2020年02月

     教育福祉分科会2日目。早朝に議会事務局から今日の予算審査に教育部長が出席できないが・・という一報。分科会と同時刻に新型コロナウイルス対策の為に「臨時校長会」を開催し昨夜の政府の要請で大村県知事からの県内の小中高校を一斉休校したいという要請を踏まえての会議です。教育総務課次長をトップに予定どおり分科会開催を決めました。

    教育総務課、給食センター、図書館について審査をしました。
    教育総務課
    ・スクールロイヤー派遣委託=いじめ対策協議会委員の弁護士からこの制度の意見があり昨年6月から1っか月1回2時間ほど弁護士が勤務する。
    ・昨年夏、小中学校にエアコンを導入したがガス式エアコンのランニングコストが安いという理由で導入したが検証していく。冬も適正な温度管理の元使用しているかなど意見がでました。
    ・委員会で視察したN-ハウスあい=適応指導教室について、老朽化・破損について改善要望したが予算にどれくらい反映されたのか。(改修費が969万計上されました)
    ・南中学校に4教室増築を約2億2千万円程かけて行うが、生徒の増加のピークと合うのか、また4教室で不足しないか・・など多くの質疑がありました。

    給食センター
    ・この時間校長会が開催されているが、もし学校が休校になった場合給食センターはどう対応するのか。答弁は、長期では業者にキャンセルできるが、3月1日(月)納品の野菜は市が買い取ることになる。買取後はどのようになるのか・・・

    図書館
    ・新規事業として手話通訳の申込みがあった場合、90分を1回、60分を1回として予算計上があった。
    ・図書購入費2,000万円の予算の多くは新刊の定期購入。リクエストはカウンターで受け付けている。出版年が古い図書は県立大の図書館と連携し最大限市民の要望に応えている。
    ・新聞の保存は中日新聞は縮尺版で開館当時から保存しているが、それ以外の新聞の保存期限は1年であり要望があれば閲覧・コピーは可能である。・・・ちょうど午前一杯で閉会。

    急遽、午後3時から議会運営委員会開催呼びかけがありました。委員8名中1名欠席。議題も告げられず出席しましたがなんと「3月4日、5日、6日の代表・一般質問中止」が議題でビックリしました。
    ・中止の理由は「新型コロナウイルスに関する対応」ということです。私一人の反対で、2時間の議論で中止が決定されてしまいました。憤りで一杯です。こういう時だからこそ政治が(議会&市長)いつでも動いていなければなりません。

    【認められなかった私の主張】
    ・一般質問は通告制に基づいてほぼ全員が通告済みである。来週3月1日に議長が「議会全員協議会」を招集して全議員出席のもと決めるべきである・
    ・開催については、2月26日の市対策本部の方針に従うと可能である。方針に照らし合わせると議会は参加する人が特定できる。傍聴については、入り口での検温、消毒、手洗い、咳エチケット、議場はアルコール消毒、喚起でなど感染防止対策を講じることができる。開催前提で最善を尽くしそれでもなお感染リスクが高い時に判断するべきである。

    ・小中学校が休校と決まり、保育所、児童クラブ、学童保育所がどうなるのか情報がありません。それよりも、休校により職員の子ども(小学生)25名、嘱託職員の子ども32人に影響がでるから・・え?一般質問の3日間に議場に出席する職員は限られていますよ。(正職員400人、嘱託職員600人)

    【優先すべきは予算を早く可決?】
    ・多数派の議員から、予算を早く通すべきだという理由で一般質問の日の3月5日に予算決算委員会で採決し、同じく6日に本会議を開催して議案を採決する必要が強く主張されました。
    ・私は18人中、無会派6人からの1名枠の議運の委員です。いつもと違って「採決!」「採決!」、市の対策本部が4回開催されているというのにHPにも情報がない、会議参加者からも書面での会議録の提供もない、このような中で強行採決でした。今までの議会運営委員会とは何か違う引力を感じました。

    【今後の議会日程】
    〇3月5日 9:30~ 予算決算委員会→予算関連案の採決 午後:議会運営委員会
    〇3月6日 10:00~ 本会議 議案1号(来年度予算)~33号 討論採決
    〇3月16日 議会運営委員会 午後:追加議案説明会
    〇3月18日 本会議 追加議案上程→委員会審査→本会議・討論採決→閉会!

    議員も1市民ではありますが、こういう時だからこそ議会として市長に物を言う「議会」を開催できます。こういう時に議会の真価が問われます。市議会が1つになれない、本当に悔しい思いを感じています。

    3月5日、6日に私は委員会・分科会の委員長・分科会長報告を読み上げます。この日はUSBに会議の音声を入れて頂き帰りました。
     来週は中島副委員長と短期間でテープ起こしをして、報告書の作成をします。多くの時間がこのことに割かれます。

    長久手市地域防災計画には、災害時の議会の行動基準があります。議長は状況に応じて議会対応を協議する「災害対策会議」を招集できます。自然災害ではありませんが目に見えないウイルスとの戦いですから防災計画に準じた対応が必要ではないでしょうか。感染を防ぐために議会が休会していていいのでしょうか。

     たった一人の反対で決まってしまった一般質問の中止!私の判断は間違っているのでしょうか。( ̄∠  ̄ )ノ
      令和2年1月28日⑩
      □■*:;;;:*□■*:;;;:*■  □■*:;;;:*□■*:;;;:*■  □■*:;;;:*□■*:;;;:*■

      今日から2日間の日程で教育福祉委員会と予算決算委員会の分科会が始まりました。
    先週の3連休は、委員長として議事進行を行うために議案に目を通し、口述書を2種類作成しました。朝から忘れ物をしないように緊張して登庁しました。

    【主な議案】
    歯と口腔の健康づくり推進条例
    これは昨年6月議会で、歯科医師会からの請願を採択し、請願主旨がこの条例を制定して歯と口腔の健康推進を図ることであったので年度内に条例案が提出されました。
     全12条からなり、8020運動「80歳で自分の歯を20本以上保つ運動」・8520運動・9020運動の推進等です。
    理念条例ですが、市民、歯科・保健医療関係者、事業者、市民の責務が明らかにされています。

    児童発達支援センター条例の制定
    この議案は児童発達支援センター(令和3年4月開園予定)の運営を指定管理者により行うために提出されました。私は、昨年から一般質問で「市費100%で初めて設置されるセンターは、直営で運営」ということが望ましいという見地から先月も教育福祉委員会で滋賀県草津市(直営)へ視察に行ってきました。

     指定管理者制度になじむ施設とそうでない施設があると思います。指定管理者制度は2003年に地方自治法が改正されて新設された制度です。公共施設の管理運営を企業やNPO法人が代行して運営できる制度です。
    ・導入の目的、メリット・ディメリット、多くの観点から質問しましたが「市が発達支援室を設置し、しっかり指定管理者を評価し、チェックしていく」ということに終始した答弁で、明確な基準が担保される答弁は頂けませんでした。

    ・一口に公共施設といっても体育館、公民館、プール、文化施設などありますが、児童発達支援センターに通うのは療育が必要な子どもです。約5億円も投じて30人定員の施設を当初から指定管理するためには、議会に対してしっかりとした根拠ある説明が必要です。

    ・公募プロポーザルで事業者選定を4月~5月に実施、指定管理選定委員会にはかり、第3回定例議会で議決というスケジュールです。運営は「県指定」で事業番号は指定管理者に付与、期間は5年間。5年間も運営すると同じ事業者が特別な不祥事がなければ続けていくと思います。

    ほとんどの委員から多くの質疑と意見がありましたが、原案のとおり可決されました。民間企業の活力を活かした住民サービス、費用対効果・・今後は管理主体の選定手続きの透明化が課題となりますが、今日の委員会の議事録はホームページにもアップされるので今後見守っていく使命が議会にはあります。

    委員会後は分科会で令和2年度の予算を審査しました。(採決は後日です)
    ・先日来、娘と話す機会があり、深夜まで仕事をしている私を気遣って夕食の差し入れがありました。娘の気遣い第2弾は重たい予算書等を持って歩く私の姿のようでした。キャリー付のカバンをプレゼントしてくれるといい、ネット販売のカタログを送ってくれました。よく見ると私も同じようなキャリーバッグを持っていましたので早速使用。コロコロと引き、Good! 娘に感謝です。
     令和2年2月27日②

     令和2年2月27日③

    分科会のメインは来年度の一般会計予算です。
    ・福祉部、子ども部の6課まで審査すると閉庁時間ギリギリになったので、残りは明日に持ちこすことにして散会しました。

    いつも思うのですが議員それぞれの昼食時間の過ごし方があります。
    ・自宅に帰って食べる人。
    ・自宅で介護している親を見るために帰り、一緒に食べる人。
    ・私は、コンビニでお昼を買いました。外に出ると空気がきれいで気持ちが良かったです。青空も!
     令和2年2月27日①
    ☆今日は喉に空気が入り議事進行中に咳が続いた時間がありました。隣席の中島かずよ副委員長がすぐに察して委員長の仕事を代わってくれたので助かりました。その時に役立ったのが「口述書」。中島議員は昨年総務委員長を経験しているのでとても強いパートナーであると、強く感じました。ありがとうございました。
      .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ 

     昨日に引続き総務暮らし建設委員会、分科会で補正予算・予算の審査を傍聴しました。
    ・議案の中には、私も委員をしている「都市計画審議会」に対して市長から諮問され答申した公園西駅等区画整理組合地内の「先導住宅街区地区」の都市計画がありました。

    ・議案内容は、この1.5haの先導街区地区を「地区計画」によって「まちづくりのルール」を決めることです。もっとも気になったのは緑化率20%。敷地面積の最低限度が200㎡なので40㎡を緑化しなければなりません。

    ・また道路に面する垣又はさくは、生垣あるいは透視性のあるフェンスにして、ブロック塀は禁止です。議会での一般質問で「緑化管理について」質問する予定です。木が小さい時は管理はしやすいのですが成長すると造園屋さんにお願いしないと出来なくなる恐れがあります。
    ・この土地区画整理事業は「市施行」ですから販売しやすく整備することにより赤字を防ぐことが出来ます。ところが、先導街区は街区全てを大手のハウスメーカーさんがこれらの条件を受入れて一括して購入することになっているという説明でしたから賛成しました。条例改正案も委員全員が賛成でした。

    さて最も関心のある審査は、来年度の一般会計に計上されてる「リニモテラス事業=2億1,402万円」です。
    事業担当は「たつせがある課」
    ◎リニモテラスの建築費1億5千万円 ◎隣接する中央2号公園グレードアップ事業の設計委託費 ◎用地購入費など委託料・需用費・工事請負費・備品購入費・負担金等々が計上されています。

    ・分科会員の中には「リニモテラスは必要ない」とこれまで反対の意見を述べていた委員も数名いるのでどのような質疑と意見を述べるのか耳を澄まして傍聴しました。分科会なので採決がないので賛否は読めません。

    夕方、一般質問で取り上げる「確定申告」会場を近隣市へ見に行きました。
    【日進市】 正面玄関に大きな文字で会場案内です。
     令和2年2月26日②

     令和2年2月26日④
    【東郷町】
     令和2年2月26日③

     令和2年2月26日⑥

     令和2年2月26日⑧
     (広報と議会だよりが玄関入り口に揃って置いてありました)
     令和2年2月26日⑦
     (東郷町役場)
     令和2年2月26日⑤

    日進市、東郷町、長久手市は旧愛知郡3町でした。二つの町は人口が5万人を超え単独で市制施行をしましたが、消防・水道は現在も一緒に組合を作って行っています。このため議員間の交流もあります。

    日進市、東郷町は庁舎が大きいので会議室で確定申告を行っています。長久手市は手狭なことから3年前に農協、2年前からはイオンホールになりました。市民にとっては会場の変更に気が付かないかたもいらっしゃいます。例年2月15日~3月15日の申告期間中市内で相談を行いますが今年から相談期間が2月一杯となり、3月の期間は名古屋伏見の「電気文化会館」まで出かけなければなりません。

     税理士派遣により申告期間の1っか月間市内で実施している自治体もあります。長久手市は急激に人口が増え、また区画整理事業により不動産所得のある方も出てきているので私は1か月間市内で実施することを質問します。納税者が税金を期限内に収めるということは税金で事業を行う自治体にとってはとても大切なことと思います。
     源泉徴収法によりサラリーマンは給与から予め所得税が引かれ、年末調整をしてくれるので納税という意識が薄れるかもしれません。しかし、年金を受給しながら現役で働き収入が複数ある方、医療費や寄附控除がある方は確定申告が必要です。

     市民の方々は、色々な働き方をする人が増えています。給与なのか、事業所得なのか、初めての方にはどのように申告すればよいのか仕組みを相談にのってほしい方もいると思います。

     最も残念であったのは長久手市の「広報」です。
    日進市は広報1月号・・5,6,7,8,9ページで詳細に説明(計5ページ)
    東郷町は広報1月号・・6,7ぺージ+2月号2,3,4,5ページ(計6ページ)
    長久手市は広報2月号・・10,11ページ(計2ページ)

     担当職員の方には、市民の立場にたって今年の実施方法を振り返って頂きたいと思いました。
     川 ̄_ゝ ̄)ノ

     2月25日・26日は総務くらし建設委員会・分科会、27日・28日は教育福祉委員会・分科会です。
    私は教育福祉委員会所属なので傍聴席で審査を聴きました。こちらは委員9名です。議会事務局も2つの常任委員会の担当者を決めてくださったので仕事がやりやすくなりました。

     現在議会事務局は局長と課長、そして委員会を担当してくれる職員2人の体制です。少ない体制のなか本当に頑張って頂きありがたいです。委員会開会前には録音スイッチON、休憩時間はoffに。再会するとまたONに。委員会室を行ったり来たり、傍聴者への資料配布と議事進行のために沢山のことを行います。

     局長は次の担当課の出番を調整し、スムーズに審査が行えるように時間を気にしてくれます。お蔭で予定内の日程で審査が終了できます。

     お昼休みは市役所に隣接しているコンビニへ。通路を見ると乳がん検査のマンモグラフィー車がきていました。同僚の議員が以前この車で検査をしたそうですが、プライバシーや女性に配慮されていてとても良かったと話してくれました。
     令和2年2月25日②
    総務くらし建設委員会は条例の審査、採決を終了し、次に予算決算委員会・分科会に入りました。
     夕方まで審査を行い、続きは明日となりました。
     お疲れ様でした。v( ̄∇ ̄)v

     2月22日(土) 長久手フィルハーモニーの練習でした。今日は管楽器と弦楽器が分かれての分奏練習です。
    弦楽器は昨年6月の定期演奏会でヴァイオリンソ独奏とゲストコンサートマスターで出演してくださった平光先生にご指導を頂きました。約1年ぶりに平光先生のヴァイオリンの音色を聴いたときは、何とも言えない甘い豊かな空気が練習室に流れました。

    ♫♫ 先生は次回定期演奏会のメインの曲であるメンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」を1楽章~4楽章まで、弦楽器の響きや音色が大切な所をポイントを押さえて教えてくれました。
     私は楽譜に釘付けになってただ弾くことで精いっぱいの状態ですが、このように曲想を感じて演奏すれば感動できる!と、納得しました。

    ♫♫ 3時間という練習時間が超スピードで過ぎていきました。
     練習後平光先生の楽器を見せて頂きました。↓ 真っ赤なミュートに先生の若さを感じました。
     BlogPaint

     令和2年2月22日① - コピー
    ♫♫ 練習後は今回のコンマスと、打ち合わせ?きっと曲について細部の色々なことをお聞きしてるのかな~。
     BlogPaint
     (休憩時間 文化の家音楽室で)
     令和2年2月22日④

     風邪をひいてしまい、練習不足での参加でしたがいつも大満足で終わります。
     平光先生、本当にありがとうございました  ♫♬♫♬ ♫♬♫♬

    このページのトップヘ