午前10時からの議会運営委員会で6月議会の運営と課題を話し合いました。今年度初めての開催です。前年度と少し雰囲気が違うなあと思ったところ、委員8人中女性が5人・・なかなかいいな!と思いました。
 30年5月28日①
市長から付託予定議案の説明がありました。条例改正が9件、一般会計補正予算が1件、工事請負契約が3件、その他2件、人権擁護委員の選任についての諮問が2件の計17件です。
会期は6月14日(木)~7月6日(金)までの23日間と決めました。

 議会運営の課題についても引き続き協議していくことで合意しました。
 今年度は任期の最終年度です。課題となっていた予算決算審査を常任委員会化して議員全員で審査できるように改革を進めます。この為には議員定数が18名と少ないため、3つの常任委員会を2つに減らすことも決めました。
 これらを実行するためには、条例改正が必要です。遅くても12月議会で条例改正をして、3月議会から実施して改選を迎えようとスケジュールも合意しました。

 これらのことは「議会基本条例第22条=見直し手続き」に基づいた必要なことです。今年度も岡崎委員長のもとで良いスタートができました。

夕方4時30分からは「第6次総合計画の基本構想(案)」に対して、経営企画課に会派として5項目質問、意見書を提出しました。長久手のこれからの10年間の将来目標を決める大事な計画です。
 議会という議決機関としての仕事の他にも、執行部から提案される議決を必要とする計画にも積極的に意見を述べていこうと取り組んでいます。

 夕方6時過ぎに帰路につきましたが、役所を囲む水田も田植えが始まり緑が一層濃くなっていました。
 30年5月28日②
 .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○