2020年06月

     【 6月定例会2日目】
    昨日開催した教育福祉委員会、その後中島副委員長と2人で作成した教育福祉委員長報告を今日は議場で行い、討論採決の上「南中学校校舎増築工事請負契約」は可決されました。その後、市長上程議案に対して質疑を致しました。

    諸般の報告で、熊張苑(下水処理場)の機器改修工事費714万円が今年度末まで繰り越されます。原因は汚泥圧送ポンプオーバーホールで使用する部品のシャフトが中国で生産し出荷される予定がコロナ禍の影響で部品調達が困難になるので工期延長する内容です。

    質問で明らかになったことは、シャフトは2本で200万円、モーターの動力を伝える重要な役割があり国産品はないということです。6月中に入手でき8月頃には工事が完成するそうです。ポンプは2台あり交互に使用するので1台壊れると1台で稼働するので支障が全くないとは言えない・・という答弁でした。

    補正予算では、高齢者の安全運転を支援するために、65歳以上の方が使用する車に「後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置」の設置費の助成制度についてたずねました。

    4月1日から実施している国の制度であり既に購入した方には溯って適用されます。8万円~10万円の装置ですが、既に国がメーカーに補助金を出しているので半額で設置できます。国5割、県2割、市2割、本人1割で設置できます。7月から市内で積極的にPRしていくということです。

    長久手市税条例の一部改正では、個人市民税の非課税の範囲の「寡夫」を「一人親」に改め、同じく所得控除の「寡婦控除」も「一人親控除」に改められ、婚姻暦の有無にかかわらず控除額も一律30万円になります。シングルマザー、シングルファーザーが認められ不公平が解消されます。

    追加補正予算に「コロナウイルス感染症対策・宅配ボックス設置補助金」が1千万円あります。補助金の上限は2万円で500基分の予算でした。設置条件は市内に家がある人で、賃貸でも所有者の同意があれば設置できます。新築の戸建てやマンションでは既に設置されていますが、古いマンションにはありません。玄関前の階段やスペースは共有なので設置できる家は限られてしまいます。

    市内に工場がある「日東工業」さんと連携して7月か8月までには配送・設置方法等を協議して決めていくということでした。

    議案質疑は本会議で行うので質問は2回まで。来週の総務くらし建設委員会で詳細がわかると思います。
      家の近くを流れる香流川で亀を見つけました。名前を知らない可愛らしい花も咲いており、季節が流れていることを感じました。
     令和2年6月5日②

     令和2年6月5日①
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ 

     今日から23日間の日程で6月定例会が始まりました。一般的には議案は開会の2週間前に配布されて、議員はこの2週間内で良く読んで賛否を考えます。ところが新型コロナウイルス感染症対策として追加の議案が提出されたので日程が何度も変更になっています。

    南中学校の増築工事の請負契約の締結については、平素ならば最終日の6月26日に本会議採決となりますが急きょ開会日に委員会で審査し、明日本会議で採決します。学校関係の工事は夏・冬休みに集中して行うので一刻も早く可決して工事に着手するためです。コロナ禍のために3月から約3か月学校が休校となったために夏休みが少なくなり年度内に工事が完了するのか気になります。

    【南中増築工事について】
    ・今日上程され、提案理由説明があり、教育福祉委員会に付託されて審査しました。市では1億円以上の契約は議会の議決が必要です。私は自分が委員長をする委員会で審査するので詳細な契約内容を調べる中で3つに分けて分離発注されていることが分かりました。
    ①建築工事・・1億1,885万円 (市外業者)
    ②機械設備工事・・2,435万円 (市内業者)
    ③電気設備工事・・1,363万円 (市外業者)

    ・①の建築工事だけが議案書として配布され議会の議決が必要です。本市には1億円以上の建築工事を請け負える会社が現在ありません。そういう意味では分離発注は市内業者が機械設備工事②を落札できたので良かったと思います。

    ・委員会で、このことの質疑がありました。答弁は、分離発注したメリットは工事価格が抑えられ、入札の不調が起こるリスクを減らすことができること。設計金額を抑えることができるので市内業者の参入がしやすくなるということでした。設計の段階から考えていたことも分かりました。

    ・私は事前に調べた3種類の入札結果表を委員長という立場で事前に各委員席に配布しました。そして落札会社に対する質問が出ました。市内での工事暦の有無です。ありませんでしたが、県立芸大の改修建築工事1億8,500万円の実績があるので問題ないという答弁でした。

    ・4クラス増築しますが、来年度は1クラス増えることや車のロータリーに建築するので中庭に職員駐車場が移動することなどが委員の質問で明らかになりました。議案の資料は平面図・立面図だけなのでこの他にも沢山の質疑がありました。委員会では全員賛成で可決しました。
      玉ねぎ③
    明日の本会議で採決するので、なかじま和代副委員長と一緒に委員長報告書の作成を散会後も一緒に行いましたので夕方までに完成しました。
     私は昨年から2年間教育福祉委員会の委員長になりました。この時に副委員長のなかじま和代議員に、副委員長は委員長に何かあった時に補佐をする役割があるので、一緒に打ち合わせや作業をすることをお願いし、彼女も力強く対応してくれています。議事録は市民の代弁者の意見として長久手市議会に残されます。彼女と2人の目で作成するという事はとってもプラスになると思っています。
     本当にいつもお世話になっています。ありがとうございます。v( ̄∇ ̄)v

     5月25日(月)に通告した6月定例会一般質問について、担当部局からヒアリングの要請があり行いました。

    今回は2項目通告しましたが、新型コロナウイルス感染症対策については6点取り上げたので会議室では担当課の職員にずらりと囲まれました。
    例えば、愛知県・市町村協力金(50万円)については「たつせがある課」、コロナウイルス支援一覧表チラシは「情報課」、来年度の予算編成の見込みについては「財政課」、第2波・3波への対策は「健康推進課」・・というように縦割りの組織が第1項目の答弁を作成しました。

    ・かねてから、市議会の対策本部で数十ある支援制度について総合窓口を設けるように要請してきましたが、今日現在も設置はありません。国民1人10万円の特別定額給付金は「政策秘書課」が担当です。市民からの相談で、飲食店へのテイクアウト補助金(上限10万円)について問い合わせると、「たつせがある課」が答え、ついでに国民1人10万円の定額給付金の状況を訪ねると、政策秘書課へ電話が回されます。電話の保留時間が長くて驚きました。

    ・各種支援一覧表には、支援の数だけ担当課の電話番号が記載されています。事業主からの融資制度は商工会や金融機関というように、ある程度大枠が決まっています。小さな自治体なので総合窓口があれば市民はどれだけ助かるのかな~とヒアリングをしながら感じました。
     令和2年6月3日②

    午後は、今年から無会派議員がメインで使用できる会派室で4日から開会する議会の議案書の全てのページを読みました。所属していない委員会で審査される議案については本会議で議案質疑ができます。
     会派室の良さは内線電話があり、わからないことはすぐに担当課に問い合わせができることです。閉庁時間までかかってしまいましたが結局5つの議案に対して本会議質疑をすることにしました。
     (ほやほやの会派室・・)
     令和2年6月3日③

     令和2年6月3日④

    議会前の平日一日、朝から充実した1日を過ごしました。いつもの帰り道、田植えの終わった水田に一羽のサギを見つけました。
     令和2年6月3日①
    ベッドタウンの長久手市ですが、市役所は田園に囲まれたのどかな所にあります。私はいつもこのコースで往復をします。サギを見つけた時は後続車もないので車を停めてスマホを向けました。v( ̄∇ ̄)v

     5月、6月ともなると旬の美味しい食材が手に入り嬉しい季節になる。しかし今年はコロナ渦で自粛生活が続きなかなか難しい時期を過ごしてきた。

    自宅に帰ると、あの「アベノマスク」が郵便受けに届けられていた!日本政府が全世帯に2枚ずつ配布すると数か月前に約束したマスクだ。
     令和2年6月2日②
     本物だ!233億円が466億円になったアベノマスク。おりしも長久手市の社会福祉協議会前に「マスクポスト」が設置されたと、行政報告で聞いたばかり。

    私は、1箱数千円で購入したマスクと手作りマスクでしのいでいる。現在はこれで十分足りている。どうしようか。社協のマスクポストに入れて、第二の役割を果たしてもらおうか。それとも、コロナとの戦いの最中、収束するまで最後まで持って置こうか・・。
     
    国民1人10万円=特別定額給付金申請書・・これは5月26日に届いた。
     BlogPaint
    アベノマスクもこの申請書も郵便局の職員が届けてくれた。両方とも全世帯だ。コロナ渦の中配達してくれたと思うと、まだマスクを手放すことは決心出来ない。

    後の時代になって「旬が大事」ということを子どもたちに伝えるために持っておこうかなあ・・。
    .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

    午前10時:議会運営委員会
    ・議会運営委員会のメンバーも新体制になり、ささせ順子委員長、なかじま和代副委員長の元、今年度の方針のもと濃密な会議が始まりました。

    ・6月定例会の一般質問も出揃い今回は18人中14人が行います。議場の3密を避けるため、執行部は質問の答弁部局の職員、議員は6人が交代で議場を退出して議長席で音声で質問を聴くことになり議場に残る人は12人と決めました。
     傍聴席は20席を10席に減らします。
    ・60分の持ち時間内で質問し休憩時間は15分とることにして窓を開け空気を入れ替えます。先週各会派から提案のあったことを参考に議長と事務局も協力して6月16日(4人)、17日(5人)、18日(4人)とメンバーも決めました。
    ・次回は、議会報告会をコロナ渦の中どのように開催するのか宿題となりました。

    次の会議は午後2時からです。無会派の議員は早速、昨日買った私物入れのboxの組み立て作業。
     令和2年6月1日④
    ・石島議員は電動ドリルを持参。田崎議員は陶生病院議会の合間を縫って参加・・。無会派議員は誰一人誰にも言われず自分の出来ることに一生懸命参加しました。いい光景だな~って思いました。

    16時からの、追加議案の説明会後は青山議長が音頭をとってZOOM会議が出来るか試してみました。
     令和2年6月1日①

     令和2年6月1日②

     令和2年6月1日③
    私は田崎議員にスマホへのアプリの入れ方を教えて頂き、無事に参加!次々と大きなモニター画面に皆の顔が映り始め、声も聞こえてきました。みんなが好き勝手に「できた~」って叫ぶので会議どころではありませんがとてもムードが良くて、「チーム長久手市議会」っていう感じ。

     青山議長はICTに詳しいです。自ら会派を解散して議長選に立候補されたので多くの面で前向きに議会運営が進んでいます。6月定例会が始まると、議員間でも考えが違い激論の場面もあるかもしれませんがこれなら異なる意見も尊重し合っていけるな~と思いました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ