6月29日、娘が母校の愛知県立大学でゲストスピーカーとしてお招き頂くこと3年目。私も、毎回付き添いを兼ねて最後に一言お話をさせて頂きます。呼んで下さる方は「外国語学部=政治・経済入門」担当の阿南東也教授です。
<娘と阿南教授>
 30年6月30日①
 阿南先生の授業の政治と関係するらしく毎年のテーマは「市議会議員の仕事」です。昨夜深夜に出来上がったパワーポイントの資料を昼間印刷し、講義時間が夕方16:10~17:40までの90分間のため孫たち4人のお迎えはパートナーが担当する。
 私にとっては1年に1回の娘と二人だけの懐かしい時間です。話題はこの日の講義のことですが、娘は母親として子どものことなど全てのことをやりきって迎える晴れの90分です。同じ地方議員として活動の分野も内容も違いますがこの日だけは「お母さん・・どう思う?」と言ってくれるので母親というより仕事の先輩として会話が成立する嬉しい時間です。
<学内の風景・・>
 BlogPaint

  30年6月30日⑦
1999年卒業の娘にとり大学がこの長久手市に移転して20年とか・・。講義室の音響設備が最新式に見えるので20年と言う歳月を感じません。
 30年6月30日③
阿南教授は毎回必ず「投票行動の形態」というお話をしながら、娘が4回中3回トップ当選した形態を、政党や争点ではなく好きな個人を選ぶ=選好投票であると話しながら紹介してくれます。
 30年6月30日⑤

 30年6月30日②
講義の後、学生から質疑を受けました。
①議員の仕事だけで生活できますか?
②現在は18歳ですが、被選挙権を持つ25歳までに準備することは何ですか?
③25歳になっても、国籍が違うので立候補できないがこの問題をどう思いますか?
 学生が真剣に娘の話を聞いてくださったんだと思い緊張がほぐれました。

受講者は全員が感想を先生が渡した用紙に書いて帰りました。後でわかったことですがゲストスピーカーの講義でも成績につながると学生は思っているらしいです。((@_@))
 30年6月30日④

 BlogPaint
この日の講義は広報担当者も傍聴していました。立派な「学報」を頂き開くと今春学長に就任した久冨木原(くぬぎはら)玲学長と愛知県副知事宮本悦子さんの対談がトップページにありました。「女性が活躍する社会と大学の役割」と題した特集です。学長とは以前面識があるので興味深く読みました。
 30年6月30日⑨

 30年6月30日⑧

 娘を通していただいた地元の大学とのご縁、1年に一度おじゃまして・・学生の真剣なまなざしに触れて日常生活では感じることの出来ない時間を頂きました。
 阿南先生ありがとうございました。v( ̄∇ ̄)v