2月20日(水) 昨日は小中学校へのエアコン設置が今夏に間に合うように、工事請負契約議案が本会議で上程され、直ちに委員会を開き審議→可決となりました。これを本日、本会議で採決し全員賛成で可決。いよいよ工事がはじまります。

議会最終日の3月22日までの間にすべての議案は各常任委員会で審査・採決をして閉会日に賛否をとります。所属していない委員会へ付託された議案に対しては、本日の本会議で質問できます。私は昨夜遅くまでかかり原稿を準備しました。議場の机の上には書類が広がってしまいました。↓
 31年2月20日
議案質疑ピックアップ
平成31年度一般会計予算「適応指導教室事業について」N-ハウス愛の予算
・N-ハウス愛には、現在小中学校へなんらかの理由で通えない子ども小学生11人、中学生21人の計32人が通っています。先生は4人です。ところがある保護者の方から指導員の先生が来年度ボランティア待遇になり不安である。元教員なのでしっかりと身分を保証してこれまでと同じように責任ある立場で勤務してほしいとお聞きしました。予算書を調べると「おかしいな~。ちゃんと4名分の報酬と賃金が昨年同様あります」。

・嘱託職員は65歳まで、公募してもいない場合は継続雇用。臨時職員は年齢上限はないが70歳位まで。担当部長と本人が話し合ってから雇用継続になる・・人事課より。

:臨時職員であった先生がボランティアにということだが一体部長とはどのような話し合いが行われて、人件費が予算計上されたのか。4名+ボランティア教師1名体制にするのか。
:ボランティアにという話のあった先生とは再度話をしていく。

◎私は昨年6月議会で「いじめによる不登校児童・生徒」について質問をしました。この時、不登校の子どもはN-ハウス愛へ通うように指導しているという答弁でした。N-ハウスは学校へ通うのと同じように出席扱いになり、欠席ではありません。だからといって安易にN-ハウスへ行くような指導は良くないのですがそれでも32人の子どもが通っています。指導員の先生の役割は大きく、安易にボランティアということは納得できませんでした。予算書に書かれた数字からその事業の内容がよく見えてきました。

第6次長久手市総合計画「基本構想」について。
・総合計画は全5章からなっています。その第3章に議会の議決を必要とする基本構想があり、これが今回議案となって上程されました。
 今まで議会から意見を聞いたり、パブリックコメントなど多くの市民の声をきいてきました。ところが、基本構想の説明時に分かりやすくイメージできるようにと「10年後の2028年の理想の姿を描いた物語」までもが議案となって一緒に上程されました。イラストは省かれていました。

・2028年。理想の姿を描いた物語は7つの基本目標に7通りの物語が書いてありました。例えば、2028年、3人の子どもたちと毎日楽しく暮らせている~。退職してから5年になる。たまたま自治会長になったけれど仕事をしていた時よりも働いているかもしれない。職場は地域だけれど~。
 3人の子どもと楽しく暮らせていない人は幸せになれない、退職後は自治会長になるとやりがいがある・・これ平均的な生活を描いているといいますが、平均的な生活ができない人は必ず市民の中にいます。この物語は一部の市民の物語であり、市民を分断してしまいます。

・未来の物語と言う理想の生活ができない人々も市民です。その人たちを無視し、置き去りにするような「物語」は第3章から4章へ移し、議決事項から外すべきと質問しました。
 なぜなら、議員は全ての市民の代弁者であり一部の市民を代弁するような議案を議決することは到底できないからです。

・再考をお願いしましたが、物語は読んだ人がイメージしやすいように必要であると、いつもの答弁でした。
・疑問に思ったことは、「総合計画審議会」でこの物語の説明はしたが、審議会では決定していないという答弁でした。審議会は市長から諮問され答申するというものですが、審議会=議会とは違いますので確認のため質問しました。

市長は約40年前に「愛知たいようの杜」という特別養護老人ホームをつくり、幼稚園、保育園、福祉学院等々の総称「ごじから村=日の出と共に起きて、日没に仕事を終えて一日を終える」というご自分の理想郷を作ってきました。今年で市長8年目ですが、この理想郷を「愛知たいようの杜」の中で実施することは構いませんが、長久手市全体に押し付けようとしていると最近特に思います。

社会福祉法人の中では構いませんが、市民は一人一人考えも意見もちがいます。市長だからと言って自分の理想とするまちづくりを市民に押し付けることは長久手市から議会制民主主義を奪うことになります。
 今回の総合計画基本構想の「 ながくて未来の物語~2028年理想の姿」に、市長の「理想の村」を強く感じます。人事権、予算の編成権を持っているから職員は従うことしかできないのでしょうか。

同じように感じる仲間の議員が少し増えてはいますが、まだまだ少数です。川 ̄_ゝ ̄)ノ