長の佐護彰市政の時に設置されたと聞いています。
にぎわい交流館②

にぎわい交流館③

にぎわい交流館①
※にぎわい交流館です。二階の会議室で実行委員会です。階段の矢印の案内がわかりやすくてナイス!と思わず口にだしてしまいました。

佐護氏が日進町会議員の時に私は長久手町会議員に同じ政党から送っていただきました。佐護氏の市長選出馬時には周辺自治体の仲間の議員や友人がこぞって応援して「当選!」を市民の力で勝ちとりました。この頃から尾張東部の自治体には女性議員も増えて地方議会が変化してきていることを感じはじめました。

しかし、あれから十年余・・・。5月20日に次のチラシの緊急集会を開催する社会がこようとは。
半田滋氏講演会
この日は当日の役割分担、チケットの売り上げ状況などを確認しました。
今年は参議院選挙があります。日程は確定ではありませんが6月22日公示、7月10日投票とマスコミで報道されはじめています。
 立法府である国会で「戦争ができる国」の道を開けさせてしまったのですから、選挙で元に戻すしか方法はありません。権力を持った側は力づくで何でもしかけてきます。私たち国民のしらない所で緩やかにやってきます。
まず、マスメディアから報道の自由を奪うでしょう。メディア規制3法が成立してしまい既にその時代に入ってきています。当日は350人の会場です。半田滋氏の話を聞いていただき、同じ考えの議員を一人でも多く国会へ送りたい、投票日までに私たちができる草の根の運動はどれくらいの風をふかせることができるかわかりません。しかし、だまっていても何も始まりません。白井えりこ日進市議の声掛けで私も参加していますが、長久手からも当日は一人でも多くの方に集会に参加していただきたいと思っています。
 
 マスコミの論評を聞いた人々から、現政権のこと、与党、野党について多くの意見をお聞きします。政治について評論することは面白いことかもしれませんが、政治=毎日の、これからの私たちの生活という視点をもって活動していきたいと思っています。当日はワンコイン=500円を持って是非ご参加いただけますよう宜しくお願いします。