2020年12月

    (2020/12/31木曜日) 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらないまま明日からは新しい年が始まる。
    戦争は人間が始めるが、止めることも自分たちが立ちあがれば出来るかもしれない。
     しかし、コロナウイルスは目に見えない。どこにいるのかもわからない。
    連日政府の「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の尾身会長の会見を聞き日本のコロナ対策を信じて従ってきた。

    一方で、国で補正予算が成立すると、地方議会は臨時議会を開催し、基礎自治体としての役割を果たしてきた1年であった。コロナ対策予算の財源が「国」や「県」「長久手市」などどこであっても全て、速やかに市議会で予算を可決することにより市民に対策協力金の送付や給付、市単独事業が実施出来る仕組みになっている。
     地方自治体は基礎自治体としてその町に住んでいる人々の住民基本台帳を持っているので、ここが素早く動くことによりコロナ禍で苦しむ市民を少しでも救うことが可能となる。

    コロナの拡大により、全ての行事が中止となった年末年始。それでも私たちは来年に備えて、また市民の相談役としてスタンバイ出来るようにする。臨時議会開催!となればいつでも議場へ!
     このような使命感を持ちながら大晦日を迎えた。

    昨日、1年ぶりにマンション入り口の鉢植えをお正月用にした。暗闇から抜け出したような玄関になって嬉しい。花植えセンスが全くない私。娘にも一鉢届けた。
     令和2年12月31日①
    今日から雪が降るという。12月中旬には雪が積もった朝も経験。
     令和2年12月31日③
    晴れた冬空には、色々な形の雲がすぐに大空をわたる。
     令和2年12月31日②
    大空を見上げるのは大好き!
     令和2年12月30日③
    おせち料理は午後友人が配達してくれた。今までネットで秋に予約し、冷凍で届き冷蔵庫の中で解凍したものだった。娘宅に持参して明日元旦に娘家族と一緒に新年を迎え頂く予定だ。

    明日から2021年、令和3年が始まる。今日は10時半頃に就寝できそう。
     
     12月中旬は、胃痛が数日止まらないというアクシデントみ見舞われブログにほとんど手が回らなかった。個人版の議会報告もまだ半分しか原稿が書けない。1週間体調が悪くなると、2週間分の仕事を回復後こなさなければならない。
     このブログも・・・やっと12月31日になった。

     2021年、皆さまにとって良い年でありますように。
     今年もありがとうございました。.o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ 

    (2020/12/30水曜日)
    明日は大晦日、今日は朝から昨日までに頂いた食材を料理しました。
    この広島産の地御前カキは味があり、また火を通しても小さくなりません。毎年カキフライにして娘宅に届けます。
     令和2年12月30日②
     令和2年12月30日①
    次は玄関先に留守中に置いて下さっていた大根です。葉は茹でてから油揚げを小さく切り一緒に甘辛く炒めてご飯のお供に。
     令和2年12月30日④
    順調に家で雑用をしていると何人もの友人から「年末年始に熱が出たらどうしたらいいの」という問い合わせがありました。実は私もそのことが気になり自分で12/30~1/3まで医師のいる医療機関を調べてスマホに電話番号を登録済でした。

     偶然にも「広報ながくて」のP19にも、中日新聞(名古屋東版)にも同じ情報が掲載されていたのでメモを取るように伝えると、皆さん安心した様子でした。
    広報長久手1月号・P19
     令和2年12月30日⑤
    医療機関が休みとなる年末年始に熱が出たら大変です。御用納めの日に調べたところ保健所や市役所は休みで宿直の方が電話対応します。皆さん、医師のいる所を知りたい・・。

    長久手市は東名古屋医師会の休日急病診療所に日中医師がいます。夜つらくても朝になったら電話してね!と友人に告げると彼女は安心したようでした。広報を見るわと言ってくれた方が一人いました。

     私は仕事がら、広報は毎月全ページに目を通しますが今回のことで果たしてどの位の方が読んでいるんだろうか。沢山あるページから自分の必要な情報が毎月何ページあたりに載っていると分かる人は少ないのかな?

     スマホを持っていても情報の取り出し方が分からない人、ネット環境がない人、様々な方がいます。とりわけ私の年代の人はガラケーの友人が多いので、行政情報は広報を頼りにするようにと、この機会に話しました。100%ではないけれど・・。
     皆さん、発熱が心配な方ばかりでした。v( ̄∇ ̄)v

    (2020/12/25金曜日) 長久手市文化財事業のメインである古民家活用事業が7年後の今日も紆余曲折しており、古戦場公園移築なのか、現地保存なのか決まらなかった。そして古戦場公園整備事業は令和5年度以降(年度未定)まで延期となった。

     この間、寄附採納を受けた市内にある古民家は損傷が激しく約1千万円近く投じて修繕をおこない、国登録文化財の申請も断念し、柱3本、梁13本の部材が古戦場公園内に新たに歴史民俗施設を建築して活用というところまできた。

     そこへ、昨年9月監査委員から「一旦白紙を」という意見書が提出されて現在はどのように見直していくのか方針を検討中である。(大島の一般質問で令和2年度の歴史民俗体験施設の設計費予算は執行しない。また令和3年度当初予算にも具体的なものは計上しないことがわかった)

    12月25日は野村議員、冨田議員と3人で「古民家」の内部を視察した。古民家は既に市に寄附をされているので市の担当部の職員が立会を行い担当課長からの説明を受けた。
    ・文化の家から徒歩10分ほどの所にある「古民家正面」
     令和2年12月25日⑰
    ・外観は何度も説明を聞いて見ているが、屋内に入るためには「ヘルメット着用」と言われ、建物がいかに危険水域に入っているか物語っていた。

    ・写真で見た「鳥居建て」を象徴する柱と梁を初めて見た。確かに神社の鳥居に似ている。この鳥居の柱と梁だけが活用されるのか~。↓ 
     令和2年12月25日⑤
    現在は鋼板張り屋根であるが、昔は萱葺き屋根であったとわかる天井。
     令和2年12月25日⑫
    室内は、10年ほど前まで住んでいたという説明であったがあまりにも古すぎる作りの台所や部屋の感じがした。
     令和2年12月25日⑩

     令和2年12月25日⑪

     令和2年12月25日⑮

     令和2年12月25日⑧

     令和2年12月25日⑨
    この辺りは雨漏りや破損がひどく修繕の跡がくっきりとわかる。
     令和2年12月25日⑥
    これは天井であるが、ブルーシートで補修しているような印象!
      真新しい木材が充てられ補修されている。
     令和2年12月25日④
    補修時に剥がれた土壁は袋に詰めて、再使用すると説明。
     令和2年12月25日⑭

    9月議会で一般質問するために資料照会した「調査資料」に書かれてある通りの古民家であった。
    移築も、現地保存も、国登録有形文化財も難しそうだな~と実感した。
     それにしても、互葺屋根の破損・欠損、基礎・軸組みの破損・劣化、耐震補強の必要性など、なぜ寄附を受けたのだろう。私の調査では市内に鳥居建て古民家は2件存在し、1件はまだ人が住んでいるのでこちらの古民家を市の方から頂きたいとお願いした。

     改めて古民家をなぜ市が保有したかったのか、今では文化財事業という名前に代わっている。一般家屋も50年過ぎると古民家と呼ばれる・・等々多くの説明を聞いてきたが、事業の目的や効果、予算、今後の維持費等々プランの甘さを感じた。

    多くの市民の知らない所で1千万円以上の税金が、この古民家に既に投入されてきた。
    市は、今後どのように説得力をもって市民や議会に「寄附された古民家」事業を説明するのだろうか。
     コロナ禍の現状で、経常経費も来年度はだいぶ切り詰めないと予算が組めないと説明があった。税金は市民のものである。無駄遣いは許されないと思った。川 ̄_ゝ ̄)ノ

    (2020/12/25金曜日)  今年度第1回の長久手市都市計画審議が開催されました。
    議題は1つで「名古屋都市計画生産緑地地区の変更」(市決定)
     令和2年12月25日①
    【審議会の委員構成】
    ・学識経験者4人 ・議会議員4人 ・公募市民2人
    会長は学識経験者から選ばれることが慣例になっています。今回は公募市民が新たに新任され自己紹介から始まりました。公募のお二人はご自分の意思で応募され意見を持って議案の審議に臨んでいました。
     令和2年12月25日③
     令和2年12月25日②
    私も事前に資料の確認をさせて頂きましたが、議題の生産緑地は長久手が「町」から「市」になるときに地域説明会でも大きく取り上げられ問題点が指摘されました。
     
    ・生産緑地とは:市街化区域内にある農地等の農業生産活動に着目して、農業と調和した都市環境の保全を図ることが目的。
    ・生産緑地地区の指定要件
    ①現に農業をしており、公共施設等の用地に適している
    ②面積が1団500㎡以上
    ③農業の継続が可能な条件を備えていること
    ・生産緑地内でしてはいけないこと
    建築物を建てること、土地の形質変更は原則不可。

    市内には1~14団まで合計11,645㎡の生産緑地がありその内1-1,5-1,8-1の1,804㎡を生産緑地から解除するという内容です。
     私は平成24年に市制施行されてまだ7年しか経過していないのに、30年間市街化区域内で農地として保全するからという理由で固定資産税が減免(安くなっている)されている。大地主さんにとって有利な制度であると市政施行の時に指摘した記憶があります。現に農業を行わずに果樹を植えている生産緑地が多いことも事実です。

     市は、固定資産税の減免はあるが保全の義務もあると答弁。1年にⅠ回パトロールをして現況をチェックしていると。
     ところが、公募委員から「この都市計画審議会の前に、既に建物が建設中の所がある」という質問がでました。さすがに、ほとんどの委員がこの発言には驚きました。
     答弁は、3ヶ月過ぎれば行為制限が解除できるとの説明です。私は、この地区は中央土地区画整理地内であり、市が既に開発されていることを知らないはずはないと思いましたが、事前協議が令和2年7月31日に終わっているので確かに3ヶ月過ぎています。しかし県決定は令和3年3月下旬です。

     買取の申出があってから3ヶ月以内に所有権の移転が出来なかった場合は変更できる仕組みになっています。市は土地などの財産の購入は目的がなければできません。3ヶ月では市による買い取りは無理です。今回解除する理由は所有者の死亡、故障(医師の診断書)が解除の理由です。初めから30年間農業を続けるという意思で生産緑地にしたと思いますが疑義のある意見を言われた委員もいました。

    今回の審議会は、コロナ禍でもあり予定した時間を過ぎても皆さん意見を言い足りない様子でした。
    特に、山田(け)委員は議会でも農地の貸付制度ができるようになったことを質問したことから、安易に解除することなく貸付制度は出来ないかという意見を言われました。
     年末になりコロナの感染拡大の中大勢の委員がオンラインではなく各地から参集しての会議でしたので、会長がまだ約1.0haもの土地が残っているので次回は少し残った課題を話し合いましょうと締めくくり閉会しました。

     自薦の公募委員の発言がきっかけで、いつもと違った前向きな会議となりました。個人的には消化不良の面も残りましたが今会議の議事録署名人となったのでしっかり読んでから署名をしたいと思います。v( ̄∇ ̄)v 

    (2020/12/12土曜日) 私にとって月~金は市役所が開いているのでカフェギャラリー「木もれ陽」さんに出かけるのはたいてい土曜日です。先日地元紙で大きな記事になっていたので最終日の今日ギリギリ「和紙人形展」にセーフ!
    女性ってすごいな~。このギャラリーでは友人の手作りカバン展が開催されたり、多くの女性たちが作品展を開催しています。今回は「和紙人形展」です。
     令和2年12月12日⑧
    ・この人形たちは昨年92歳で亡くなった女性の作品で、ご家族がタンスの奥にしまってあった2百体以上の人形を見つけ、質の高さから処分はもったいないと公開を決めたとのことです。
     令和2年12月12日③

     令和2年12月12日④

     令和2年12月12日⑤

     令和2年12月12日⑨
    着物のほか、ドレスや民族衣装などお雛様もありました。高さは5㎝~20㎝ほど。細部にわたって表現されており、一体どのようにして作ったのか不思議な気持ちで眺めました。
    ・当日は妹さんとお話できましたが和洋中の作品ですがお姉様は海外にはでかけず世界中の衣装の人形を作られたということです。

    昭和区の岩田和子さんのお人形、40年以上前から教室に通って作っていたそうです。きっと、人に見て頂くことよりも「つくること」が好きだったのかな~などと思いながら見せていただきました。
     令和2年12月12日⑩
     令和2年12月12日②
    木もれ陽さんは、一年中お花が咲いている素敵なギャラリーです。来年はどんな作品展が開催されるのか楽しみです。2020年もありがとうございました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ