2020年07月

     市議会のコロナウイルス対策会議は行政のコロナ対策会議開催後に毎回開催しています。久しぶりに写真を撮りました。
     令和2年7月31日①
    市の対策会議の報告は、①8月8日から夏休みになるため、水系施設(噴水やバスケットゴールがある桧ヶ根公園:図書館隣)について利用を再開するが広く周知はしない。②非接触型温度計を公共施設に配置したことと、貸出用も要項を定めたので活用してほしい。③お盆を控え、東京からの帰省等注意喚起は県からあれば行う・・という内容でした。

     令和2年7月31日③
    その他、市への意見
    ・国民1人10万円の特別定額給付金の最新情報:受付97.8%、振込み97.1%
    ・小中学校の子どもに1人1本水のペットボトル配布事業の検証を行うこと。
    ・小中学校の保護者メールについて、家庭に対象者がいない議員にも知らせて欲しい。
    ・コロナが理由で登校していない児童生徒の状況を知りたい。
    ・市職員の在宅勤務についての検証実施を。

    今年度はコロナで委員会視察の受け入れ先の見通しがないので、視察を中止してその費用を市のコロナ基金に積み立てることを決めました。

    間もなく始まる9月定例会を、コロナ対策をしてどのように取り組むのかは次回の協議事項としました。他市では一般質問の時間を半減するなど耳に入ってきていますが、申し合わせで本会議の運営を変更する場合は議員全員で行うと決めてあります。

    市内の感染者も最近増えてきています。7月30日現在12例目ですが10代で女性、軽症、濃厚接触者です。
    愛知県全体で感染者が増えているので、名古屋市のベッドタウンの本市は今後どうなるのか心配です。
     まずは、市役所機能が維持できるようにして、職員や議会関係者も感染予防に努めて行政や政治が停滞しないことが重要であることを皆で再確認しました。v( ̄∇ ̄)v

     (株)長久手温泉は市が60%出資する第三セクターであり、代表取締役は副市長です。温泉(ござらっせ)とアグリ事業(あぐりん村=産直野菜販売等)の2つの事業部があります。6月の株主総会が終わると9月定例議会に経営状況報告書が提出されで本会議で質問が出来ます。ところが、昨年から事前に役員と温泉の支配人等と市議会議員全員が集まり意見交換会を持つことになりました。

    資料が配布されてから質問の締切まで期間が短かったのですが、コロナ感染症の影響や昨年10月からの消費税10%の増税が経営にどのように影響があったのか興味深く資料を読みました。前期の資料と照らし合わせて詠んだので沢山の質問が湧いてきました。

    担当の長寿課長は人事異動で変わり、私の細部にわたる質問を事前にチェックしてくれ、資料にページ番号をつけるというような質問といえないような事は事前に改善してくれました。「0」が一つ少ないという単純ミスも指摘して下さって嬉しかったです。
     令和2年7月30日⑤
    意見交換会は長寿課長が司会を務め始まりました。
     質問一覧を見て少々驚きました。
    大島令子 13(質問数)
     さとうゆみ 5
     山田(か)  2
     渡辺さつこ 5
     伊藤真紀子 1 <敬称略>

    近隣に大きなスーパー銭湯(〇〇の湯とかスパなど)がリニューアルオープンしており株式会社ということから収益という面で、事業展開の内容・決算報告などに関することは申し合わせで公表できません。

    5人の議員の質問はそれぞれ重なっている事項もあり、問題意識は同じなんだなと感じたところもありました。

    9月定例議会の2日目(9月4日・金)の諸般の報告という日程の中で本会議質問が出来ます。今日の意見交換会で私は事業内容や決算内容の細部について提案や質問を行いましたが、本会議では今日の答弁からわかったことを参考にして、少し大局的な観点から質疑を考えようと思いました。
     令和2年7月30日④
     もうすぐ8月、今月末には梅雨明けが報じられると聞いています。遠くに見える森は「石作神社」です。手前の田圃の稲は穂が少し見えるようになりました。緑の風景や青空を見るとコロナ禍での自粛生活がやりきれませんが・・感染拡大している中まだまだ気を抜かずやっていかねばと思いました。v( ̄∇ ̄)v

     6月末から雨が降らなかった日はなく梅雨が長い。7月10日過ぎに食器を洗っているとシンク前のマットが何となくおかしい。めくって見ると「水漏れ?」でフローリングの色が変わり目地から水が滲みだしていた。
     令和2年7月28日①
    ・冷蔵庫の下から隣の食器棚の方までフローリングが水にさらされ黒色に変色していた。
    今日は待ちに待った「水漏れ調査」の業者さんが来てくれた。約2週間もの間、水漏れが拡大しないように炊事やお風呂、洗面等極力節水生活をしてきた。

    いざ、点検開始~。
     令和2年7月28日②
    ①台所の給排水点検では、シンクの扉を開け、流しの背面奥のベニヤ板を人が入れるほどの大きさに切り作業員さんが上半身を這って覗いた。水道のシングルレバーは新品に交換してくれたが異常は無い!と。

    ②次は、流しの奥にあるユニットバスを点検しよう~と、作業は続いた。
     令和2年7月28日⑤
    ・ユニットバスの壁をめくり、隣の家のコンクリートの壁が見えた。おかしい!お風呂も水漏れしていない!

    ③次は、洗濯機の給排水調査。洗濯機を移動しておおがかりだ。ここも漏れていない。
    ④次は、洗面台。ここも漏れていない。
    ⑤次は最後、トイレだ。ここも漏れていない。もう一度お風呂の排水溝に数リットル水を流し何度も、何度も調査。

    お昼を食べるのも忘れて、私も私的な荷物を移動しながら見ていた。最後はメーターboxを開き水圧のテスト。
     令和2年7月28日⑥
    ・水圧異常なし。朝から午後2時頃まで水回りの設備を全て調査したけれど異常なしということで空振りで終わった。しかし、確実に台所前のフローリングは水漏れが広がっている。そして咄嗟に思いついた、左右対称になっているマンションの構造からお隣さんのメーターを見せて頂いた。
    何と、水道を使用していないにもかかわらずメーターが回っている!

     たまたまお隣さんは休暇で自宅に見えたので、急いで理由を告げたところ、だいぶ前から漏れている様子だという。早速、違う業者さんを手配してくれその日のうちに、私と同じように台所の流しの背面を切り、ファイバースコープを持ってお風呂の床下の方まで調査。
    業者さんが「あ、床下が湖になっている!」と叫びTVモニターを見せてくれた。兎に角、急いでどこの給水管が漏れているか探そう~と言って頑張ってくれた。ついにユニットバスの下ということが判明!
    (脱衣所の床を2か所切り、配管を調べている様子)↓
     令和2年7月28日④

    1日で、漏水箇所がわかったときは本当に胸をなでおろした。原因がわかったこと、お隣さんが協力してくれたこと、漏水調査費用はマンション管理組合が加入している保険で対応してくれること(各戸の配管修理代は個人負担)など全てのことがわかり本当に良かった。

     明日は、お隣さん宅の漏水箇所の工事である。マンションの水回りの設備が左右対称になっていることに咄嗟に気づいたことで明日から普通にお水が使える・・。7月初めから続いた九州や本州の大雨で多くの方々が河川の氾濫で被災された。未だ避難所で生活している皆さんのことを考えると私の2週間の漏水の悩みなどは小さなこと。でも、私にとっては真剣に悩んだ日々であった。

     二組の業者さん、お隣さんのご協力にとても感謝している。本当にありがとうございました。
     令和2年7月28日
    最後はこの壊れたフローリングを修理すれば築30数年のマンションも、まだまだ住める。
    良かった~。v( ̄∇ ̄)v

     4月22日(水)、市議会の会派代表者等で構成されているコロナウイルス会議が約1っか月振りに開催されました。
     令和2年7月23日②
    前日に市の対策会議が開催されているので議会を代表して参加している議長からこの報告を受け、その後この間の各会派からの市への要望等を議会全体の意見としてまとめて市へ要望するかなど決めました。

    【市の対策会議の報告】
    ・非接触性の体温計、貸出用は健康推進課にあること
    ・今年の避難訓練はコロナウイルス対策をして、実施していく方向である
    公共施設の利用については、各課で検討するが最近の感染者増加傾向を踏まえ、次回7月30日の市の対策会議で再度検討する。
    水系施設(公園などの噴水)の開放は8月8日以降になる(ただし、看板等で注意を呼びかける)
    ・7/21愛知県は53人感染し1日の新規感染者は過去最多となり、知事は第2波が来たと認識せざるを得ないと会見した。Go Tu トラベルについても東京を除く46道府県と、多くの反対の声に逆行して国は決めた・・等々。

    本市で感染者7例目 7/21→市のメールで知る
     7/20京都市発表の20代の感染者の知人(濃厚接触者) 20代男性・軽症
    ・近隣の東郷町で7/16に20代・男性の発症の確認を受け、東郷町は全ての公共施設を7/30まで休止すると報道で知りました。この男性は行動経路が分かっていないので感染拡大防止を優先したそうです。保健所と町で話し合った結果とわかりましたが、感染経路がわからないことの重大性が良く分かりました。
     BlogPaint
    本市で感染者8・9例目 7/22→7/23 県のHPにより知る(連休中のため)
    ・県内725例目の知人(濃厚接触者) 20代男性・軽症
    ・30歳代・男性 発熱・倦怠感 軽症

    【市議会から市への要望】
    ①長久手市の特徴として大学が4つあることからなど、単身で居住する学生や社会人が多いのでこの方々が空白でないか心配である。家族と同居していないので感染防止や体調管理に市としても何らかの方法で注視していくこと。
    ②夏休みやお盆の帰省や旅行で対して、尚一層の感染防止策の周知を行うこと。

     ※議会はこれまでもA4ペーパーで1㎝になるほど市に要望してきましたが、急な感染拡大で新たに緊張感を共有した会議とその後の連休に入りました。
     ☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★

     長久手市にはエコハウスが2つあります。南部地域は後発で出張エコハウスとう名前です。2か所とも5月末から再開しました。燃えるゴミは週2回ですが資源ごみはひと月に1回なので廊下を占領する時もあります。

    議会が一息ついたので片づけをしていると資源ごみが山のように溜り、ついにエコハウスに持って行きました。月曜休みなので昨日の日曜日はお天気も良くトランク一杯積みました。

    エコハウスはシルバーさんが数人お手伝いをしていて、分別の袋への入れ方を指導してくれました。持ちやすいようにビニールテープで縛った資源ごみは備え付けのカッターでビニールテープを切り、雑紙だけを大きな袋に入れます。袋に入れた雑紙は中身だけ入れます。そうすれば大きな袋の中身を再度分別しなくても良くなります。
     とても工夫されていて感心しました。
     BlogPaint
    いつもはゴミ出しカレンダーで間に合っていますが、今回は特別です。シルバーさんが「大島さん、めったに来ないね。〇〇議員、〇〇議員、4~5人の議員さんはよく持ち込んでくるよ」と言われてしまいました。そうなんだ、家族の人数が多いと回収ルートだけでは溜まってしまうんだな~。私は単身なのでカレンダーの日で足りてしまうんだと思いました。

    久しぶりのエコハウス。いろいろと見て回りました。プラスチック製容器包装のピンクの袋がこんなにある!
     令和2年7月20日⑤
    コロナウイルス対策として日東工業さんの協力で半額補助で購入できる宅配BOXの現物がありました。先着500個。オーバーした場合は抽選です。
     令和2年7月20日⑥
     宅配BOX:市のホームページから
     https://www.city.nagakute.lg.jp/kankyo/topics/takuhaihojo.html
    昨年度のエコハウス資源売却額=402万1千円 すごいなあ~。
      令和2年7月20日②
    リユースコーナーです。子ども服ですが点数が少ないように感じました。このコーナーにこなくても、ママ友同士で個人的に回しているのかもしれませんね。
     令和2年7月20日③
    最後はやっぱり、コロナ感染症対策の看板です。入り口に堂々と目立つようにありました。
     令和2年7月20日①

     エコハウスへ出しに行こうと思い立ったのは、なかじま議員と駐車場でお会いした時に段ボール箱を出しに行く姿を見たからです。私は頭が固いな~って思いました。議会の日に持って来れば部屋の廊下が片付くのにゴミ出しカレンダーばかりに気を取られていた・・・。
     少し頭を柔軟に使えば快適な生活を送れるな~って、勉強しました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ