2020年10月

     沢山の餃子を作り、娘宅へ届けた帰り「お母さん卵1パック持って帰ってね」と言われた。娘(前尾張旭市議)はもうだいぶ前から生活クラブ生協で食品を購入している。私も子育ての頃に有機農産生協を仲間と設立して卵の共同購入から始めた。そのようなことを孫が生まれてから話した記憶はあるが、娘がその意味を理解して実践している生活はとても嬉しい。

    食べることは生きること。なるべく自然に近い食品で孫たちを育てている姿は言葉では言えないほど娘が子どもの健康を考えていると日頃思っている。この卵が手に入った時、私は生卵かけご飯を食べたりする。
     令和2年10月4日②
     令和2年10月4日①
    この卵1パックで私は大きな安心を得ている。もえ!まだまだ幼い4人の孫だけれど頑張って育ててね。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

    昼間は友人の「創作バッグ展」にでかけました。いつものカフェギャラリーです。机の周りには彼女が制作した手作りバッグが重なっている。仕事がら、荷物の量や外出の目的によってバッグを代えます。
    ・今回は、ひと目でこの「絵」に見惚れてしまいました・・。
     令和2年10月3日⑥
    可愛い小物たちもたくさんありました。その中にとびっきり明るい「マスクケース」が。予てから手作りしようと思っていたくらいです。
     令和2年10月3日①
    ・コーヒーを頂きながら、色々なマスクを出し入れして楽しみました。これでOK!
     令和2年10月3日②
    一昨日の10月1日は旧暦の8月15日にあたり、中秋の名月がこの地域でも見れました。私はうっかり忘れていて、今日、宵闇の少し後に夜空を見上げました。何と雲間から月の光が見えました。嬉しい~!
     令和2年10月3日⑤
    ・この地域では「お月見どろぼう」と言うそうです・・去った後のとあるお店前。
     令和2年10月3日③

    創作バッグ展。女性たちの創作意欲、想像力、根気良さに感動します。皆さん自分流に生きて楽しんでいる。それがギャラリーに並ぶと商品になり、また材料を仕入れることができると話してくれた。
     次回はどんな作品が並ぶのか楽しみです。
     今回も、杉浦さんありがとうございました。マスクケースがとてもタイムリーでした!v( ̄∇ ̄)v

     「資源ごみ」を火曜日から日曜日まで持ち込める「ながくてエコハウス」へ、この頃よく立ち寄るようになりました。
    マンションに長く住んでいる私にはとても便利です。常時使用するものが廊下に溢れている中、新聞や段ボールなどの資源ごみが狭い廊下を一層狭くします。エコハウスに通うごとに廊下においた資源ごみがなくなりスカッとします。

    ダイレクトメール、不動産チラシ等々で次々に資源ごみがたまります。しかし、古紙・段ボールなどの資源ごみの回収は月1回です。
     いつも市役所の第2駐車場に車を停めるのですが、ある日気が付きました。すぐ隣がエコハウスなのです。私の頭の中は市役所=議会となっていました。最近の頭の中は「ごみ」も加わり、資源ごみ回収ルートを気にしないでトランクに積むようにしています。

    ★今日は部屋を片付けた時のゴミを沢山出してきました。
    ・衆院小選挙区の愛知7区の地図を全て捨てました。もう20年も前なんだな~
     令和2年10月2日①
    ・ええ!羽毛布団もOKです。
     令和2年10月2日②
    ・この夏は、自家製の麦茶を水筒にいれて過ごしたのでペットボトルはほとんどありませんでした。
     令和2年10月2日④
    ・アルミ缶は缶ビールでお世話になりますが、焼酎の自宅飲みが増えたので月1回で足ります。
     令和2年10月2日⑤
    ・市の回収日ではアルミ缶もスチール缶も一緒に出します。
     令和2年10月2日⑥

    デジタル社会といえどもやはり新聞には大量の公告があり、ネット通販を利用すると段ボールが溜る。どのようにしたらゴミを減らせるんだろう。今夏、ペットボトルとは無縁に近い生活様式でしたが情報は紙媒体で保存しているし・・。紙の資料だと一目で何の資料かわかる。もし全てがタブレットになった時には・・何が入っているか記憶力が必要かなぁ。

     一つだけ自慢できるのは、このブログです。これだけはパソコンを開けばいつでも読める。紙に印刷もしていない・・。しばらくはこのままの状況が続くのかもしれないね。
     でも、エコハウスに通うようになって家の中が少しきれいになったような気がします。
     v( ̄∇ ̄)v

     友達からのショートメールは「伊勢赤福の朔日市(ついたちもち)」持って行くよ~。家にいますか~という内容でした。彼女とはお子さんが一人の時からお付き合いが始まりましたが、現在はお2人のお嬢さんがいます。いつの間にか保育園と小学生のママになっていて、元気に会社員をしています。

    夕方の忙しい時間帯に、いつも悪いなあ~と思いつつも玄関先で立ち話をしてしまいます。
     10月の朔日市は「栗餅」です。↓
     令和2年10月1日②
    <店主より>
     旧暦の九月九日(いまの十月)は、五節句の中で最も重要な重陽の節句。菊酒や栗飯を用意し不老長寿を祈る風習でした。
     みなさまのご壮健を祈りながら栗餅をお届けいたします。

    ・包装も「伊勢千代紙」で包んでいます。数年前の一年間、彼女は毎月一日に、仕事帰りに届けてくれました。私は申し訳なくて、その気持ちを伝えました。
     久しぶりに味わう朔日市。柔らかいもち米に包まれた栗あんも柔らかくて美味しい。
     BlogPaint
    6年前に市議会に戻った最初の市民要望「育休退園廃止」の署名活動を一緒に行いご縁を頂きましたが、未だ長久手市では待機児童がいるという理由から育休退園があります。この間、2つの保育園が移転新築され定員も増えました。お餅をいただきながら、6年過ぎた現在の保育行政をもう一度振り返ってみようと思いました。
     いつも、ありがとうございます。ご馳走さまでした。v( ̄∇ ̄)v 

    このページのトップヘ