2020年01月

     議員という仕事は究極のところ一人と思います。特に会派に所属していない、政党に所属していない、団体の応援を頂いていない、組織に所属していない・・新年会は自分が声掛けしないと難しい。

     今日は、かつて同じマンションに住んでいた友達と2人で新年会をしました。お互いに仕事をしているのでなかなか日程があいません。3か月振りの飲み会が新年会に変わったようなものです。なので場所も、時間もすぐに決定!
     お魚がいいね~ということで地下鉄藤ヶ丘駅の高架下にあるお店でカンパ~イ!
    ・お目当てのお魚です。
     令和2年1月16日②
    ・冷たいビールにはフグの天ぷらが美味しかった。
     令和2年1月16日①
    ・生ビールはお水のような感じになってきて、ついに瓶ビールがメニューにあることに気が付き変更。味わいがあって美味しい。

    ・幼稚園の先生をしていた友達なので、ついつい仕事の話になってしまいましたが自分の知らない子どもの世界を教えていただき勉強になりました。

     話題に終わりありませんが、お店には閉店時間があるので次回は「飲み会」ということで終わりにしました。1月の恒例の「後援会いちご狩りバスツアー」が無事に終わった後なので凄くリラックスできた時間でした。
     いつも、お付き合いありがとうございます。.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

      無会派の議員6人で「第2期子ども・子育て支援計画(素案)」について子ども部とヒアリングを行いました。
    この計画期間は令和2年から令和6年までの5年間です。パブリックコメントが1月21日~2月21日までおこなわれるので事前に各会派に対しての説明です。

    平均年齢40歳という日本一若いまちなので執行部の意気込みを期待しました。
    ・基本目標が4つあり「教育・保育環境」の目標に新規事業が2つありました。

    (新規)産休明け保育の実施→産後57日目からの保育の実施です。
    (新規)こどもの預かり事業の実施→子育て中の保護者が病院・検診の受診や短時間労働の時に保育の一時預かりとは別に一時的に預かる事業です。保護者が買い物などの間に育児から一時的に離れる時間も確保できることも目的に実施されます。
     シルバー人材センターの1階を改修して来年度から行われます。
     
    (新規)子育て支援アプリの導入→中電さんと協力して行政サービスの案内を発信できるようにするものです。
    (新規)児童クラブ・学童保育所の拡充→民間事業者を活用した児童クラブ、学童保育所が継続的に安定的に事業運営が出来るように運営面での課題を共有し解決すること。

    この他に、保育所・学童保育所等の利用の見込みと提供体制について今後5年間の一覧表が作成され過不足になる年度、事業がひと目で分かりました。今年度末までには行動計画の作成も行い進捗管理をしていくという説明でした。私は推計なので数年ごとに見直す必要性を質問すると、「毎年見直す」ということで少し安心しました。

    〇パブリックコメント 1月21日(火)から2月21日(金)
     多くの方が意見を送って頂くことが良い計画につながります。皆さま宜しくお願い致します。

    〇住民向け説明会:1月26日(日) 市役所西庁舎2回第7・8会議室
     
    こちらもご参加くださいね。

     この計画策定の基礎資料として市は昨年度アンケートを実施しました。この結果も資料として配布されたので議員控室で目を通しました。しかし、厚さ2.5㎝、全てを読むには何日もかかりそうです。少しづつ頑張らねば・・。↓
     令和2年1月14日①

    現在市議会には女性議員が18人中7人います。子育て中の女性議員はまさに我がごととして多くの議員が質問してきました。その成果を随所に見ることが出来て嬉しいです。私は娘や孫を通して現在の子育てをイメージしながらとりあげ、また自分の頃の経験も活かすことができたように思います。私の頃の経験は「苦い体験」でした。
     女性議員が多くいるということがどれだけ素晴らしいことか、執行部の丁寧な説明にも表れていました。子どもの定義は18歳です。全ての年齢に厚くはないことは問題というか課題と思いました。

     この計画は、行政は法律(子ども・子育て支援法、子どもの貧困対策法)に基づいて策定しますが、計画の冒頭には「長久手市・・・」と書かれますので、市民の方々も一緒に意見を述べて長久手にふさわしい計画となるようにしたいものですね。v( ̄∇ ̄)v

     昨年11月、市内の友人から側溝からの臭いがなんとかならないか。という相談がありました。民間が宅地開発した戸建ての団地です。当時のトイレは単独浄化槽で、台所、お風呂、洗面所などは食品残渣が出ないようにして側溝に汚水が流れるようになっていました。

    市役所環境課にお願いしてこの団地の浄化槽の調査をしていただいたところ、ほとんどの家が単独浄化槽で、建替えた家が数件ほど合併浄化槽であることがわかりました。
     根本的に臭いを解消することは、全戸が合併浄化槽にしなければならず時間がかかります。

    側溝の清掃は土木課の担当です。職員と一緒に出かけて、相談者の方から事情をお聞きしました。市役所が、業者に依頼して側溝の清掃と、随所が割れの補修で対応して下さることになりました。工事は11月末に行われました。

    工事が終わり既にひと月が過ぎていましたが久しぶりに側溝をのぞいてみました。
     綺麗になっていて、臭いもしない!割れている箇所がセメント(白い所)で補修されている!
     令和2年1月13日①

     令和2年1月13日②

     令和2年1月13日③

    側溝の部分は市有地で市が管理していることをご存知の方は意外と少ないです。私は、市民の方からお礼を言われましたが、市が当たり前のことをしてくださったのでその旨お伝えしました。土木課の担当者も3年に1度ほど清掃をすれば大丈夫と言いました。

     この団地にお住まいの方も、汚水に残渣が混じらないように気を付けていらっしゃるようです。
    この地区はまだ下水道が整備されていないので、現在は法律で合併浄化槽でないと家を建てることが出来ません。
     臭いの原因が単独浄化槽の家が多いからであると住民の方にご理解いただけたので、今後は直接土木課にお願いし、もしくは地域の皆さんで側溝の清掃などができるといいな~と思いました。
     迅速に対応してくださった、土木課、環境課の職員の方にとても感謝しています。
     ありがとうございました。v( ̄∇ ̄)v

     後援会のバスツアーも今年で30回目となりました。その内約20回は、豊川稲荷初詣+渥美半島でのいちご狩りです。この数年間は「いちご狩り」がいい!ねということで市内外からの参加者も多く、とても嬉しいです。
    いちご狩りがお目当ての参加者と一緒に私も食べまくりました~。
     令和2年1月12日⑨

     令和2年1月12日⑫

     令和2年1月12日⑥

     令和2年1月12日⑧
    ・かおり野、章姫、紅ホッペの3種類のイチゴが同じハウスにあり、食べ比べができました。始まって以来の出来事に皆さん大喜び。大粒のお紅ホッペを食べすぎたためかいつも40個ほど食べる人が20個しか食べられなかったよ~と。私は10個食べました。満腹です・・。
    後援会のバスツアーとは名ばかりで、こんなに可愛い子どもさん連れも参加していただきました。
     令和2年1月12日②
    2台の観光バスは長久手市内各地を回って参加者が乗車し上郷サービスエリアで午前9時に合流します。毎年、教員出身の「参議院議員・斉藤嘉隆さん」がお見送りにきてくれます。バス2台なのにわざわざ来てくれます。
      令和2年1月12日⑤
    ・今年は斎藤議員と私の議会だよりを一緒に配布させていただきました。
      令和2年1月12日⑦
    豊川稲荷に到着。バスガイドさんの案内で最初は出発するのですが、皆さん初めてではないのでそれぞれ参拝、お買い物を楽しんでいました。
      令和2年1月12日⑯

     令和2年1月12日⑮
    ☆私の「娘?孫?」のようです。↓
     令和2年1月12日③
    ☆孫へのお土産の一つ~。
     令和2年1月12日⑰
    ☆豊川稲荷正門前のお土産店「喜楽」さんは、毎年縁起物をくじで配布してくれます。
     令和2年1月12日⑬
    ☆今年も喜楽さんの従業員の方が、豊川稲荷の正門前で写真を撮ってくれました。
     令和2年1月12日⑱
    次の楽しみはホテルでの昼食です。約1時間30分のバイキング料理は好評です。
     令和2年1月12日⑭
    ☆友達が、お一人での参加者とのツーショットをいつのまにか、素敵にコラージュしてくれました!
    ・昼食時には全テーブルを回って、皆さんのお口に料理があうかお訪ねしました。
     令和2年1月12日⑩
    バスは渥美半島の新鮮野菜を販売している「道の駅」に、トイレ休憩を兼ねて1時間ごとに停車します。
     令和2年1月12日⑪
    私は、休憩ごとに1号車と2号車に交互に乗り換えて、お一人お一人にお礼を述べ、議会報告を話します。
    皆さん、通路から身を乗り出して聞いてくれるのであっという間に次の休憩場所に着いてしまいます。
      令和2年1月12日①
    帰りはビンゴゲームを車内で楽しんでいると、いつの間にか豊川インター手前の「ヤマサのちくわお店」に到着。今年は朝8時に出発して夕方6時に長久手に帰りました。タイムテーブル通りです!
     忘れ物もなく「天気予報」を見事にはねかえし、曇後晴れの素晴らしいお天気に恵まれました。

     一年に1度合う仲間~この関係が懐かしくていいんじゃないの~と誰かが言いました。妙に納得!
     無事に皆さまが家路につき、私も安心してこの日は眠れました。昨年11月から取組約2か月半。
    お友達同士、お孫さん、ご夫妻、小さなお子様と一緒に、お一人で、とそれぞれ参加してくださった皆様に感謝しています。本当にありがとうございました。

     昨日は3市(瀬戸市・尾張旭市・長久手市)の3市議員研修会が行われました。
    今年度の当番市は尾張旭市さんです。会場は「スカイワードあさひ6階ホール」でした。展望台からの360度の風景が素晴らしいかったです。
    ・中央の奥に御嶽山が見えました。(噴火により多くの犠牲者がでたことを思い出すと胸が痛みます)
     令和2年1月9日⑥
    ・北西に池があり噴水が花火のように見えました。
     令和2年1月9日⑤
    ・瀬戸、長久手方面をみるとデジタルタワーがひときわ高く立っています。
     令和2年1月9日④
    ・これも御嶽山が遠くに見えます。
     令和2年1月9日③
    講演会
    ・講師 元衆議院法制局参事 吉田利宏さん
    ・演題 「議会基本条例の活かし方」
     令和2年1月9日②
    〇衆議院法制局で15年仕事をされてきた方ということで、個人的にどのような講演か興味一杯でした。吉田氏はあらかじめ3市の議会基本条例を熟読し、各市の議会改革の取組について特徴を一覧表にした資料があったのでとても分かりやすかったです。各市により取組に違いがあります。

    瀬戸市さんでは、タブレット端末の導入、大学教授による議員研修(専門的知見の活用)が平成27年度から実施、平成30年度には委員長・副委員長の報酬の見直し・・等。

    尾張旭市さんでは、議会改革関係は議会改革推進特別委員会を設置して検討。議会運営委員会ではICT化検討会、令和2年度議会予算要望、常任委員会の配信映像について検討していました。

    〇長久手市は議会予算について議会としてではなく会派要望でおこなってきました。ですからなかなか予算がつきません。代表的な例が議事録作成予算です。本会議会議録の予算はあっても委員会議事録作成費の予算がないことがわかり、今年度私たち正副委員長がテープ起こしをしました。しかし、議会運営委員会で議論していないので議会として正式な来年度予算での要望はできませんでした。

    〇とても切実な問題として考えていた「議会事務局の充実」について、講師の吉田氏は「議会で生き生き働く職員を集めてください。議会がほしい人材をこの際、市長に要望してください」このことが、対執行部に対して、議会改革を側面支援させることになり、二元代表制を成立させる意義があると話してくれました。

    (まとめ)
    ・議会基本条例を定めることの意義として
    ⑴対議会内として改革を後戻りさせない。後の議会を縛る意味がある。
    ⑵対執行部に対して、議会改革の側面支援をさせる意味がある。
    ⑶対住民に対して、住民との約束を明らかにする=委員会などの会議の公開等の意味がある。
    このように、まとめて講演して頂き、議会事務局職員も一緒に聞いて下さったので改善の必要性を感じ取っていただけたのではと期待がふくらみました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ