2021年02月

    2021/2/12(金) 私となかじま議員は教育福祉委員会の正副委員長です。3月定例会が始まると2月25~26日は委員会と分科会に付託された議案の審査を行います。 
    ・市長から上程された議案を見ただけでは内容が不十分なので審査の参考になる資料を担当課に請求できます。また資料は市議会HPにもアップされます。

    資料請求の締切が来週2月16日なので今日は2人で、審査する議案に目を通して必要と思われる資料を考えました。3月定例会は教育福祉委員会に付託される議案は9件、予算決算が9件です。
     午後から取り掛かり閉庁時間までにはピックアップできたのですが担当課長に伝えるところまでは出来ず、来週月曜日に持ちこしました。

    今回4つの高齢者福祉関係の条例改正を審査しますが、その内容に
    ①利用者の人権擁護等のための必要な措置
    ②認知症介護に係る基礎的な研修を受講させ、ハラスメント防止に関する措置
    ③虐待防止の規定等々・・・がありました。

    ・私はこの改正内容を読み、19年前に秋田県鷹巣町(現北秋田市)で、当時の町長であった「岩川徹氏」が鷹巣町高齢者安心条例を全国に先駆けてつくったことを思い出しました。
    【鷹巣町高齢者安心条例】
     第1条 この条例は、介護の必要な高齢者等に対して提供される介護サービスの質の向上を図ることを目的とする。介護保険制度のもと、保険者たる鷹巣町は、高齢者の尊厳を守ることを最大の価値と考える。その証として、人権擁護の防波堤をここに築き、地方自治体に課せられた高齢者福祉行政の責務を全うするための礎石とする。


     ところが18条からなるこの安心条例は、平成14年4月1日に施行されましたが平成17年9月、町村合併後の北秋田市議会で廃止案が可決されました。
    ・トップの交代により、高齢者福祉の充実を掲げた若い町長による住民参加の福祉のまちは、14年間で終わりました。

    ・19年後の今定例会で少なからずも鷹巣町安心条例の趣旨が国の省令の一部改正により全国の自治体にゆきわたることに対して、本当に感慨深い思いです。
     令和3年2月14日
    まさしく高齢者福祉行政は国の仕事ではなく基礎自治体である市町村の責任で行う事務=仕事です。介護保険制度について、若いまち長久手市ではありますが改めて市議会としてもしっかりとチェックしていかなければと思いました。v( ̄∇ ̄)v

    2021/2/10 岩波書店の封筒が届きました。何だろうと思いながら封を開けると、弁護士でもあり明治大学名誉教授でもある「菊田幸一先生」の著書でした。菊田先生とは死刑廃止運動の中で知り合い、現在も運動の大先輩です。
    新版 「死刑廃止を考える 」岩波ブックレット
    ~死刑廃止・停止は国際的潮流なのに依然として死刑制度を存置し続ける日本~死刑は必要ですか?
     令和3年2月10日
    ・年末にも大先輩から著書の謹呈があり、菊田先生も87歳です。30年間私たちは死刑廃止のための活動をしてもなお、日本は死刑制度の存置国です。

    ・国会では亀井静香衆院議員を会長に、死刑廃止議員連盟があり私は韓国担当幹事を務めました。
    ・2003年には「重無期刑の創設及び死刑制度調査会の設置に関する法律案要綱」を公表し与野党の賛成で法律案提出までいける寸前に衆院解散となり提出はできませんでした。

    このような議員活動を支えて下さったお一人が菊田先生であり、死刑廃止を求めるフォーラム90という市民団体です。毎年10月10日は「地球が決めた 世界死刑廃止デー」であり全国各地の市民グループが様々な集会・講演会を企画開催し続けています。

    コロナ禍のため、名古屋ではインターネットによるメーリングリストで情報交換する活動を余儀なくされています。
    ・菊田先生は独自に「死刑をなくそう市民会議」を創立し呼びかけ人に海外の知人も加わっています。
    87歳を迎えた菊田先生の強い熱意を改めて感じます。

    「岩波ブックレット」刊行のことばに、死刑廃止を願う思いが重なっている・・
    ~今日、われわれをとりまく状況は急激な変化を重ね、しかも時代の潮流は決して良い方向にむかおうとはしていません。今世紀を生き抜いてきた中・高年の人々にとって、次の時代をになう若い人々にとって、また、これから生まれてくる子どもたちにとって、現代社会の基本的問題は、日常の生活と深くかかわり、同時に、人類が生存する地球社会そのものの命運を決定しかねない要因をはらんでいます~

    ~中略~ 現在、われわれは多種多様な情報を享受しています。しかし、それにもかかわらず、文明の危機的様相は深まり、「活字」が歴史的に果たしてきた本来の機能もまた衰弱しています。出版を業とする立場に立って、今日の課題に対処し、「活字」が持つ力の原点にたちかえって、このブックレットを刊行します。

     定価520円のブックレットに、菊田先生の「死刑制度廃止」に向けた説得力ある論点が書かれており、その内容は私たち活動する仲間も共有している内容です。

    2021年1月20日のアメリカ大統領就任式直前にトランプ大統領は立て続けに死刑執行を行いましたが、バイデン次期大統領は就任にあたり「私は死刑執行はしない」ことを表明しました。

     色々と考えることの多い、ブックレットをいただきました。
    菊田先生、ありがとうございました。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

    2021/2/9(火) 毎年8月に翌年度への予算要望を行います。昨日予算に反映された事業の回答がありました。全てが市民からの要望でしたから、件数は少ないですが嬉しいです。
     一般質問で取り上げながら2~3年越で事業化にたどり着いたものもあります。

    下山交差点の拡幅  用地購入費:690万円/補償費:730万円
    ・長谷工が建設した大規模マンション約1,000戸により地下鉄藤が丘駅に向かう人々が一気に増加しました。尾張旭市や守山区の市民もこの通りを通過します。 
     マンション前までは長谷工さんが歩道を設置できましたがその先は旧の状態です。以前からの課題ですが昨年度あたりから用地交渉が急に進んだようです。
    ★下山交差点付近↓
     令和3年2月9日⑤
     令和3年2月9日④
    ・ここまで歩道を拡幅するにも数年かかりました。↓
     令和3年2月9日③
    岩作(やざこ)の狭あい道路拡幅工事 2,400万円
    ・令和2年度、第1期(全3期)工事が行われています。令和3年度も第2期工事の予算がつきました。
     工事に着手出来るようになるまでは、拡幅のための測量、用地買収交渉、移転補償、敷地境界確定等々、土木課の職員と地元の方々の協力があって工事にこぎつけることができました。

    ・幅員2mの道路は救急車やごみ清掃車が通れず、火災が発生した場合などは消化活動が出来ず命に関わる問題が長い間続いていました。4mに拡幅できることは市民生活が各段に向上しますね。
    狭あい道路です↓(写真手前が幅4m、奥は2m:軽四輪でやっと通れます)
     
    令和3年2月9日⑦
     令和3年2月9日⑧
     令和3年2月9日⑥
    ・来年度は第2期工事に着手しながら第3期工事に向けての用地買収を行います土木課のみなさん頑張ってくださいね。

    昨年夏に予算要望した回答です。一歩一歩ですね。
     令和3年2月9日①
     令和3年2月9日②
    長久手市も少しずつではありますが、議員の資料照会に対して情報を提供したり、要望に対しては回答を提出するなど市民に開かれてきているように思う面もあります。こういう制度を利用するかしないかは議員個々人の判断です。

     年度末に向かうこの時期は、一年間の活動の成果が具体的に予算となって示されるので自分自身の評価がもろに明らかになります。
     予算が伴うものだけご紹介しましたが「私やります 形にします」といって、市議会に復帰した7年前を思い出しました。v( ̄∇ ̄)v

    2021/2/8  一般質問の通告受付が開始されました。
     3月定例会は会派代表者質問ができますが、私は無会派7人の代表なので行うことはできません。そのため個人質問ということで60分質問を致します。

    今回は、下記の3項目を通告いたしました。

    市政サロンについて

     「市政サロン」は市役所西庁舎1階にあり、市長と市民が気軽に面談できる場である。市長の選挙公約で設置され8年が経過した。市長は原則月曜日から金曜日の午後の時間帯執務がない場合、可能な限り市政サロンに在室するということになっている。

     開設当初、木材で改修され木製のテーブルと椅子が置かれた西庁舎の1階のサロンを訪れた多くの市民はトップの交代を実感した。面談者は数年前から激減し令和元年度からはいない。

     市政サロン設置で期待したことは何か、役割は十分効果があったのか、また今後も開設し続けるのか伺う。

     

    職員から新型コロナウイルス感染者が発生した時の行政サービス維持継続について

     ⑴ 部局ごとのマニュアルはどのようになっているか。

    ⑵ ごみ収集部門で感染者が発生した時の収集体制はどのようになっているか。

    高齢者福祉行政における個人情報の開示について

     市内の高齢者の生活実態を把握することにより、緊急時の親族連絡先把握、福祉サービスの利用調整等を行うことを目的にした「高齢者実態把握調査」を市は行っている。対象者は満65歳以上の一人暮らし、満75歳以上の高齢者のみの世帯である。

     調査票には個人の日常生活における全ての個人情報の記載が必要なため、個人情報利用に対する同意書の提出も求めている。

     個人情報を利用する実施機関として市役所関係団体のほかに、任意団体である自主防災組織、まちづくり協議会・自治会連合会・区・区会がある。漏えい防止措置を講じることを条件として情報提供を認めると書いてあるが具体的な措置は書かれていない。このため、「回答しない」高齢者もいる。

    ⑴ 市長は、常々行政任せではなく地域のことは地域で 解決できるような仕組みづくりが必要と語っているが、個人情報を地域の任意団体にまで拡大することに理解を示せる地域社会になっていない現状では問題と思う。見直しを検討すべきと考えるがいかがか。

    ⑵ 地域で任意に活動している団体は、高齢者の個人情 報が活動の中で必要な理由をどのように申し出ているか。また漏えいに対しての意識は大丈夫か。

    ⑶ 任意団体が利用する個人情報はこの事業だけか。 


    2月16日(火)の議会運営委員会で質問日が決まります。
    ・代表質問が先なので、3月8日(月)の第1番目に登壇する予定です。午前9時30分からです。
    ・今回も議長を除く17人中16人が質問しますが「ワクチン接種」の質問が多く重なっているような気がします。それだけ市民の関心が高いということですね。
     31年1月21日②
     通告前までは、資料請求して内容や実態の確認などを行うなど毎日頭を抱えていました。提出したので明日からは、議案に目を通して2月19日の議案質疑の準備にとりかかります。
     v( ̄∇ ̄)v

    2021/2/5(金)毎週金曜日の夕方に音楽を流しながら町内を車がゆっくり走っています。焼き芋屋さんだったら「焼き芋~焼き芋~甘くて美味しいよ~」と流れる。ちょうど我がマンション前で停まったので一体何屋さんだろうと外に出てみると「灯油の巡回販売」でした。

    1月末から寒さが続き、毎週GSに容器を持って買いに出かけていたのでとてもラッキーな出会いです。若いお兄さんが一人で運転し、町内を回っています。私のマンションはエレベーターがないのですが4階の人でも、容器を1階に置いておくと4階まで運んでくださるそうです。
     3時過ぎに容器を置いておき、5時頃に来てくれます。大切な事はマンションなので容器の蓋に「106」と号室を書いて下さいねと言われました。
     令和3年2月5日②
    ついでに近所を見渡すと、戸建ての知人宅前にも容器が置いてありました。
     令和3年2月5日①
    この町内は既に開発されてから35年ほど経ちます。若かった住民も高齢になりました。買い物はスーパーが徒歩5分ほどのでありますが重たい灯油はとても助かります。
     行政ではできないサービスを利用しながら、若いまち長久手市の将来を考えるきっかけになります。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

    このページのトップヘ