2020年11月

      先週11月27日金曜日に国会で法律が可決成立したので、今日は日程を変更して本会議を開催。職員の給与条例の一部改正案の討論・採決を行いました。
     令和2年11月30日①
    内容は期末手当(ボーナス)を人事院勧告に基づいてo.o5%引き下げるものです。改正によって年間700万円が減額となります。
    ・12月1日が期末手当の支給基準日ですから、間に合いました。

    ・今年から嘱託・パート職員さんは「会計年度任用職員」と名称が代わりこの職員さんたちにもボーナスが支給されるようになりますので同じ率が適用されます。しかし、ボーナスが支給されるという事になったとはいえ年間の手取り額はほぼ同額になるように時間給が変更されました。

    議員報酬もボーナスは職員と同じ内容で減額することを、議会発委で条例改正をしました。

    閉会後は「総務くらし建設委員会」が開かれました、私は教育福祉委員なので傍聴しました。主な議案は一般会計補正予算と「尾三消防組合規約の変更」です。

    これについては先週の本会議で質問しました。
    【尾三消防組合の規約変更】
    長久手市は単独消防でしたが平成30年に広域化して尾三「長久手市、日進市、みよし市、豊明市、東郷町」の5つの自治体で常備消防を行っています。
      その負担割合を3年目から見直すことが取り決められていました。来年度に向けて5自治体は協議を行い新しい指標を決めました。年間約35億円ほどの消防費を各自治体がどの割合で支出するのか取り決める内容です。
    ①均等割:6%
    ②面積割:4.1474%<1位は日進市:6.7186%>
    ③過去3年間の救急出場回数割:4.2953%<1位は日進市:6.6608%>
    ④消防費に係る基準財政需要額割:3.7530%<1位:日進市:5.2426%>

      人口も面積も広い日進市、豊明市が1位、2位の負担割合です。5団体の副市長・副町長会議10回開催の結果ということでしたので納得しました。
    消防に係る経費は尾三消防組合への支出が約6億5千6百万円、消防団等の非常備消防費が約4千万、その他消防用貯水槽などが5百万円で年間約7億円ほどです。
     新指標では約2千万円ほどの減額となります。

     以上のことが質問からわかりました。委員会での傍聴とあわせて、この議案は「賛成」できるなと思いました。

    明日は、私となかじま議員が正副委員長を務める「教育福祉委員会・分科会」です。審査の順番などはあらかじめ決めたので、一般質問にも少しづつ取り組もうと思っています。
     令和2年11月30日②
    ・市役所第2駐車場。葉が全て落ちてしまったイチョウの木は四季折々の姿を見せてくれます。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     今日は、昨日上程された議案に対する本会議質疑の日です。終わって見ると予算関係の議案以外は私だけの質疑でした。
    来年4月から土地・家屋台帳の閲覧を廃止するための手数料(1件200円)を廃止する条例案
    Q1:台帳の閲覧廃止は市町村が廃止できる制度か。また近隣市町で廃止していない自治体は有るのか。
    A1:法律に基づくものでなく市の判断で廃止する。近隣6市町では閲覧は行っているが、4市町は個人情報である所有者の氏名・住所等は開示していない。県内53市町村のうち、7市町が個人情報保護の目的から閲覧は全面廃止している。

    Q2:過去3年の閲覧実績は何件か。
    A2:平成29年度=391件、平成30年度=269件、令和元年度=253件

    Q3:市役所税務課で閲覧できなくなるが今後はどこで閲覧し、手数料はいくらになるか。
    A3:名古屋法務局名東出張所で登記事項の証明や閲覧となる。市役所では台帳閲覧手数料は字ごとに綴った簿冊1冊あたり200円。法務局では1通600円。オンライン請求郵送交付は500円。また閲覧は1通450円で簿冊ではない。

    【問題点】
    ・本市では東部丘陵での土砂採掘、山林を掘って鉱物資源を採掘し、掘った穴に産廃を埋める事件が過去にあり、2年前にもやはり山林の土取り問題がありました。一般宅は住宅地図等で所有者がわかります。しかし山林の所有者を知るためには公図に記されている番地をみて、市役所税務課で土地台帳を閲覧して調べます。そして土砂採掘による地下水の枯渇が心配されるので山林の所有者に対して開発業者に採掘を断って頂きたい・・という住民相談の時に利用しました。

     この条例改正案が成立すると、遠くの法務局へ行き、また閲覧手数料も200円が450円になります。既に数日前にも日進市と長久手市にわたる東部地区に「鉱業権」を設定したいので試掘の依頼が市役所にありました。鉱業権の設定エリアの森林の所有者は個人情報ということで教えて頂けませんでした。
     市は、試掘の依頼に対して「異議あり」と回答してはくれましたが鉱業権の届け出は県・国が許認可権限をもっています。長久手市の山林の開発に対して市は開発業者に、入り口でしか意見を言えません。
    20年前に日進市の北新田にある森林に鉱業権が設定されるという相談があり、私は国会で質問しました。中部経済産業局長が来所して面積は1/2にしてくれましたが鉱業権は設定されてしまいました。
     しかし、その土地は保安林でしたので林野庁にかけあって保安林解除をしないように住民の方と運動をしました。
     私はその後、国会を去りましたが半年に1度、林野庁長官に連絡をして保安林解除の行方を見守りました。そして近藤昭一衆院議員に続きをお願いし、ついに民主党が政権を取った時に赤松広隆衆院議員が農林水産大臣に就任したので、その時に保安林解除を認めない決定をして、日進市北新田に広がる広大な丘陵は現在も開発されず豊かな水を下流の水田にもたらし稲作がおこなわれています。
     令和2年11月27日①
    国会は立法府でもありますが、法律の運用が現状と合わないと思った時には住民と一緒に体を張って運動をしてきました。この経験があるので市役所で土地台帳の閲覧はとても役に立つと思っています。
     閲覧によって他人の土地や家を住民は騙し取ったりしません。自然を守る運動に対して、行政は民間同士のことだからと言ってどちらの側にもついてくれません。市民は事業者からみれば弱い立場です。

     私は、今まで通り閲覧できる制度を残して頂きたい、県下53市町のうち47市町が廃止していないという答弁でした。長久手市の東部丘陵は市の計画でも「保存」と明記してあります。本会議でこのことを発言しました。来週、総務くらし建設委員会で審査されますが委員会採決の行方が気になります。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     一般質問・議案質疑・委員長としての委員会口述書などを昨日までに完成させ、今日から会期23日間の12月定例会を迎えました。
    3密対策で換気をするので議場は寒いかもしれないな~これから毎日天気予報を確認して着用する洋服を選びます。今日は背中にカイロを貼りました。豊田市では数人の議員がコロナウイルスに感染して委員会が開催出来ず議会開会が危ぶまれるということも聞いていましたのでまずは風邪をひかないこと、そしてコロナ対策もしっかりすることが求められます。

    昨日まで、準備で登庁していましたが議案の1つである「職員の給与条例の改正案=人事院勧告に基づいて12月のボーナスを̠△0.05月引き下げる」議案を27日に本会議で採決できるかどうかが問題になっていました。
     実は衆議院で法律は成立していたのですが参議院での審査は内閣委員会で主旨説明までで昨日25日(水)の段階で27日に採決して法律が可決成立するのか分からなかったのです。

     事務局長は参議院のHPを気にして見ていました。私は20年前に衆院議員をしていましたのですぐに参院議員の斎藤嘉隆事務所に連絡して採決日を確認しました。そして、内閣委員会の野党筆頭理事である木戸口英司事務所にも再確認したところ、26日に委員会質疑・討論採決、27日(金)午前の本会議で採決という日程を聞いたので、その旨を事務局長に伝えました。
     法律が可決成立する前に市議会で先に条例を採決できない可能性が出てきたので、長久手市議会ではこの議案だけ急きょ11月30日(月)に本会議を開催して討論採決することになりました。
      ※ボーナスの基準日は12月1日なので11/30日までに条例を改正しないと減額できないからです。

     このようないきさつで、既に決まっていた日程の変更のために、今日は議会運営委員会を本会議後に開催しました。

    久しぶりの議場です。まだ初冬で気温は16度~20度。閉会の頃は「冬」本番だな~などと、気持ちも引き締まってきました。↓
     令和2年11月26日①
    午前10時開会 ー 10議案が上程され提案者の説明は副市長が行い、委員会付託されました。
    ・諮問案件として人権擁護委員の方が令和3年3月末に任期満了となるため、元教育長の「堀田まゆみさん」の推薦を全員で適任者と認めました。

    閉会後は、
    ①総務くらし建設委員会開催。職員の給与条例の審査を傍聴
    ②議会運営委員会開催。30日に本会議開催後、委員会を開く日程の変更を決めました。
    ・市役所裏側の田にはこのような花が咲いていて、コートを着る季節はまだ遠いと思いました。
     令和2年11月26日②
    午後は、明日の議案質疑のうち1件を下書きで提出していたので急いで自宅に帰りパソコンで完成させてメールで送りました。

     今週は3連休でしたが、一般質問や議案質疑もあるので毎日落ち着かない日々を過ごしました。無事に開会日を迎え少し落ち着きました。v( ̄∇ ̄)v

     3連休のなか日、議会開会前の準備で毎日頭が一杯の生活。今日こそは草取りをしなければ~とだいぶ前から買って準備しておいた草取り道具を握った。

    新しい草が生えていて、手で引っ張ると葉だけしか抜けない。根っこを抜くには道具が必要と思い購入した。2種類手に入れたがどちらが使いやすいか試してみた。
     令和2年11月22日②
    ・右側の道具が効果があると思っていたが、左側の方が根っこを抜きやすかった。 
     令和2年11月22日③
    マンションの専用庭とあなどっているが、毎回苦労している。午後から作業開始して夕方までかかってしまった。木も1本あり、この木の枝が柵を越えて駐車場まで越境してのびるので今回ものこぎりで小枝を切った。小さい枝を2本だけ残してサッパリ!
     令和2年11月22日①
     最後の作業は、長久手市の燃えるゴミ袋(45ℓ)に枝を小さく切っていれること。その作業が終わった時は気持ちは晴れたが体はくたくた~。これでしばらくは庭の草取りから解放される。
     それにしても、今回新調した道具は柄もアルミ製で軽く使いやすかった。草がサクサク抜けて楽しかった。
     明日はきっと、体中が筋肉痛になりそうな予感。v( ̄∇ ̄)v

     昨日、尾張東部衛生組合の職員が市議会の組合議会議員に対して事業予定見送り説明に来庁しました。
    来年4月1日から、一般ごみを晴丘センターへ持ち込む時に「完全予約制≪コールセンター設置≫の導入」をするという説明を聞いていました。12月の組合議会で補正予算(案)を上程して審議する予定でしたが見送る理由をお話してくれました。

    予算500万円は見通しが甘かったと、私たちの前で陳謝されました。私は、公務員の方からこのように頭を下げて謝られる事件がなかったので驚きました。
     10月5日の議会後の説明で年間500万円でコールセンターを外部委託できるのだろうかと疑問には思いましたが、その後業務委託仕様を作成する段階で数社に聞き取りを実施した中で最低限4名の職員配置など約2,700万円程度の年間委託経費が必要と明らかになったということが理由です。

    費用対効果の面で見送ることによる再検討内容
    ①最低料金の変更によるごみの搬入件数の減少効果(現在20㎏まで無料が50㎏まで1,000円にアップ)
    ②現在造園業者のゴミが一般ごみの10%~15%を占めている。造園業者は事前登録などにして手続きを簡便化する。
    ③窓口で記入する申請書のダウンロード推進、申請書記載台の物理的改良により3密回避対策強化。

    10月5日の説明時に、私は前日までの完全予約制は無理があると意見を述べ、当日午前中まで予約可能となるので、12月議会では理解を示そうと思っていました。

     10月5日:尾張東部衛生組合議会のブログ ↓
      http://oshimareiko.blog.jp/archives/33413692.html

    コロナ禍時代の中で、ゴミの量が増え、焼却施設の延命工事の最中でもあります。工事も3年の予定が半年~1年程度遅れると報告もあったので予算を捻出することも大変なことであったと思います。 
     晴丘センターは瀬戸市、尾張旭市、長久手市の3市で構成していますが一般職員は瀬戸市役所から派遣されています。事務長が大変申し訳ないという表情で説明する姿を拝見し、公務員のイメージが少しかわりました。 
     これからも、宜しくお願い致します。v( ̄∇ ̄)v
     令和2年11月11日①
      .。o○.。o○.。o○.。o○  .。o○.。o○.。o○.。o○  .。o○.。o○.。o○.。o○

    このページのトップヘ