2020年09月

     9月7日、8日は総務くらし建設委員会でした。9日、10日は私となかじま議員が正副委員長を務める教育福祉委員会です。昨日は議案審査を細部にわたり行えるように事前に担当課に提出を求めた資料を改めてチェックしました。何と、両面印刷で30枚=60ページになっていました。

     朝1番に委員会室へ行き、委員長として委員の皆さんがしっかり審査できるように資料の配布状況や自分の資料も机に並べ準備しました。
     令和2年9月9日④

     令和2年9月9日①
    【委員会】
    児童発達支援センターが指定管理者による運営で、来年10月にオープンするのでこのための議案審査。
    ・指定管理先は三好市の学校法人滝の坊学園。児童発達支援センターの運営経験はありませんが「指定管理者選定委員会」の点数は応募した3者中最も高く100点満点中84.07点、次点は72.16点、次が58.76点でした。あらかじめ採点表を資料請求していたのでどのような選定基準・審査項目にどの委員が何点つけたかわかりました。(委員会:可決)

    ・直営でと思っていましたが市の方針は既に指定管理と決まっていました。尾張東部では最も遅く設置される療育施設です。審査項目では指定管理者として安定して行う「物的能力」「人的能力」の点数が高い学校法人ということがわかりました。

    高齢者生きがいセンターの一部を改装して「こどもの預かり事業」を行うための条例改正の審査。
    ・10月5日から1歳の誕生日から就学前の子どもを1時間500円で預かる事業です。保護者が病院へ行くときや、他の用事で困る時に1回3時間、月4回利用できる一時預かり事業です。1日10人まで、利用登録して1っか月前から前日までに予約が必要で、緊急の場合は事情によりOKです。(委員会:可決)

    【請 願】
    ・愛知地区教職員組合・委員長から提出された①「小人数学級の拡充、教職員定数改善計画の早期策定」と、②義務教育費国庫負担率が2分の1から3分の1に引き下げられたままであるため教育の機会均等と水準確保の為に2分の1に復元するという内容です。(全員賛成で採択)

    【所管事務調査】
    ⑴N-タク実証実験結果と今後の移動支援について(2回実証実験を行いました。詳再は福祉部・長寿課まで)
    ⑵高齢者健康評価事業の進捗状況について
    ⑶小中学生のかていにおけるオンライン学習環境のアンケートを踏まえた今後の対応
     インターネット環境が整備されていない家庭が小中で88家庭ありました。コロナの収束が見通せない中、オンライン授業は全ての家庭になければ問題です。

     いずれも、市民にとっては大切な課題です。担当課より詳しい資料を提出頂き調査を行いました。

    【予算決算委員会・教育福祉分科会】
    ・委員会終了後、夕方まで予算決算の審査を行いました。
    令和元年度の決算の認定は一般会計と特別会計、そして今年度の補正予算と9課7議案が付託されています。
    それぞれ担当課から説明を受けて、じっくり審査を行いました。
    (資料・・・1ページづつ、所管のページ全てに目を通して進めていきます)↓
     令和2年9月9日③
    ・夕方5時15分をめどに第1日目を終わりにして、明日午前9時30分から再開することを告げて散会しました。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     今週から9月定例会も始まり、一昨日、午後の再開時間を控室で待っていると議会事務局課長から「市長が良かったら部屋でコーヒー飲みませんか」と言ってます・・とお声かけを頂きました。複数人ならば誤解されないだろうとおじゃましました。

    秘書課の職員がコーヒーサーバーで5人分を1回づつ入れてくれました。(可哀想~お昼休み大丈夫かなあ)
    ・私たちも午後1時5分には本会議が再開されるので市の課題など話す余裕もなく、市長が変わるたびに少しづつ模様替えされている室内を物色させて頂きました。
    (ご存知のように「吉田市長」さんです)
     令和2年9月5日①
    大好きな富士山の絵画!このアングルの富士山は私の故郷からのように思う。
     令和2年9月5日⑤
    委員会室にもある「伊藤高義氏」の作品。ご一緒させて頂いたメキシコの風景かな~
     令和2年9月5日③
    市章は姉妹都市を結んでいる南木曽町の「木」で額に入っていました。
     令和2年9月5日②
    ・のマークは2つの輪の結びつきで融和を表し左右に伸びた円幅で発展と飛躍を表している(市HPより)
     長久手市の「な」という文字に似ているので文字をデザインしたと思っていましたが、なるほど「2つの輪」でした。

     ひょんな機会から市章の意味を知りました。
    市長、コーヒーをご馳走さまでした。v( ̄∇ ̄)v

     昨日追加上程された「GIGAスクール構想小中学校情報機器の買い入れについて」、委員会で可決したので今日は本会議で委員長報告を行い全員賛成で可決成立しました。これで、来年度から国の進める小中学生1人1台パソコン授業関係のハード面の予算が全て通りました。残すところは、教える側のことが課題となってきます。

    この議案の審査の概要は、児童生徒数の3分の2が国庫補助の対象のため(4,077台)、国の補助金はリースの利息分が入らないため、残り(2,621台)は市費となるので財政と協議しながらリースと決めたということでした。

    また、入札は指名競争入札で12者を指名しながらも参加業者は2者であり落札率が94.87%であった理由も判明しました。辞退9者は「納期までに対応できない」「要員の確保が困難である」という理由から直前に辞退届が提出されました。全国一斉に導入されるパソコン授業ですから、どこの自治体でも入札が不調(不成立)に終わると義務教育上での足並みがそろわなくなります。担当課長が入札が順調に行われるか心配していた理由もわかります。高い落札率も理解できますが・・。

    【議案質疑でわかったこと】
    都市緑化基金(9億5,500万円)を使用できるようにするための条例改正案
    ・2年半前に使途が不明ということで委員会で継続審査となり、市は議案を撤回しました。この経緯を説明しながら今回はどのように使途を明確にしたのか質問。
    ・答弁は、「緑の基本計画」に書かれている通り、県道や緑道の維持管理費用には使わないという答弁でしたので納得できました。街路樹の維持管理費に毎年約1億2千万円ほどかかります。植栽しても維持管理費は毎年必要なので基金の使途には注視しないとすぐにゼロになってしまいます。

    リニモテラス公益施設条例の制定について
    ・この施設で行われる事業が、①観光交流協会、②リニモテラス運営協議会、③市役所、④指定管理者による4者で運営されることがわかりました。指定管理者には人件費相当分として年間2千万円+事業費=総額は未定。
    ・指定管理者が行う自主事業の料金は条例では触れられておらず、指定管理者任せであること。にもかかわらず収益を上げてもらうことは重要との答弁。

    ・小さな施設で観光交流・多文化共生・子育て・大学連携というメイン事業を①~④の関係者で果たしてコミュニケーションをとって行えるのか。この段階で分かっている支出でも、指定管理者への管理業務部分に2千万円+観光交流協会補助金1,800万円+リニモテラス運営協議会200万円=4,200万円+指定管理者への事業委託費。そもそもイオンと同時にオープンする予定だった計画が遅れ、それは古戦場再整備計画の延期にも影響するなど現市政になってからの「まちづくり」へのこだわりが官民一体では難しいということを証明したように思います。コロナ禍で、財政状況が悪化しいるなかでむりやり押し進めることに納得はできません。

    一般会計補正予算案
    ⑴未活用の2か所の市有地の売買については、調整区域の一か所は「既存宅地」であることがわかりましたので住宅建築が可能とわかりました。販売は入札で実施。

    ⑵新型コロナウイルス感染症対策事業応援金10万円の予算2,500万円について
    ・令和2年4月~12月までの内、1か月で売上高の実績が前年同月比30%~50%未満が対象月となり、該当者に10万円の支援金です。申請受け付けは市役所(たつせがある課)で受付、期間は10月上旬から令和3年1月末まで。
    ・業種は問わない
    ・対象者はこれまで県・長久手市の休業・時短営業の協力金を受けた事業者は不可能で、テイクアウト補助金だけの方は可能です。テイクアウト補助金は幟旗やお弁当の容器など実費に対してなのでOK。

    (お弁当をテイクアウトして下さる沖縄料理遊来さんは全員がこのマウスシェールドを使用。私も2つ分けて頂きました)
     令和2年8月16日①
     4月の臨時議会から始まり、新型コロナウイルス感染症対策については国や地方などが特色ある支援制度を設けてきました。自治体により個別のメニューもありますので、対象になるかどうかホームページなどで調べたり、電話確認をしてからをお勧めします。
     しかし、午前8時30分~午後5時15分までしか市役所は空いていないのでご不明な点があればご連絡下さいね。v( ̄∇ ̄)v

     9月3日 今日から9月30日まで28日間の9月議会が開会しました。何と言ってもコロナ禍、議決権を最終日に行使できるように感染対策を万全にして臨みます。
     
    毎年同じですが前年度の決算の認定という大きな議案があります。このため委員会審査日もいつもの2倍の日程です。厚さ3㎝ほどの水色の決算書には昨年度の長久手市の事業が、何にいくら支出されたのか、そして税収はいくらで、財政状況はどのようか細かく記載されています。↓
     令和29月3日①
    ・初日は議案の上程と執行部からの提案理由説明が行われました。
    ・特に「決算審査意見書」を書いた代表監査委員の意見報告はワクワクしながら聞きました。初めてと言っていいほど、市政にたいして厳しい意見が報告されており、代表監査委員は外部の方で普段はお目にかかることがないからです。執行部から独立しているので執務室も西庁舎の奥です。

    今日は、任期が9月30日で終わる「教育長」と「教育委員」の同意案の採決がありました。5人いる教育委員の内2人も一気に交代です。
    ・教育長は昨年度、委員会でN-ハウス(適応指導教室)視察した時に説明をしてくださった先生(元小学校長)ということなので面識があります。学校に行かない、行けない子どもたちのN-ハウスの環境がとても未整備であることを丁寧に説明して下さいました。

     視察費のブログです。↓
     http://oshimareiko.blog.jp/archives/29730928.html

    ・もうお一方の教育委員の方は、経歴書に間違いがあるという事で差し替えとなりました。理由はご本人が提出した経歴書に間違いが5か所あったからです。私は長久手市の教育方針を決める教育委員になる方なので質問をしました。教育総務課の答弁は「提出された経歴を調べたところ、理事長や社長をしている障がい者関係の会社の定款を調べたところ就任月等に間違いを見つけた」と、課のミスと言う説明でしたふにおちません。

    ・現在は、政治家の「経歴詐称」がニュースになる時代です。国会議員だけではなく本市議会でもお一人経歴詐称で議員辞職した方がおります。公的な役職につくのですから、大丈夫かな?という疑問がわいてきました。
     一方で、障がい者の支援法に基づく法人を2つ経営しています。多忙な感じがしますが親身に長久手の教育を考えて下さるのか・・答弁は「教育委員は意見と助言をもらう仕事」であるということでした。

    ・教育委員会に関する法律が改正され、市長が任命して議会が同意することになりました。私は「教育の独立・政治は介入しない」という理念が崩れてしまった現在、市長は選挙で選ばれる政治家ですから教育の中立が保たれるのか問題があると思っています。(教育基本法第10条の理念)人事権は政治家にあるからです。
     答弁を聞いて賛否を考えている間に、採決の声があがりました。迷いに迷った挙句起立してしまいました。

    本会議終了後は、追加議案1件を教育福祉委員会を開き審査しました。
    ・小中学生1人1台パソコン機器購入契約案件です。予定価格2,000万円以上の動産の買い入れなので議会の議決案件です。

    今回からAIを使用した文字起こしの機器が導入されました。あすの朝までに委員長報告を作成します。
     今日は夜まで、職員と一緒に残業?かな~と思いながら、いつものようになかじま和代副委員長と一緒に会議録の作成を行いました。2時間ほどで文字起こしされた原稿が届いたので2人で作業に入りました。↓
    (中島副委員長の魔法の指が素早く動いてくれます)↓
     令和2年9月3日②
    ・そこへ、委員会担当職員が文字起こし原稿を読みやすいように作成して届けてくださったのです!
     お蔭で、私たちは夕方閉庁時間直前に報告書の作成を終えることが出来ました。

    2人で感激して、導入に頑張ってくれた青山議長が通りかかったので思わず「ありがとうございました」と大きな声が出てしまいました。これまで中島副委員長が自宅で音声を聞きながら何十倍も時間を掛けて担当してくれたことに改めて感謝の気持ちが溢れ出てきました。
    「なかじまさん、本当にお世話になりました。ありがとう~ございました
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     9月2日、明日から9月定例会が開会します。開会日の翌日は議案質疑を本会議場で行います。自分の所属する委員会の審査事項は「委員会」で行えるので所属しない委員会の議案に対してはこの翌日しか質疑を行えません。

    明日9月3日は前日、この日までに議案質疑の通告書を作成しメールで送信。
    今回は補正予算でコロナ支援関係と市有地(市が使用の目的もなく所有している普通財産)の売買についてなど12点。
    リニモテラス公益施設の条例制定について11点。新施設の条例なので一部改正と違い大変な勉強と作業が必要な大きな議案です。
    緑化基金9億5,550万円を市が使用できるようにするための条例について5点。計28点です。
    緑化基金の一部改正条例は2年半前に、使用できる使途が不明確で都合よく使用できてしまうので委員会で継続審査になり、その後「撤回」されました。当時の問題点への答弁どおりになっているのか「緑の基本計画」を読んで使途がどのように明確になっているか確認します。

    一般質問と違い、一問一答方式ではなく再質問を含めて2回までしかできません。このため、先週から事前に調べられることは調査をし、その上で問題だな~と思うことを質問するようにしています。
    ☆ある意味、一般質問よりも工夫しないと、質疑が成り立ちません。また、私は義務ではなくても事前に通告することにより的確な答弁(市の考え)をを頂けるので頑張ってパソコンに向かってきました。

    一般会計補正予算では
    コロナウイルス対策用検温用備品購入費=1,397万円は公共施設の出入り口に設置するそうですが数ある施設のうち、どこに設置するのか。また、コロナ終息後は購入した備品はどのようにするのかなど聞きます。

    未活用の市有地2か所を売払いするために不動産鑑定費・境界確定等188万円支出しますが、売払い方法、収入予定額、なぜ未活用の市有地が放置されてきたのか経緯、を聞きます。
     一か所は市街化区域で約69坪ありますが、他の一か所は西原交差点角地でL字型、調整区域です。以前から、監査委員から未活用の市有地は売払い活用するようにと指摘されていました。やっと、動いたなあと思いました。 
    ・長久手市平池(鴨田川沿い) 277.42㎡
    ・長久手市西原(交差点南東角地 270.01㎡


    今回の一般会計補正予算の財源の内、国庫補助金「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金2億5,915万円が含まれて予算を組んでいます。どのような事業に国の補助金を振り分けているのか、また補助率は100%なのか初歩的なことも確認します。

    諸般の報告では(株)長久手温泉について質問。市が60%出資している第三セクターです。2期連続してマイナス決算です。7月末に意見交換会で13点質問したので総括的なことを質問します。

     開会日は追加議案の委員会審査があるので、一応委員長の「口述書」も作成しました。
    明日から、議会が始まりますがすることが多くてついに就寝は深夜になってしまいました。温泉の通告書は目が痛くてパソコンに向かえなかったので、久しぶりに手書き・・。でもやはり朝早くメールしておかなければ・・。
     こんな感じで、明日を迎えることになりました。

     自分でも、細部にわたり細かなことを質問するな~と思いましたが、1円でも「税金」なので堂々と行おうと決めました。v( ̄∇ ̄)v
      令和2年8月22日②

    このページのトップヘ