2020年05月

     ユネスコは4月30日に学校再開について早期の対応を訴えた。
    1、十分な広さの教室や衛生管理の確保
    、通学による感染リスクはないか
    、インターネットを活用した遠隔授業の併用など
     休校の長期化で多くの子どもに学習の遅れが生じている。安全が確認されれば、子どもたちが取り残されないよう一連の対策を整えるための指針を示した。
      令和2年4月28日②
    5月1日 文部科学省も都道府県教育委員会に通知を出した。(段階的な教育活動の開始)
    小1・小6・中3の登校を優先させる
    ・進学を控える中3、少6、入学式だけ済ませ学校生活を開始できていない小1。
    リスクの高い学習を行わない
    ・3密状態での歌唱指導、調理実習・運動、グループ学習
    ・運動会や文化祭、学習発表会のの学校行事の中止
    給食は可能な限り品数の少ない献立で栄養摂取ができるように、可能ならば小分け済の形(弁当方式)
    登下校時間帯を分散。集団下校の場合は密集とならないようにする

    学校教育活動の進め方
    基本的な感染症対策を徹底した上での3密を避ける工夫→長久手市は子どもの人数が増えて南中は今年度校舎の増築予算が成立したばかり。果たして工事に着手できるのだろうか。
    体調の悪い教職員が休みやすい環境づくりの必要→これには家庭と連携した子どもの体調確認も必要だ。
    トイレ、給食の前後、外から教室に入る時の手洗い徹底。
    共用の教材、情報機器などの消毒
    児童生徒と教職員のマスク着用

    現在私の孫たちは最低限の日数で児童クラブ・幼稚園の登校を行っている。幸い夫婦が週1日づつ交代で休めるので週3日の通いで済んでいるが、この文科省の通達を全て読むと気が遠くなるほどのことが書いてある。

    学校再開は地域の感染状況の違いを踏まえて、通学方法や、ICTによる指導が出来る学校とそうでない学校があり、取組は様々と思う。
     子どものために、学校の設置者である教育委員会や学校が子どもの学びをどのように確保していくのか選択がせまられている時期に入ったと思う。
     「学校休校は5月末」までとなっている。残り3週間しかない。

     それにしても、わずか数週間で「学校9月入学」のニュースはどこのメディアも取り上げなくなっている。世の中は社会経済活動の段階的緩和にシフトされ子どもたちのことは一体誰が考えるのか。( ̄∠  ̄ )ノ

     長久手市の北部を流れる香流川~東はIKEAの辺りを源流とし西は名古屋市名東区へ流れている。豪雨の時は一気に水量が増えて浸水の心配もたびたびある。しかし、普段は多くの動物や植物が繁り、川辺は私たちの散歩コースになっている。

    今日は運動不足解消のためウオーキング。鯉や鴨たちは何度見ても嬉しい。
     【水辺の生き物&植物】
    鴨だ!人が近づいても逃げない。
     令和2年5月3日⑥

     令和2年5月3日⑤
    ・こちらは3羽で仲良しそう。
     令和2年5月3日⑧
    丸まると大きい鯉に遭遇!すれ違ったお兄さんが「日干しになっているミミズを餌に投げてやると寄ってくるよ」と教えてくれた。一緒に投げると、本当だ!鯉が近寄ってきた。でも、でも、日干しのミミズは手で触れない。草の葉でつまんで投げた~。
     BlogPaint

     令和2年5月3日1
    ・あ、鳩もいる。
     令和2年5月3日③
    水辺や堤防には沢山の植物が繁っている。5月の風に揺られて綺麗だ。
     令和2年5月3日2-7

     令和2年5月3日2-5
    ・よもぎもこんなに背が伸びている。
     令和2年5月3日2-2

     令和2年5月3日2-6

     令和2年5月3日2-1

     令和2年5月3日2-3
    ・粒粒の実を沢山付けている木も。
     令和2年5月3日2-4

     令和2年5月3日2-8
    時々散歩の人々とすれ違う。挨拶をしてくれる人が数人いたが、見覚えはあっても名前を知らない方ばかり。
     今日いちばんの収穫は「干からびたミミズが鯉の餌」。普段よりも多くの人たちが歩き、年齢も様々。
     散歩は楽しい、また歩こう~。☆★☆★☆★☆★

     文化の家が休館になり、私の所属している「長久手フィルハーモニー」も定期演奏会の中止、毎週土曜日の練習も中止となりました。
    オーケストラ内では11月の定期演奏会の楽譜の準備も各自進められていますが、練習=3密となるので新型コロナウイルス感染症が収束しないと皆で揃っての練習は出来ないのではと推測してしまいます。

    市内では休業要請のない店舗も営業時間の短縮やあらゆるところで3密対策、消毒等の措置がとられています。

    文化の家に久しぶりに出かけてみました。心臓部である事務室は開いており、予約した会場の手続きや演奏会の日程変更対応などが行われていました。
     文化の家は施設管理は民間会社に年間約8千万円で委託しています。契約の更新が6月にありますが3月~5月まで休館です。施設管理を請け負った職員がどのような仕事をしているのか、また9月議会の決算で委託費に変更があるのかないのか・・少し気になったので立ち寄ってみました。

    2階のアートリビングも行けません。2階の受付にもいつもならば2名の事務員がいます。
     令和2年5月2日①
    大小2つのホールも立ち入り禁止。
     令和2年5月2日②

     令和2年5月2日④
    誰もいないエントランス
     令和2年5月2日⑥

     令和2年5月2日③
    帰り道、ロータリーから文化の家を見上げました。
     令和2年5月2日⑤

     令和2年5月2日⑦
    長久手市が誇る文化芸術の殿堂は緑に囲まれ静かにたっていました。また、みんなと一緒に楽器を弾いたり、演奏を聞いたりしたいな!
     舞台・照明・音響・・いつでもスタンバイできるように、その日が来るまで職員の皆さん施設が錆びないように宜しくお願いします。ちょっと胸が痛くなった訪問でした。( ̄∠  ̄ )ノ

      午前10時から議会運営委員会、そして午後2時から議員全員に対して「新型コロナウイルス感染症対策・第2弾」の発表がありました。第2弾を実施するために連休明けの5月7日に臨時議会を開催します
     令和2年5月1日④
     令和2年5月1日①
    1人10万円を支給する(特別定額給付金)事業は全額が国からの補助金です。長久手市は人口が約59,500人で給付金は59億7,500万円。事務費(申請書発送委託費や郵送料)が約5,580万円です。
     10万円のオンライン申請開始は5月中旬で、申請書等の郵送を含めた事務は下旬と言う説明に「遅いね」という不満の意見が聞こえてきました。
     4月20日に閣議決定しているので住民基本台帳から早く準備も可能と思っていましたが「転入転出が多いので世帯をまとめるのに時間を要した」という説明でした。

    愛知県20万円+市20万円=40万円の協力金(休業要請と、営業時間短縮要請)は、県が条件を緩和したことによる追加額が9,000万円で事業所数も160から340に増加されます。

    市単独事業
    ◎全市民対象
    ごみ袋1世帯1袋(もえるごみLサイズ10枚入り)配布 143万円
    ・避難所の備蓄品にマスク等感染対策物品購入 550万円
    ◎小中学生
    ・児童生徒一人当たり3,000円の図書カード配布 2千460万円
    ◎子育て世帯
    ・児童クラブ・学童保育所の市独自の休会措置で利用しなかった保護者に子ども1人5千円 450万円
    ・保育園の市独自の休会措置で利用しなかった保護者に子ども1人5,千円 675万円
    ・お米券(5千円)=遺児手当、就学援助金、単身学生が対象 670万円
    ◎高齢者
    ・介護サービス事業所に各20万円の支援金+安否確認電話1人1回=千円 1,785万円
    ◎障がい者
    ・障害者福祉サービス事業所に各20万円の支援金+安否確認電話1人1回=千円 1,012万円

    これらの事業の合計額は約62億1900万円となり、補正後の令和2年度の予算は269億9,000万円となります。

    新型コロナウイルス感染症対策費は来年の3月までの期間限定で新たに「基金」を設置してここに財政調整基金を積立てて行う議案も上程されます。
     また、今年度中止・延期を決めた事業の財源や寄附をつのりこの基金に入れるという説明もありましたが、リニモテラス建築費や歴史民俗博物館など不要不急の事業の凍結も必要と思います。

     市の考えている中止・延期事業が市民まつりや児童館まつり・・という説明で驚きました。令和2年度の予算を見直して数億単位の予算の執行残がないと令和3年度の予算が組めないのでは・・私は事は深刻であると思っています。

    この日開催した第3回市議会新型コロナウイルス感染症対策会議で、市全体の予算の見直しも議会として具体的に市長に要請することを提案し了承されました。

    朝から3つ会議をこなし空き時間に議員控室で、説明のあった事業の詳細を伊藤真規子議員(共に無会派)と一緒にレクチャーを受けました。
     令和2年5月1日⑥
     商工業者に対するセーフティーネット保証制度はメニューが沢山ありますが、運転資金等は信用保証協会の保証が必要です。実質無利子とはいえコロナ関係融資は3年後からは元金の返済があるので、3年間で事業を立て直して継続していく必要があります。自分で事業を行うことの従業員や家族への責任の重さをひしひしと感じます。

    明日からは大型連休なので、仲間の議員もあちらこちらで打合せを行っていました。ささせ議員と野村議員は市議会だより「臨時議会号」の打ち合わせです。
     令和2年5月1日⑤
    7日の臨時議会は沢山のコロナ対策事業がありますが、何故図書券なの?等疑問もあります。学校休校は3か月目を迎え、他市ではネット環境を駆使しての事業なども報告されている中、金券配布は最も簡易で平等かもしれません。市教育委員会は国→県からの通達だけではなく今ある教育資源を活用した取組も出来ないのでしょうか。連休中も勉強します。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ