2020年09月

     9月3日に開会した定例会が今日閉会しました。令和元年度(昨年度)の決算の認定、一般質問は全員が登壇、コロナ対策を講じての審査、AIを活用した議事録作成の取組など、忙しい中にも充実した審議ができたと思っています。

    開会日・・教育長と教育委員の交代の同意案件があり、とても悩んだ初日でした。川本忠教育長はこの日3年間の任期を終える日でした。3年前川本教育長を同意するとき、私は実は反対したのです。それは川本氏に反対したのではなく改正された「地方教育行政組織運営法」の改正に反対するためにこの人事案件の機会を利用させて頂いたのです。

     これまでは教育委員会の中で事務局を担当する人が「教育長」でした。教育委員会の代表となる人は「教育委員長」という人がいました。ところが新しい教育長は地方自治体の長(市長)が議会の審議を通して任命します。従って、教育長の上司は市長になり、教育委員の上司も市長になります。

     教育の中立ということから政治家である市長が選ぶということに反対したかったので、川本教育長自身に反対したわけではありません。私はこの理由を議場で述べました。川本教育長は市の総務部長も経験しておりきっとこの理由をわかっていただけるという確信があったからです。

     とっても嬉しいエピソードは、北小校区で児童クラブの待機が35人になった時のことです。校区の自治会役員や地区社協の皆さんと週に2日の児童クラブ「北っこひろば」を、私の住んでいる町内会の集会所で開催することになった時です。集団下校のために、子どもは一旦自宅に帰りランドセルを置いてから集会所に来なければなりません。市の児童クラブは直接いけるのですが・・この時に教育長に相談したところ、早速北小の校長先生の所に出向き話をつけてくれました。お蔭で、私たちボランティアが小学校にお迎えにいくことができて無事にスタートできることになりました。
     BlogPaint
    また新しい地方教育行政組織方では、教育委員の任期は4年ですが、教育長は3年です。理由は市長が4年の任期中に少なくとも1回は教育長を選任する機会があるので、市長の人事構想の中に教育長人事を位置づけやすくなるからです。教育委員長と教育長が一本化されたことで新たな責任者ができました。

    この日の議場は、ほとんどの議員が川本教育長へのお別れの気持ちをどのように表してよいのか分からず、教育長を静かに見ていました。新型コロナウイルス感染症により小中学校の3か月休校、学校の9月始まり論、修学旅行の実施は可能か・・等々、心労はとても大きかったと思います。同意案反対からの出発でしたがいつも笑顔で対応して頂き本当にありがとうございました。
     お疲れ様でした。多方面にわたるご尽力にお礼申し上げます。
     
    議案について1つ「反対」をいたしました。 ↓
      「議案第62号リニモテラス公益施設条例の制定について」反対の立場から討論を行います。

                            
    ・この条例の第4条にはリニモテラス公益施設で行われる事業内容が書かれております。私は先の本会議で事業実施にあたり市の各課との関係が生じ各課との役割分担、責任分担についておたずねしました。答弁では指定管理者である民間企業のノウハウを活用した事業展開をおこなうことにより、各課と関係のある補助団体が実施する事業をリニモテラス公益施設で実施する際には行政が指定管理者と団体との間で調整役として入ることは考えられるが、直接的な関与は想定していないという答弁でした。そして、事業実施に際しては、指定管理者のほかリニモテラス運営協議会が関わっていき、「観光およびまちづくり情報の発信、相談対応」事業には、長久手市観光交流協会と連携しながら行うということでした。

     これらの答弁をよく考えると、事業のほとんどがリニモテラス運営協議会と観光交流協会が指定管理者と共に行うということです。

     ところが、リニモテラス運営協議会には毎年補助金が約200万円、観光交流協会には約1800万円助成しており、そのうえ指定管理者には人件費、光熱水費や修繕費などの維持管理費で2000万円程度の指定管理料、これにプラスして事業費も見込んでいるということです。この小さな施設の事業を行うに当たり3つもの団体に最低でも4000万円以上の多額な事業費を補助していくという運営は、財政面で困難ということから延期となっている数々の事業があることを考えると、とても理解できません。

     

     運営体制の面では、観光交流協会の事務局で常勤・非常勤にで働いている職員のうち5名がリニモテラス運営協議会のメンバーと重なっており、このごちゃ混ぜとなった運営体制で4条に規定している事業がスムーズに行えるのか大いに疑問です。

     人的なごちゃ混ぜ体制は、税金である補助金もごちゃ混ぜではないかという疑念を抱き私は市民に対して責任を持って、リニモテラス公益施設がこの条例通りの役割を果たすと説明が出来ません。

     

     次に公益施設とは一体何でしょうか。公益とは文字通り公共の利益です。リニモテラスは公益施設ですね。市民に対して事業の結果を出さなくてはなりません。このような使命を持った施設の運営の中心を担う指定管理者の管理に対する基準(第13条)には「利用者に対して適切なサービスの提供を行うこと」という曖昧でどのようにでも解釈ができるような基準しかありません。良くも悪くも公益という名の下に「あれもダメ」「これもダメ」「これもいい」「あれもいい」という中途半端な施設になる恐れがあると思われます。

     平成20年度に策定された第5次長久手市総合計画の主要プロジェクトに位置付けられてから12年が過ぎ、リニモテラス構想はその立地場所もコンセプトもお幅に代わり事業を着手致しました。現在のコンセプトである「大学連携・多文化共生・子育て支援・観光交流」のこの4つが果たされる公益施設とは思えません。

      以上の理由をもって反対討論と致します。

    議会が終わり辺りを見回すと、稲刈りが済んだ田が広がっていました。
     令和2年9月30日①
     令和2年9月30日②
    いつも見慣れた風景ですが、無事に一つの定例会がおわり、慌ただしく駆け抜けてきた日々が遠い過去のような気がしてきました。
     
    令和2年9月30日③
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o

     先日送って頂いた栗。少しの間冷蔵庫で眠っていましたが今日は明日の議会最終日の準備をしながら栗きんとんを作りました。
    栗100%です。甘さを昨年より控えめにしたところ、栗の味が口の中に広がり美味しくできました。
     令和2年9月29日⑤
    毎年この栗を頂くと、また1年が無事に遅れた~と思います。6月下旬からの天候不順や災害で秋の収穫が全国的に心配していました。日常生活の中に新しいことはなく、新型コロナウイルス感染症のためにストレスで溢れる日々もありましたが無事に四季が巡ってくるんだなと感じます。

     さて、昨年を思い出しながら調理開始!
    栗を約50分位お湯でゆがきます。固いとすりつぶす時に大変なので柔らかくなるまでゆでます。
    ゆであがったくりを、包丁で半分に切ります。
     令和2年9月29日②
    半分に切った栗から実を小さなスプーンでかき出します。
     令和2年9月29日③
    かきだした栗を、棒でたたいたりしながらすりつぶします(粉末?ペースト状になるまで)
    すりつぶした栗に、黒砂糖、塩少々を入れて手でこねます。
     令和2年9月29日⑥
    最後は、秤で同じ位(今回は約30g)のお団子にします。
    最後に、サランラップで包んで茶巾絞りして形を整え終わり。
     令和2年9月29日①
     令和2年9月29日④
    取り掛かってから約5時間ほどです。パソコンに向かって反対討論原稿書いたり、台所に行ったり、昨年も同じくらいかかりました。
     何という達成感!洋菓子やケーキ、パンは作れないけれどこの栗きんとんだけは作れます。
     もっぱら、自分で食べるより孫や友達にお裾分けして「美味しかったよ~ばぁば」と言ってもらえることが楽しみのようです。

     一番残念なことは、毎年栗を送ってくださる友達に食べていただけないこと・・。でも、私以上に色々な食べ方をしているかもしれないですね。今年も本当にありがとうございました。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ 

     午前は30日の閉会日の進行を決める議会運営委員会に出席しました。
    意見書の提出が2件あるのですが、1つは全会派賛成なので委員会審議はしないことにし、2つ目は反対議員もいるということで委員会審査をするために本会議は一旦休憩とすることになります。
     令和2年9月28日①
    議会日程を決めた後は、前回の続きの「災害対策行動マニュアル」の最終版について、変更か所を丁寧に確認しながら協議しました。6月から毎回各会派の意見を聞きながら少しづつ修正して3か月です。今日こそ・・と思って私も事前に読みこんできましたが違和感を持った箇所について他会派の委員からも同じ意見があったので、皆さんで再度意見を述べて少し修正をして完了ということになりました。正副委員長はとても大変だったと、身をもって感じました。

    ・大先輩がいる中、ささせ順子委員長、なかじま和代副委員長は2期目です。意見が合わなかったときは次回に持ち越し、多数決で決めずに協議一筋でまとめてくれました。本当にお疲れ様でした。

    次の協議事項は「政務活動費の運用指針見直し」です。これについては先週各会派が見直点を述べました。なかじま副委員長が「政務活動費を充てるころができる経費」について全員の意見を文字の色を変えて資料を作成してくれました。さあ、大変です。全てを入れたので条例改正まで必要なことになった試案です。

    ・私は、年間12万円なのでそれに見合った経費となると必然的に使途が限られてくるので、大幅な変更ではなく
    ①「新聞→WEB新聞」も認める。
    ②資料作成費として自宅パソコン印刷機のインク代を「1万円→1万5千円」に。
    ③セミナー等の研修会参加費は認めているが、参加地近くにある施設に視察に寄ることも認める。
     この3つほどの見直しで全員が合意できるのではと発言しました。
    ・これですと条例改正の必要はなくなります。

    <コロナのため会議も1時間を目途に10分休憩して室内換気を行います・窓の外は青空!ホテルのような建物は愛知医科大学病院です>
     令和2年9月28日②

    夕方は友達に誘われて久しぶりに外食です。先日フグ漁が解禁となったというニュースを聞きました。
    ・藤が丘では有名な「フグ料理 美舟さん」でソーシャルディスタンスでいただきました。
     (全て銘々皿で・・)
     令和2年9月28日④
    ・フグの兜煮 初めてです。
     令和2年9月28日③
    ・フグのしゅうまい・・。
     令和2年9月28日⑤
    まだまだ美味しいお料理が出てきましたが、食べるのに夢中で写真は忘れました。

     皆さん、食事でのソーシャルディスタンスにとても気を使いました。広い和室に4人で・・というようにお店の側がとても意識して提供してくれました。美味しく、会話は少なく(夢中でいただいたので)、でも楽しいひと時でした。v( ̄∇ ̄)v

     秋は畑にも山にも多くの稔をもたらしますね。夏が終わり冬が来る前の季節なので、何となく寂しさもよぎります。
    そのような時に、友人が初めて作ってみたという「落花生」を、いつもの「栗」の中に忍ばせて送ってくれました。こういう時は気分がパッと明るくなります。栗きんとんつくりは時間がかかるので一旦冷蔵庫行き。
    ・落花生を湯がいて、早速ビールのおつまみにしました。
     令和2年9月25日①
     しっかりとした殻にはぷっくりと膨らんだ豆が入っていますが、少し茶色っぽい方の殻にもしっかりした豆が入っていました。私の育った富士山麓でも落花生を作っていました。幼い頃は家族総出で山の畑にでかけて、収穫しました。葉をもって根っこを引っ張り上げると地中から落花生が根にくっついて(?)一緒にとれました。洗って土を取り、母が窯にたっぷりお湯を沸かし茹でてくれました。

     愛知県に来てからは茹でた落花生を見かけません。新幹線の富士駅の売店には殻つきで茹でた冷凍落花生が販売されています。帰省するといつも帰りに買いました。九州の友達が初めて作ったと聞いて驚きと共に、保育園に通っていたころの記憶がよみがえってきました。

    娘宅へ向かういつもの道端には、彼岸花なども見つけ秋が来てしまった!という下降ぎみなメンタルが少し上昇しました。
     令和2年9月25日③
     令和2年9月25日④

     令和2年9月25日⑤
     令和2年9月25日⑥

     令和2年9月25日②

    食べ物と、野に咲く可愛い花々を見て秋がきたことを、自然に受け入れることができた日でした。v( ̄∇ ̄)v

     午前9時半から「予算決算委員会」が行われました。
    委員長は副議長、副委員長は議会運営委員長と決まっています。今年度は山田和彦議員とささせ順子議員です。

    まずさとうゆみ総務くらし建設委員長から分科会長報告が読まれ、次に私が報告書を読み上げました。委員の皆さんは一語一句真剣に聞いて下さっています。私は、総務くらし建設分科会の傍聴は省いたところもあったのでどのような質疑があったのかじっくり聞きました。気になっていた事項は既に開会2日目の本会議で質疑をおこなっていたので、この時の答弁とさとう会長の報告が一致していた部分もありました。しかし、もう少し深堀りできたか所もあるのにな~と思う所もありました。
     各委員会に任されているので仕方ありません。
     令和2年9月24日
    採決の結果は、令和元年度決算の認定と補正予算の12議案中、9議案が全員、3議案が多数で全て可決されました。
     残るは、9月30日の最終日に他の条例案も含めて全ての議案の本会議採決をまつのみです。

     私の宿題は、残り2つ。最終日の委員長報告書と、リニモテラス公益施設条例の「反対討論」の作成です。リニモテラス条例案は、本会議で質疑を行い答弁に納得できない、そもそもリニモテラスが長久手市の「お荷物」になる、不要不急の施設をコロナ禍で建築すべきでないと思っているので、条例案に沿って討論原稿を書こうと考えています。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ