2021年02月

    2021/2/4(木) 午前中は3月定例会開催に向けての議会運営委員会に出席しました。
     令和3年2月4日②
    会期を2/18~3/18までの29日間と決めました。
    ・令和3年度(4/1~3/31)までの当初予算を審議するのでボリューム一杯の議案の説明を受けました。

    ・予算関係が15、条例が12、その他2、同意案が1件で計30です。ところが、コロナのワクチン接種が年度をまたぐので補正予算の追加、専決処分の審議もあり開会日と最終日にも議案上程→審査→採決という日程になることがわかりました。
     このような日程は委員長泣かせです。1日で委員会・分科会を開催してすぐに委員の質疑報告書を作成して本会議で報告し採決という流れになるからです。予算を議決しないとワクチン事業の準備が出来なくなってしまいます。今回は予算書を製本してから国が決定した事業があるため、採決の順番もかわってきます。

    本日配布された資料
    1 令和3年度 市長施政方針
    2 令和3年度長久手市一般会計予算書(1冊:厚さ約3㎝)
    3 市長提出議案書 30件
    4 議案の説明資料
    ☆皆さん大きな手提げ袋を持参しています。私は午後の打合せ会で必要なノートPCも持参したので体が右側に傾いてしまうほどの荷物となりました。

    議案説明後は「グループウエア―システム試行説明会」です。講師は議会事務局で時々パソコン操作を教えていただく職員です。
     令和3年2月4日①
    ・執行部ではすでにグループウエアシステムが導入されているので、例えば課長に電話したときに不在の場合、このシステムから「○○時に○○会議から戻ります」と対応してくれます。
    ・議会でも今定例会期間中を試行期間として来年度から使用する予定です。

    各議員はそれぞれスマホ、PC,タブレットを持参しアプリをQRコードでダウンロードしました。
    使用できるツールはスマホとPCでは違っていたので、出来る人は分からない人の画面を見て教え合い、本当に楽しい研修会でした。議会関係の日程はスケジュールに入力済みであったので、個人のスケジュールをどれくらい入力して議員同士がコミュニケーションツールとして活用できるのか・・。

     高度情報社会がいよいよ来年度から長久手市議会にもやってきます。
    8年前に市議会に復帰しようとした時にスマホに替え、ブログも始めたお蔭で何とか追いついています。
     議会事務局の職員が親切に教えて下さるお蔭です。
    いつも本当にありがとうございます。v( ̄∇ ̄)v

     不要不急の外出を避ける・・最近は電話での相談や問い合わせに応じていますが、先日はどうしても対面してお話しする必要があり喫茶店を利用しました。
     ドアを開けると、一瞬別世界のように思いました。全ての席にアクリル板を設置!
    カウンター席
     令和3年2月3日①
    テーブル席
     令和3年2月3日②
    ・友達と真正面にならないように座ることができました。コーヒーを飲むときは安心してマスクを外すことができました。 
     立派なアクリル板です。市役所ではビニールクロスを下げたり、固定させるためにガムテープなどを使用している所もありますが、喫茶店ということからとても安定感のある美しいアクリル板です。

    緊急事態宣言が発令されている現在、アルコールを提供する飲食店などは夜の8時までの営業という「時短要請」に応じています。
     この喫茶店ならば、県から「安全・安心施設」というお墨付きをいただけるなと思いました。

     久しぶりに顔を見ながら話すことができましたが、長居はできません。いつもなら賑わう時間帯でしたがお客様も数組でしたから、きっと厳しい営業をされているんだなと。自粛生活は先が見えませんが頑張って下さいね。 
     コーヒー美味しかったです。ご馳走様でした。v( ̄∇ ̄)v

     時間を見つけては個人版の「議会報告」を歩いてポスティングしています。
     令和3年2月2日①
    今日は360枚ほど配布しましたが、何と3件のお宅で「宅配ボックス」を拝見しました。
     令和3年2月2日③

     令和3年2月2日②
    この宅配ボックスは新型コロナウイルス感染症対策の市民向け事業として昨年6月定例会で決まりました。「新型コロナウイルス対策として人の接触機会を減らすため宅配ボックス設置を補助する」事業で予算は1,000万円/500基でした。

     ネットでは同じものが5万円ほどでした。500件を超えたら抽選でしたが713件応募があり9/18日に当選発表がありました。私の友人も「当たったよ~」と聞きしました。集合住宅は置く場所が限られている為、戸建てにお住まいの方や、共働きの方の応募が多いのではと思っていました。

    長久手市に本社のある日東工業(株)様の協力で可能になりました。
     最終的に1基2万円のボックスが、7,000円(税込・配送費込)の市民負担となりました。

     議会でコロナ関連予算を数多く審議してきましたが、各種事業者向けの支援策が多い中、長久手市としては初の市民向け事業でした。議会報告のポスティング最中に実際に役立っている宅配ボックスを拝見して議会と市民生活を少し身近に感じました。v( ̄∇ ̄)v

     2月に入ると確定申告が気になります。
    確定申告で変わったことがあります。
    (1)会場変更:市役所から会場がイオンがオープンしてからイオン4階のホールに変更されました。
    (2)期間短縮:今まで1か月(基本:2/16~3/15)でしたが、2月末までと半月に短縮。

    昨年3月定例会でこのことについて市民の方から大変不便になったという意見があったので、一般質問の準備を念入りに行いましたが、新型コロナウイルス感染症拡大のため質問が中止となったため資料を活かすことができません。

    ・市役所ですと会場費は必要ありませんが、25万円ほどイオンへホール使用料を支払います。
    ・期間が半減されましたが、他の自治体は自前で税理士会に依頼して税理士を派遣していただき1か月間開催しています。

    2月末で長久手会場を閉めるので、3月からは昭和税務署がおこなう「電気文化会館」へ市民は出向くことになります。昨年、私は日進市・東郷町に出向き広報2月号のページや会場を見てきました。2市町ともに役所内です。不足書類があったときにはすぐに市民課で取得が可能です。

    今年も広報2月号を興味を持って開いてみました。全20ページですがP12.13です。ワン、ツーページは市長の「市民主体のまちづくり」の宣伝です。「みんこら モールde ウオーキング」「わたしのまちづくり」!誰のための広報かと思いました。

    コロナ禍という事情はあっても、自営業の方々にとっては所得税市県民税国保税介護保険料につながる基になる大切な申告です。全ての事業は税が基にあります。
     しかし、昨年「電気文化会館」とだけ書いてあったので、住所や地下鉄でのアクセスを書くべきと担当課長に伝えたところ、今年は改善されていました。(Good!)↓
    【今年の広報】
     令和3年2月1日②
    【昨年の広報】↓
     令和3年2月1日①
    ・昨年の長久手会場はお昼休みとして1時間休憩でしたが、今年は通しで相談を実施できるようです。

     小さなことのようですが、確定申告をする市民にとっては重要なことです。対象者が多いからとか少ないからとかいうことで、行政のサービスを減らすことは良くないと思います。
     多分インターネットが普及をして将来的には国民全てがパソコンで申告できるようになるかもしれない時代が到来するかもしれません。ちょうど移行の時代・・どちらの市民に重きを置くのか、私はインターネットにアクセスできない市民目線で実施していただきたいと思っています。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ