2020年04月

     先週4月10日(金)の愛知県独自の「新型コロナウイルス感染症・緊急事態宣言」発令を受けて各自治体の対応は必ずしも同じではなかった。

    私は学童保育所について2種類の意見にふれた。そこで月曜日の今日、市役所担当課へ出向いたが夕方、市の対応方針がHPにアップされると同時にやっと次長が現状の説明をしてくれた。
    (HPのトピックス・新着情報の上から6番目に詳細が掲載された)
     BlogPaint

     BlogPaint
    児童クラブは「市が運営」、学童保育所は「父母会に委託」していることが長久手市の特徴。
    このため、児童クラブの保護者への通知は「決定したので・・お願いします」であり、学童保育所に対しては市は「依頼=要請」となる。

     児童クラブは3密のリスクを回避するための事業の自粛であった。
    ▢世帯全ての保護者が医療従事者、警察、消防、その他社会の機能維持に必要な職種
    ▢世帯全ての保護者が上記以外の職種で休業できない
    ▢その他の理由で家庭保育ができない
     この3つに該当する場合は児童クラブは利用できるので、各施設に利用予定表を提出してくださいという決定であった。

     学童保育所は同じ主旨を依頼=要請する内容を各施設にメールしたことがわかった。
         依頼内容「やむを得ず仕事が休めない世帯に限り子どもを預かって下さい」と次長から聞いた。

    児童クラブ、学童保育所(保育園も)の自粛方針は、愛知県からの要請かたずねたところそうではなく、緊急事態宣言の主旨を受けて、市が独自に対策本部で考えたと分かった。
     そうか、県下の自治体で保育関係の施策や対応が違う理由が分かった。このことが分かったので今後は、議員と言う立場でベッドタウンという長久手市の現状に即した施策を考え、行政に提案できる。

    児童クラブは市が運営しているので保護者は意見が言いやすい。しかし委託事業である学童保育所は運営者も保護者も同じ保護者である・・苦慮している事情を知っても、私の立場では何も力になれない。

    私の娘が小学校の時、放課後の居場所は家庭しかなかった。保育園から1年生になった途端に娘は夕方まで家で独りぼっち。夕方仕事が終わって帰るとアパートの階段に座っていたので理由を聞くと、鍵を近所の子どもに溝に捨てられ家に入れず何時間も待っていたという。胸が張り裂けそうな記憶は今でも残っている。
     この実体験は60年過ぎた今でも忘れられない。子どもの放課後の居場所は議員になった時真っ先に取り組んだ政治テーマ、今も同じである。

     今回のような目に見えないウイルスとの戦い、終わりが見えない戦い、60代の私に出来ることは子どもを守り、仕事を持っている保護者が安心できるまちにすることであるがあまりにも大きすぎて涙が出てくる。
     自分との戦いでもあると感じている
     ( ̄∠  ̄ )ノ
     

     2020年4月10日(金)愛知県は新型コロナ特措法に基づかない独自の「緊急事態宣言」を出しました。明日からは土日。学校の臨時休校が4月19日までであったが5月6日までに延長されたことはベッドタウンの長久手市にとって子育て世代の市民は複雑な気持ちであると思った。

    入学式、始業式の翌日から休校となった。約1っか月子どもたちは児童クラブ、学童保育所へいくことになる。しかし一方で、宣言では大勢が集まるイベントの開催を控える協力を要請しているが放課後の子どもたちは国が定めた児童クラブ、学童保育所の面積では過密すぎて保護者から心配の声が上がっている。

     今朝は市民の方から、会社では学童保育所があるから出勤できるだろうといわれているが、過密な学童保育所で一日中過ごす子どものことを心配した意見が寄せられた。
     知事は「宣言は強力なメッセージ。1人1人の行動で感染症を食い止めていきたいと」呼びかけ、本市では保育所、児童クラブや学童保育所に対しても「3密」のリスクを回避するために早いお迎えや事業は継続するが自粛を求めることになった。

     経営者の言い分と、役所の方針の狭間で悩み苦しんでいるのはそこで働いている人々・・。

    法的拘束力はないが外出自粛の強い要請は、飲食店ビルのオーナーにとっては店子泣かせである。また今回の緊急事態宣言により多大な影響を受けることになった職種も浮き彫りになった。そして何よりもその方達がすぐ生活の隣にいるということもである。

     このようなことを解決することが政治の役割ではないかと思うのだが、現実的には政治は右から左に素早く事を動かせない仕組みになっている。胸が痛い・・。

    私の住むマンションの管理受託会社から今日1枚のチラシが投函されていた。
     BlogPaint
    ・ええ、実施できない業務?⇒総会支援業務(感染防止ができない集会への出席見送り)と記載が。毎年5月末に開催されている総会が開催できないなんて!マンションの共益費には修繕積立金も含まれており築年数が古いので修繕も総会で決定され実行されている。

    ・昼間は、クレジットカード整理の為に退会の電話をしたが営業時間短縮で午後5時が4時までに変更となっており手続きはできなかった。

    新型コロナウイルスは、命にかかわること、生活の糧に係ること以外の日常生活の中にも侵入してきているんだ。
     いかに、市民社会は様々な繋がりが複雑に絡んで成り立っているのか、緊急事態宣言により改めて新型コロナウイルスの恐ろしさを経験している。

    市内の公共施設が4月末から5月末まで臨時休館となったため、趣味のオーケストラも3月、4月、5月と練習場所がなく定期演奏会も中止となった。開催のめどは立たない。

    新型コロナウイルスのことを書くたびに、山中伸弥教授の「桜は来年も帰ってきます。人の命は帰ってきません」というメッセージがよぎる。

     今週はじめ、娘宅の4番目(一番下)の孫が幼稚園に入園しました。現在3歳7か月ですが生後3か月から通った保育園に別れを告げて2歳上のお姉ちゃんと同じ幼稚園です。
     共働きで4人の子育て中ですが、これからは幼稚園と小学校児童クラブの2か所のお迎えになったのでパートナーと1カ所づつのお迎えになり、少し負担が減ったようです。

     先日2人の幼稚園の制服がありました。小さいな~。成長したとはいえ制服まだこんなに小さい~
    玄関に並んでいる靴も大小2足。みんな上の子のおさがりのようです。

    新型コロナウイルス対策で入園式の付き添いは大人1人。式も15分で終わったそうです。
     BlogPaint
    泣かないで行けるかな??)
     BlogPaint
    幼稚園の2人は、午後からはナーサリーへいき夕方まで混合クラスで一緒に過ごします。娘が仕事を終えて5時半頃にお迎え・・待ちわびたような笑顔でお母さんの所に走ってくる姿が目に浮かびます。

    こうして1年、また1年と孫4人が成長する姿はとても速く感じます。そういえば昨年秋はまだおむつをしていたのですがいつの間にかトイレに行けるようになっていました。

    2段ベッド、学習机が置かれ、自転車も大小様々。ベビーカーやベッドは友達と譲り合っているようです。

     娘家族には乳児がいなくなり子育ても新たな段階に入ってきました。小学校が5月6日まで休校になり、児童クラブ2人、幼稚園2人、毎日家族全員6つのお弁当をつくる生活がスタートしました。
     私も先日お弁当のおかずになるようなものを少し差し入れ。1日分ほどですが娘はとても喜んでくれて嬉しかったです。
     令和2年4月9日③
    毎日、お弁当箱を洗い、食事をし、洗濯、幼稚園や学校の準備、身の周りの世話・、気が遠くなりそうな家事仕事。パートナーと分担しているようですが詳細は不明。でも仲が良さそうなので心配していません。

     私は今まで通り「自分の足で立ち 自分で働きパンを得る」これが独立した娘との良い関係を築く哲学と思っています。新型コロナウイルス渦のなか新年度が迎えられ少しほっとしました。v( ̄∇ ̄)v

     今日、午後から我が家でお花見しませんか~とお誘いが。長久手市から名古屋に転居して1年あまり。新居訪問のチャンス!喜んでおじゃましました。
    ジャズピアニストの「シュワッケンディック・ダニー&洋子ご夫妻」の新居はマンションの3階(メゾネットで2階まで)。リホームしたご自宅は築30年を感じさせない素晴らしい雰囲気でした。

     入り口の部屋はピアノ教室にして1階はワンフロアーの大リビング。2階の階段を上るとルーフバルコニーが広がっていました。

    コンクリートのバルコニーが大変身。全てIKEA・コストコ・ニトリとか。
     目隠しの緑は「IKEA」、椅子は「コストコ」・・。↓
     令和2年4月8日⑦

     令和2年4月8日⑧
    こちらは全て「コストコ」・・。↓
     令和2年4月8日⑪
    コンクリートのバルコニーは全てIKEAから仕入れた床板・人工芝・目隠し用人工観葉植物。
     令和2年4月8日⑥
    ダニーのピアノ教室の教え子さんも少し一緒にお花見。(奥様の洋子さんと教室の生徒さん)
     令和2年4月8日⑫

     令和2年4月8日②
    ダニーはアメリカ人ですが焼酎が大好き。1階のキッチンで私たちの飲み物を作って運んでくれました。
     令和2年4月8日④

     BlogPaint
    バルコニーの後ろに天白公園の桜が見えます!
     令和2年4月8日⑨
    洋子さんのセンスは素晴らしい~。アメリカにいるダニーのお母様に教えて頂いたそうです。
     令和2年4月8日①
    夕方になっても空が青く、地中海を臨んでいるような雰囲気。
     令和2年4月8日⑬
    まだまだシュワッケンディック家の休日は続きました。夕方からは1階でダニーが自分の好きな食べ物を作って私たちに「どうぞ~」メシアガッテネ!日本語半分英語半分ののダニー。
    (チャーハン&焼酎の水割り)
     令和2年4月8日⑤
    (スパゲティサラダ)
     令和2年4月8日③

    新型コロナウイルスの影響でジャズピアニストのダニーはしばらく仕事がキャンセル続き、実は翌日から仕事が入るのでこの日が長~い休日のラストデイ。
     音楽関係の仕事をしいてる国際結婚カップルの友達が気になっていたところでの連絡でした。
    良かった!ダニー、明日から仕事が入っているんだ!仕事が出来ることを3人で喜びお花見を兼ねて旧交を温めました。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     先週の土日2日間かけて、自宅マンション1階専用庭を掃除しました。冬の間枯れていた草の間に緑の草が繁ってきたのでやっと重い腰をあげました。
    まずは新しい枝が茂りはじめた1年前に切った木の枝をバサバサと切りました。昨年買ったのこぎりが使えました。なかなか枝が切れませんが、引くと簡単に切れ始めました!
     令和2年4月7日①
     のこぎりは使い始めるとどんどん枝が切れるのでついに散髪したようにスッキリなりました。
      令和2年4月7日②
    木の根元にあるひばの枝は2週間ほど前に九州の友達が椎茸を送ってくれた時に箱に敷き詰めてあったものです。強いな~。まだ全然枯れていない。すごい生命力。最初見た時人工的に作った葉と思ったほどです。↓
      令和2年4月7日④
    専用庭には緑色の人工芝のカーペットを敷いてあるのですが風雨にさらされて、今では緑の葉が取れて黒い下地がところどころに見えます。その弱くなった隙間から次々と雑草が伸び、枯れて、1年中私を悩ませます。
     すぐに抜ける草、刃物のように手に刺さる草。抜けない草はのこぎりとハサミで。

    2日目は木の枝を、長久手市指定燃えるゴミ専用の袋に小さく切って入れました。この作業は手間がかかります。「木」は燃えるゴミに分類されるので指定ゴミ袋を使用するのですが次々に穴が空いたり裂けたりして2枚ほど無駄になりました。
     令和2年4月7日③

     令和2年4月7日⑤
    マンションの専用庭ならば私でも草取りは出来ますが、高齢者で戸建ての家に住んでいる方は庭師さんにお願いするか、シルバー人材センターの剪定担当者にお願いするしかありません。

     長久手市は「緑」を残すことが市長の公約です。しかし、歳を重ねて自分で庭の手入れが出来なくなった方は私のように大きくなった木々をバッサリ切ってしまい戸建住宅の庭から緑は減ってきています。
     3月議会で「緑化管理」という視点で木の枝を入れる専用のゴミ袋を作らないかという通告をしました。新型コロナウイルスの感染拡大で質問が中止になってしまいましたが、行政は緑を増やそうとしても、庭を持っている方々が手入れが出来なくなり緑が失われていきます。

     私もゴミ袋がもっと使いやすく破れなければ、2日間もかからず1日で出来たように思いました。区画整理事業で宅地化が進み「緑」は消えてゆきます。せめて一般住宅の庭から緑がこれ以上なくならないように、小さなことでも改善する市役所になってほしいと思いました。(高齢の単身世帯は女性が多いです)v( ̄∇ ̄)v 

    このページのトップヘ