2020年06月

     昨夜、議会事務局から訃報のメールがあり長久手町会議員・市会議員を5期務めた「加藤武様」が78年の生涯を終えたことを知りました。突然のことで、大変動揺しました。
     加藤さんとのご縁は、今年の5月で政治参加30年を迎える私の最初の選挙を担ってくださったことからスタートしました。

    加藤さんは長久手村で生まれ52歳から町政・市政と地域のために尽力されてこられました。

    市の文化協会では「さつき盆栽愛好会」の会員として参加し一緒に活動して参りました。地元の方なので庭や離れがあり盆栽も沢山見せて頂きました。私が国政にいってからは自宅での後援会主催BBQにいつも呼んでくださいました。

    仕事がら何かとお声掛けして下さるのですが、あまり話をしないので、でも応援して下さる・・不思議だなあと思う時が沢山ありました。通夜式で喪主の息子さんのご挨拶でこの意味が分かりました。「家では寡黙だった・・」そうか、と納得しました。通夜式で疑問が解けるなんて加藤さん、ごめんなさい。

    町会議員の選挙はたいていの候補者が自宅で行います。私の初挑戦は自宅の賃貸マンション2階でした。台所には加藤さんの奥様やお友達などが来て下さって運動員の食事を作ってくれました。その時は38歳でトップ当選したのですが開票日には大きな寿司桶3つに溢れるほど奥様たちの手作りお寿司を持参し台所で喜びあったことは今でも覚えています。

    私の活動の中には今でも、加藤さんはじめご近所の皆さまや奥様のお友達がいて支えて頂いています。政治を引退してからわずか5年で病に倒れたことを知り残念でなりません。
     お兄様の大島俊三先生(前名古屋芸術大学・学長)は、選挙では後援会長でお世話になっております。通夜式では大勢のご親族の方に何といってよいのかわかりませんでした。

    会場:思い出の写真コーナーで、在りし日の加藤さんと、さつき盆栽愛好会での集合写真も見つけました。みんな若~い。今も、ちっとも変わってないですね。
     令和2年6月30日
     30年に及ぶご支援、本当にありがとうございました。安らかにお眠りください。
             ○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○ ○●○●○●○●○

     昨日、土曜日の午前は私の住むマンション管理組合の総会でした。ふっと場所を確認すると隣接する「公園」でした。おかしいな~、毎年町内会の「集会所」を利用させて頂いているのに・・。
     BlogPaint
     25戸ですが、過半数の出席と委任状で総会は成立。午前10時から始まり正午近くにもなると日差しもきつく、皆さん暑くて立っていることが大変。
    ◎決算報告/来期役員選出
    ◎管理委託契約承認/予算案
    ◎大規模改修について 等々、議題は重要なことばかりです。

    最後頃は、なぜ「集会所」が使用できないのか・・熱中症の一歩寸前状態の雰囲気の中で話の方向が違ってきてしまいました。
    ・理事長さんのお話によると、集会所担当の役員の方の判断で「コロナ対策」を理由に借りることが難しかったとか。あれれ・・参加人数は事前にわかるので集会所は今日の参加人数では、十分3密対策がとれるのに変だな~と思いました。管理会社の担当者も代わっていましたが、もう少し集会所が使用できるような話し合いをして頂きたかったなあと。

    そして、翌日の回覧板で「コロナ禍における集会場使用について」という市役所からの事務連絡文書が回ってきました。これを読む限りは、利用できるのにと思って裏面をみると、他の自治会の『集会所使用に当たって』というチラシがありました。↓
     BlogPaint
     ・参考までにとありますが、人数が12人程度、使用時間1時間以内・・と書いてあれば、これが独り歩きしてしまうな~と感じました。何といっても、市役所からの連絡ですから誰も疑いを持たないと思います。私の町内会の集会所は和室+会議室と一体で使用すれば15人くらいはOK。南と北側にガラス戸があるので換気も十分できます。

    コロナ禍の生活が、管理組合総会の場所まで代えてしまう現実を経験し「これからは、当たり前」という考えは捨てなければ!と思いました。
     その後、皆さん何ともなかったようで安心しました。それにしても、場所が「公園」というのは前代未聞です。古いマンションなので独自の集会所もなく、他の管理組合さんはどのようにしているんだろうと心配になりました。
    v( ̄∇ ̄)v 

     6/4~23日間の日程で行われた議会は15議案と1件の同意案を全て可決して閉会しました。
    急を要した「南中学校の校舎増築」議案は6月5日、採決
    コロナ支援策の補正予算2件は6月16日、採決
    同じく最終日も追加の「コロナ支援策補正予算」が緊急上程され、真摯な審査のもと採決

    市は最終日に、コロナ支援策の3つ目の補正予算の可決・成立を待って「第2弾・コロナ支援策」のチラシを7月号の広報に挟み全戸配布の段取りをしていました
    (二元代表制のもと議会の議決前に、配布することは出来ません)

    午前10時に開会して、すぐに本会議を休憩して追加議案を1日で審査しました。皆さんの税金を何にどのように使うのかを審査するので、細部にわたりその効果、予算額を算出した根拠、市民への周知方法、該当する市民がもれなく支援金を受け取る方法など詳しく問いました。

    2つの常任委員会の正副委員長も議会事務局職員も、本会議で審査経過を報告しないと採決に入れないので審査後の文字起こしが、今回も大変でした。

    本会議再会は午後7時40分、全てが終わったのは午後8時46分。
    ・8月下旬の9月議会まで、しばらく議場ともお別れです。
     令和2年6月26日①
    ・家に着くと、お月様がマンションの上に輝いていました。
     令和2年6月26日②
    コロナ禍による税収減が今後2年ほど続くことが明らかになり、一般質問でもアクションプラン=リニモテラスのような不要不急な事業は延期するべきと訴えました。
    最後の議案であったリニモテラス建設工事請負議案
    反対議員:なかじま和代、冨田えいじ、渡辺さつこ、(敬称略)、大島令子の4名が理由を述べて反対しましたが賛成多数で可決されました。

    ・リニモテラスは長久手市の第4次総合計画からの事業です。反対した3名の議員は1期、2期目の議員ですが、過去の経過をしっかりと調査し、学び、堂々と意見を述べて採決に臨んだ姿を拝見しました。
     さあ、これからコロナ支援策を持って町にでよう
     令和2年6月24日④
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     昨日、長久手市に3つ目の交番が出来ると市から報告がありました!
    (仮称)愛知警察署市が洞交番です~

    工期スケジュール:7月上旬に仮設工事~令和3年2月/3月中旬開所
    鉄骨造地上2階建/市が洞一丁目1408 市内から市が洞地域へのアクセス道路のちょうど市が洞小学校前の道路に面した分かりやすい場所です。

    交番の設置者は「愛知県警察本部」です。市議会でたびたび取り上げられても、市としては「お願い」することしかできません。
     本市はグリーンロード(県道力石名古屋線=西へ真っすぐ走ると名古屋駅へ)によって、南北2つの地域となっています。北側エリアに2つ交番があり、南側エリアの「市が洞地区」には交番がありませんでした。
     令和2年6月24日①

     令和2年6月24日②
    交番の担当地区は、市が洞学区と隣の日進市竹の山学区
    ・最近の「長久手市安心メール」では、「空き巣」「不審者情報」「警察官を名乗る詐欺電話」など一日おきくらいに安心メールが届きます。

     本市選出県会議員は石井県議お一人です。行政からの働きかけ、市議会での質問、石井県議など多くの方々の熱心な活動のお蔭と思います。議員はオール長久手で活動しますが、市が洞地域にお住まいの、岡崎市議、田崎市議、前佐野市議のお力も大きかったと思います。
     私も仲間の一人として、嬉しいと思っています。v( ̄∇ ̄)v

     朝から夕方まで、議会最終日に向けて議会運営委員会や新規提出議案の説明会が行われました。
     令和2年6月24日③
    午前の議会運営委員会では市長出席のもと、明後日の最終日に「コロナ支援の補正予算」と「リニモテラスの工事請負契約議案」の2つを提案、審査、採決をお願いしたい旨の発言がありました。

     いつもならば、議案は開会の2週間前に配布し、開会日までに議員は読み、調査し、不明な点は質問するという事で進みますが、コロナ禍で国が児童扶養手当受給者支援策、生活困窮者への支援に補助金支出を決めたので、地方議会では該当者へ支給するために補助金等を一旦市で受けて、支出するために議会の議決が必要となります。4月から毎月コロナ関係の補正予算を審査、議決しています。

     議案が2つ提出されるということは、閉会日1日で、委員会、予算決算分科会を開催して委員会採決、本会議では当初に提出された議案も含めて全てを採決することになるので、夜中までに終わるかな~と直感しました。
     委員長報告作成、議場では賛成・反対討論、急に慌ただしくなってきました。

     リニモテラス建築工事は、3月の予算議会で「付帯決議」が附されましたが議会への詳細な説明もなく粛々と事務を進めています。修正案を提出した私は、行政の硬直した考えについていけません。明後日までに反対討論をまとめるという作業がでてきました。

    補正予算(コロナ支援策)約1億4,878万円
    ・避難所運営用感染症対策資材購入費=735万円以外は全て教育福祉委員会に付託されるので、これも2日間で調査・勉強です。以下主な事業。

    ◎学童保育所父母会事業支援=766万5千円
     小学校の臨時休業中に、午前中から開所した学童保育所へ経費負担。また、原則休所とした際に保護者へ利用料を返還した場合の経費補助。
     日額11,000×34日×11クラス(4学童分)、累積欠席者6,285人×500円等です。
     財源内訳(国・県・市が各1/3)

    ◎低所得ひとり親世帯等臨時給付金=3,818万円(全額:国庫)
    ・1世帯5万円+第2子以降1人3万円(386世帯見込み)
    ・特に大きな収入減の世帯は+5万円(229世帯分)→児童扶養手当の現況届を8月に行う時に把握できる。
    ※基本給付の児童扶養手当受給世帯は申請が不要。

    ◎非接触型体温計購入=465万円
    ・465個×10,000円 内、小中学校へ各クラス1個配布。他は各公共施設に。

    ◎医療機関支援金=1,040万円
    ・愛知医大に200万円 市内(医科)医療機関に20万円 42医療機関分 ※歯科医院・薬局は含まれない)

    ◎小学校飲料水配布=388万円・中学校=153万円
    ・1学期を8月7日まで延長するため、児童生徒の下校時の熱中対策として1人1本ペットボトル水(12日分)配布。

    ◎小中学校図書資料滅菌器購入=242万円
    ・学校図書室の書籍を除菌する減菌器を各小中学校器購入

    ◎図書ICチップ導入=5,489万円
    ・図書館にIC機器を導入して、貸出・返却がセルフで可能になる。機器導入費:2,000万円、ICタグ貼付け2,670万円(R3.3月末)

    リニモテラス工事請負契約の締結=1億6,170万円
    ・外構工事・電気機械設備込。事後審査型制限付き一般競争入札
    ※事前調査で2者での入札であったこと、落札率が94.67%と高かったことがわかりました。

    ・3月議会で予算が計上されました。私はリニモテラス事業のみを減額する修正案を提出した結果5人の議員の賛成で否決されました。その後、議会の意思として「リニモテラスには厳しい付帯決議」が附されて予算は成立しました。そして、コロナ禍で来年度は約4億円程の税の減収見込みです。
     予算がついたから粛々と事業を行うのではなく、経済・社会生活がコロナ禍で落ち込んでいます。政治は生き物、本当に必要で急がなければならないことから行うべきと思います。

    ・これまで、リニモテラス事業は何度も修正され変わりました。そのたびに、多くの議員は「このような施設は必要ない」と言ってました。有言実行、必要ないとか反対と言ってきた議員の反対討論を期待したいと思っています。川 ̄_ゝ ̄)ノ

    このページのトップヘ