2021年01月

      昨年(2020年12月)定例会の議会報告原稿が出来上がりました。
    N-バスの65歳以上値上げを巡って東奔西走した議会という、これまでにない心労のあった議会でした。
    年が明けて1月12日の「地域公共交通会議」で、N-バス運賃値上げに対する市議会提出の要望書がどのように反映されるのか、結果を待っていたため発行が遅くなりました。
     表(おもて)面のほとんどを割いて「N-バス運賃値上げ」が「延期」になるまでの思いを書きました。
    印刷会社に原稿を入稿してから約1週間後の1月最後の週から、皆さまのお手元にお届けできると思います。ところが長久手市内は、新聞折り込みは1社のみでほとんどが個別に配布させていただくことになります。市内、全戸に配布することは個人では不可能です。
     一人でも多くの方に、このブログでご覧いただければ嬉しく思います。
     どうぞ、宜しくお願い致します。.。o○.。o○.。o○.。o○
    (大島令子議会報告 2021新春号・表面)
     2021新春号おもて
    2021新春号(裏面)
     2021初春号裏
     ○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○

     真夜中でも必ず見るTVは、国政選挙の開票と大統領就任式です。今日はアメリカ大統領就任式を朝から楽しみにしていました。ワシントンと日本の時差は日本が14時間早いので1月20日の午後11時30分を目標に仕事を切り上げました。

    昨年11月3日の投票日から始まったトランプ大統領の「票が盗まれた」という一連の動きの中でこの日を迎えました。脱トランプアメリカ大統領就任式にくぎ付けとなった、深夜をまたいだ1時間。

    【バイデン大統領就任演説が始まりました】
     令和3年1月21日①
     令和3年1月21日
    歴代大統領(2003年、韓国のノ・ムヒョン大統領就任式に私も招待され参加した時も歴代大統領が演壇の後ろに参席している光景は同じでした)
     令和3年1月21日⑥
    トランプ氏は欠席でしたが、副大統領は出席です。
     
    令和3年1月21日④
     令和3年1月21日③
     令和3年1月21日⑤
    「深い分断はあるが、国民を結束させアメリカを一つにする」
     令和3年1月21日⑦
     
     令和3年1月21日⑧
    議会議事堂前(1月6日、トランプ大統領支持者が襲撃)
     令和3年1月21日⑨
    州兵2万5千人に守られ、参列者ゼロの代わりに国旗と州旗がなびく広場
     
    令和3年1月21日㉑
     令和3年1月21日⑲
    パンデミック、人種差別、経済危機、気候変動などに直面しているが戦う!
     令和3年1月21日⑩
    同盟関係を修復し再び世界に関与していく!
     令和3年1月21日⑪
     令和3年1月21日⑫
    女性初の副大統領、すばらしい!
     
    令和3年1月21日⑬
     令和3年1月21日⑱
     
     令和3年1月21日⑯
     令和3年1月21日⑰
     令和3年1月21日⑳
    私を支持していない人のためにも働く!変革ではなく以前のアメリカに戻す!
     令和3年1月21日⑭

    約1時間の中継でしたが、無事に終わりました。
     私が最も心に響いた言葉は「意見の相違はあるが、違いに対しては平和的に話し合い解決していく」という演説でした。

     地方議会にも意見の違いはあります。違いはそのままにして置かないで「話し合いをする」、民主主義社会としての当たり前の言葉が、妙に新鮮に感じられました。v( ̄∇ ̄)v
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     孫の1人は尾張旭市の小学4年生です。先日9小学校の各クラスから2人の作品が選ばれ、その作品展があることを教えてもらいました。
    場所は尾張旭市のスカイワードあさひです。娘の時は仕事に忙しくて最低限の親の務めしかできませんでしたが、小学4年生の孫は2回ほど選ばれたというので足を運びました。どんな作品なのかワクワクしました。
    これです↓「ふくろうちょきん箱」!
     令和3年1月20日①
    ・可愛い顔のフクロウ~ 羽根の温かさに毛糸を使っているんだ~ お正月にあげたお小遣いはこの貯金箱に行くのかな~ 色々なことを想像してしまいました。

    まだ若い私ですが、娘の子どもなので孫なんですが、今頃の小学生の図工作品はどのようなものか、全て見ました。
     令和3年1月20日②
     令和3年1月20日④
     令和3年1月20日⑥
     令和3年1月20日⑤
     令和3年1月20日⑦
    ・これに似た工作は娘宅で見た記憶があります。なるほど、孫が2年生の時に作ったんだ!
     令和3年1月20日⑧
    ・身近にある物を利用しているね~
     令和3年1月20日⑩
    ・お弁当です。
     令和3年1月20日⑬
     令和3年1月20日⑭
     令和3年1月20日⑫
     令和3年1月20日③
    スカイワードあさひ 展望台が9階にあり、レストランも営業していました。歴史のある自治体だなって、ついつい職業的な視点でみてしまいます。
     令和3年1月20日⑨
    ・この孫は4月から5年生。赤ちゃんのときから見ていますがいつの間にか大きくなっています。工作が大好きです。私の家に来るとお絵かきばかりしていました。ラッピングのリボンやシールなど、私がゴミ箱に入れようとするものを「それ、ちょうだい!」と言っていつも持ち帰っていました。
     沢山の作品の中に混ざって展示されていた「ふくろうちょきん箱」
    孫の成長がこんなに嬉しいことだったなんて、感激しました。v( ̄∇ ̄)v  

     昨年12月定例会に提案された「土地・家屋台帳の閲覧廃止条例」に1人反対しました。可決された結果、税務課窓口にこのような案内がありました。
     令和3年1月18日①
    市役所税務課で土地・家屋台帳は長年閲覧できました。しかし来年度(R3/4/1~)から名東法務局に出向き、市役所では200円であったものが法務局では600円となります。

    本会議質疑でわかったこと
    閲覧は法律に基づくものではなく市町村独自のサービス事業であり長い歴史があります。
    ②過去3年間で毎年390件~250件ほどの閲覧実績があります。
    【私の閲覧廃止、反対理由】
    地下鉄藤ヶ丘駅に隣接する地域は土地区画整理事業により市街化されましたが、東部地域には緑豊かな丘陵がのこっています。ところが瀬戸市に隣接している地域ではこの緑豊かな山林に鉱物資源があるとわかると土を採り、その後に産廃を埋めるという事件が起きました。 
     現在も、山林に眠る鉱物資源を巡り「鉱業権の設定」の動きがあります。山林の所有者は誰かわからないので「公図」から地番を調べて土地台帳から所有者を探し、安易に土採り(どとり)を許可しないでほしいとお願いします。
     行政は民間が行う開発に条例を設けていますが、条例をクリアーすれば山林の緑が茶色の山肌となってしまいます。数年前にも大草地域で土採りの案件がありましたが行政は民間対民間の問題には介入しません。
     土地台帳の早い閲覧は大きな開発業者と交渉する市民にとってはとても重要なことです。
     30年4月20日⑭
     30年4月20日②
     30年4月20日⑱
     30年4月20日⑲
    未だ県内53自治体の内46自治体がこの住民サービスを残しています。私の反対の理由は東部丘陵の開発を未然に防ぐことに繋がるという一点の反対理由ですが、閲覧だけでは不動産の財産権の侵害にはなりません。

    日進市で2001年に起こった「鉱業権設定」に反対する運動でもこの制度は役に立ち、10年かかりましたが開発業者はあきらめました。私はこの実体験を多くの方達と体を張って行いました。

    「緑を残す=守る」ということが市の各種計画に書かれていますが、これは絵に描いた餅になってしまいます。市が述べていることは「理想」であり、市民の経済活動を妨げることは出来ません。 
     ですから、このような小さなこと、市民サービスを残すことが理想を現実に代えることにつながると思っています。

     議員一人は「無力」です。議会の会期は約1っか月で、この間に多くの賛同者を募るには時間がありません。ましてや閲覧廃止と緑を残すことは、初めて聞く人には飛躍しすぎている内容です。
     市がこの条例を提出した理由は「個人情報保護」という理由からです。
     残念です。v( ̄∇ ̄)v

     市内の老舗の自動車整備会社さんで長年車の車検をしていただいています。普通車と軽四を所有していますが2年に1度の「車検」以外は自分で行うことは「ガソリン入れること」と「洗車」です。

    今月は軽四の車検をお願いしておじゃますると、「エンジンオイルが空だったよ~」と言われました。オイルが無くなるとエンジンが壊れて走らなくなると聞きました。車検のお蔭でセーフ。
     そこで、もう一台の車をみると、何とオイル交換の目安を3,000㎞も過ぎていました。その場で交換をしていただきました。作業の様子を初めて見学。
     令和3年1月16日①
    ・作業の為に地下のピットに入り車体の下からオイルを抜きました。
     令和3年1月16日②
    ・ピットは階段を降りていき、人の背丈ほどの深さです。恐いなあ~。
     令和3年1月16日④
    ・このドラム缶の中からオイルを出して入れてくれました。
     令和3年1月16日③
    5.5ℓ交換して無事終了し、このシールを貼っていただきました。
     令和3年1月16日⑤
     この車、もう10年も一緒です。自動車屋さんにお任せすればいいんだ~とばかり思っていましたがこれからは時々、走行距離とこのシールの数字を見なくては!
     車がなくては生活ができない町です。今頃知るなんて、「専門外は何でもお任せはダメ」と学んだ良い出来事でした。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ