2020年01月

     数日前に議長から連絡があり、会派代表者会議が行われました。
     議題は「議員報酬の改定」について、市長が諮問した報酬等審議会から答申がでたのでこれについて代表者への説明でした。

    報酬審議会は2回開催されて、常勤の特別職(市長・副市長・教育長=3役)と、非常勤の特別職(議員)の報酬の改定案を市長の諮問を受けて答申しました。
    ・3役については市長が2月定例会で条例改正案を提出する予定です。
    ・議員報酬については、議員が答申案を受けて議員提案で条例改正するか決めます。
     (議員の報酬月額案です)
     BlogPaint
    ※人事院勧告を反映して1.4%=5,000円の月額アップでした。今回のお願いは常任委員会の正副委員長のアップを審議して頂きたいということでしたが議員の報酬、正副議長も一律人事院勧告の1.4%という金額が反映されていました。
    ※報酬審議会から議員活動の詳細をしりたいということで昨年11月の一か月間、毎日どのような活動を行ったのか人事課からアンケートの協力要請を受けて私も毎日書きました。

    長久手市は現市長が自分の任期中は報酬を上げないという政治方針で報酬審議会が平成24年から開催されてきませんでした。これまでは職員と同様に人事院勧告に沿ってアップされたり減額されたりしてきたと思います。職員給与は人事院勧告を反映してきたのでこの間4%の開きが生じてきたそうです。しかし一気に4%は理解が得られないということで今年のアップ率1.4%分をアップするという答申でした。

    期末手当も据え置きでした。こちらは議会の判断で決めることができますが現在の3月を人事院勧告に合わせると3.4月になるとの説明でした。3役は3.2月にアップして市長が条例改正案を提案するそうです。

    ◎市長の政治方針で、任期中は市長のみ報酬を上げないということなので、特例案が上程されます。
    ◎特別職=3役、議員は6年ぶりの改定となりそうです。

     以上の内容を各会派で持ち帰って2月6日の議会運委員会で条例改正をしていくのか決めていくことになります。

     令和2年1月31日①
    ・新型コロナウイルスによる肺炎のニュースが連日報道されているので、終了後は教育福祉委員会の正副委員長として中島議員と一緒に保健センターに行き市としての対応をお伺いしました。市のホームページに記載してある以上の内容はない=愛知県からの指示に従っているという説明でした。

    ・まずは保健所に連絡して指示をうける。ちなみに瀬戸市・尾張旭市・長久手市の3市で構成している「公立陶生病院」に感染症対応の部屋があります。
     いつもとちがい庁舎内には「マスク」が置いてありました。
     令和2年1月31日③
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     先日、娘がWPL(女性政治指導者)サミット2019のフォローアップ会議でわずかな時間ゲストスピーカーを依頼されたので一緒に国会へ行きました。朝から一日娘と一緒に過ごせるなんて夢のようです。4人の小さな孫たちは娘のパートナーが引き受けてくれたので、新幹線の最終で帰路についてもOKと聞いた時はビックリ!孫たちは午後9時には寝るので・・。そうですね。

    東京駅はかわっていなかった。
     令和2年1月29日⑤
    ・私はいつも丸の内側からタクシーを利用していましたが、娘がメトロの駅と国会が直結しているよ~というので、そしてエスカレーターもあるし・・私は娘の秘書役をかってでたので言う通りに従いました。
    地下鉄の駅・・
     令和2年1月29日⑦
    ・本当だ!上下のエスカレーターがある。
     令和2年1月29日④
    ・議事堂と衆参議員会館は地下道で繋がっていますが、こんなに広くまた歩く歩道まで!
     令和2年1月29日⑭
    懐かしい!
     令和2年1月29日②
    ・新議員会館を初めて訪問。前議員のバッジを胸につけると自由に出入りが可能です。
     令和2年1月29日⑥
    愛知県選出で衆議院副議長の赤松広隆代議士の部屋に挨拶に伺いました。2011年の経験から防災ヘルメットがすぐに目に入りました。
     令和2年1月29日①
    ・議席表も懐かしいな~。↓
     令和2年1月29日③
    ・毎朝一番に見た衆議院公報。毎日印刷して届けられているのは昔も今も同じでした。
     令和2年1月29日⑬
    2000年に初当選した時に、国会は衆参合わせて女性議員が83人となりました。そして、議員会館も議事堂にも女性専用のトイレが急ピッチで設置されました。新議員会館のトイレもやはり気になりウオッチング。男女同数の他にこのようなユニバーサルトイレありました。
     令和2年1月29日⑩
     令和2年1月29日⑧
    夜の議事堂も素敵でした。
     令和2年1月29日⑨
    ・娘と一緒に。
     令和2年1月29日⑮
    ・議員会館地下の売店ではボールペンをゲット。
     令和2年1月29日⑫
    日帰りの国会でしたが、目的の会議の他に20年前にタイムスリップしたような時間を過ごせてとても幸せな一日でした。帰りの新幹線では駅弁も楽しみました。v( ̄∇ ̄)v
     令和2年1月29日⑪
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     個人版の議会報告を配布しています。この日配布したエリアは郵便受けの前に沢山の種類の「葉ボタン」を見つけました。
    鉢植えや地植え、色も形も様々でした。とても可愛らしいので写真を撮らせていただきました。
     令和2年1月28日④

     令和2年1月28日②

     令和2年1月28日⑤

     令和2年1月28日③

     令和2年1月28日①
    葉ボタンは食用というイメージでしたが、今ではお正月用には欠かせない飾りですね。どこのお宅も日当たりの良いところにありました。冬のガーデニングの強い味方~同じ町内に議会報告を配布させて頂きましたがこんなにも沢山出あってとてもハッピーな気持ちになりました。

    フット見上げると、個人のお宅の庭には梅の花が満開・・暖冬だあなと。
     令和2年1月28日⑩

     令和2年1月28日⑧

     令和2年1月28日⑨
    通りを渡って帰るときに、公衆電話ボックスを見つけました。「国内専用」とかいてありました。
     令和2年1月28日⑥
    自宅近くの公園の木が、こんなに可愛く剪定されていました。
     令和2年1月28日⑦
    12月の議会報告配布はまだまだ続きますが、お天気が良い日は嬉しいです。
     2020新春号おもて
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ 

     今週の委員会視察は関西方面でした。箕面市~草津市を一泊で視察したので新幹線や、JR、私鉄などを乗り継ぎました。
     名古屋インターに近い長久手市に住んでいると京都は車で日帰りできます。このため京都駅には初めて降り立ち乗り換え時間が50分ほどあったので少し駅周辺を歩きました。

    京都タワーへ
    ・ビルの上にあります。駅から信号を一つ渡ったビルの中からエレベーターで昇りました。
     令和2年1月25日③

     令和2年1月25日①
    ・お寺が見えるのかワクワクしましたが、真下に見えたのは東本願寺でした。
     令和2年1月25日④
    ・遠くに清水寺がかすかに見えました。
     令和2年1月25日②
    時間がないので、急いで改札口へ向かう途中にとても綺麗な絵が。3人で交代で蝶のように立ってみました。
     令和2年1月25日⑥
    ・改札口に近づくと近代的な風景が目に飛び込んできて、京都駅??と不思議な感じです。
     令和2年1月25日⑤
    事前の準備から始まり、議会事務局の職員のお手伝いのお蔭で新幹線で一路名古屋駅で視察も解散・・という時間です。
     今回随行してくださった職員は、昼食時に迷わず目的のお店に引率してくれました。長久手市は車のまちです。にもかかわらず公共交通機関をスムーズに乗り継げる・・不思議だな~学生時代京都で過ごした仲間の議員も、変わってしまった京都は分かりにくいと言ってましたが・・。
     もしかしたらこの日の為に「下見」をしてくださったのではと。ご本人は「はい」とは言われませんでしたが私は後援会のバスツアーのコースが毎年同じでも必ず「下見」に行きます。だから何となく感じるものがありました。

     他市の議会事務局の職員体制は本市の約2倍ほどです。現在4人で係りを決めて対応して頂いてますが、今回の視察で日頃と違った面を知り、嬉しくなりましたが申し訳ない気持ちで一杯です。
     無事に委員会視察が終わりましたが、この暖かい思いやりを今後の議員活動で活かしていこうと思いました。
    本当にありがとうございました。.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

     2月20日開会の議会定例会に向けて、2週間前の2月6日に来年度予算を含めた市長提出議案が配布されます。その前段として今日は6課から関連する説明がありました。
     内訳は新規条例案3つ、改正案1つ、その他2つです。議員としては新規条例案に対しては「初めて議決権を行使」します。

    令和2年1月24日①
    【1】愛知医大運動療育センタープール開放利用料金 無料から1回100円に!
     長久手市には市民プールがありません。愛知医大の室内プールを昭和63年から市民に開放しています/毎週日曜日/高校生以上/1人回あたり700円を市が負担。
    ・平成30年度利用人数/3,297人/約230万市が負担
    ・令和2年4月から愛知医科大学が100円(1人1回あたり)徴収する。

     私の質問に対して、愛知医大の方から人件費、ボイラー等燃料費の値上げのためと要請があった。他の議員からも約33万円ほどの負担なので市が負担してもいいのにね~との声も。消費税増税がこのようなところにも影響が出てきました。

    【2】児童発達支援センター条例の制定について
    ・令和3年度に開設を予定。指定管理者の公募選定手続きを来年度行うために「児童発達支援センター設置条例」を定例会に上程。

    ・えええ?今週直営で運営している草津市を視察してきたばかりなのに。既に「基本計画」では指定管理で運営と明記されているので粛々と4月から公募するということです。一般質問の答弁では「発達支援室」は直営で行いたいと答弁でしたが詳細な説明はなく事務手続きが進んでいく。

    ・運営についてはどうするのかと質問。規則・要綱で決めると答弁されたが、規則・要綱は議会の議決は必要がありません。議会の答弁どうりの市が責任を持って事業所として指定・共用開始されるのか心配になりました。

    【3】歯と口腔の健康づくり推進条例の制定について
    ・これは昨年6月定例会で議員提出の請願を全会一致で採択し、その請願主旨が市による条例の制定であるので新規に上程されることになりました。理念条例です。
    ・2回の市民説明会では多くの市民が参加し昨年11/27~12/26実施のパブリックコメント実施結果で、条例と解説書を整理すべきとの指摘をうけ直したそうです。現在法規審査中という説明でした。(◎)

    【4】債権管理条例の制定について
    ・市は様々な債権を持っているが各担当課が管理し課題は2つある。
    ①給食費のように私債権は徴収努力をしても回収不能となった未納額が欠損処分が困難であるため時効となっても欠損できず雪ダルマ式に増加。
    ②滞納処分により強制徴収できる税以外の「強制徴収公債権」等の徴収事務が確立していないため、事務処理の流れを整理する必要がある。

    ・大変に難しい条例です。
    <強制徴収公債権・・地方税、後期高齢者医療保険料、介護保険料、保育料、下水道使用料>
    <非強制徴収債権・・公債権→児童手当返還金等 私債権→給食費、児童クラブ費等>
     これらには「時効」があり、例えば後期高齢者・介護保険料は2年で給食費等は5年で時効です。時効の援用、債券の免除、放棄等あります。条例案を見ないと理解できないなあ~(〇)

    【5】国民健康保険条例の改正案
    ・長い間国保は自治体が保険者でした。平成30年度から県が保険者となる制度に変わったため毎年県から標準保険料率が示され県への納付額が決まります。来年度は加入者の減少により1,496万円減ですが一人当たり額は4,014円の増加です。市は一人当たりの保険税額を抑えることから県への納付額の財源不足を一般会計から2億6,142万円繰り入れします。(一人当たり3万100円:今年度比767円)

    ・他にも課題はあります。税率が3段階あり①所得割:8.14%→9.05% ②均等割35,500円→39,200円 ③平等割(世帯割)29,000円→29,200円
     ※議案が上程されますが、賛否に悩むところです。(?)

    【6】行政改革の重要課題事業(第2弾)発表
    ・事務の外部委託
     BlogPaint
    ・保育園の民営化
     BlogPaint
    ・放課後の児童の居場所事業のアウトソーシング推進
    ・広報全体の見直し→1/4頁に縮小してSNSを活用する
    ・ペーパレス化→議会関連のICT化の実施(◎)
    ・ごみの減量化(◎)
    他に、高齢者関係など12項目あります。
     
     これらに対して各議員は1月31日までに意見書を提出、市は3月議会中までに方針を出すということです。
    2月、3月は定例議会中に同時並行して議案以外への対応があり忙殺の2か月となりそうです。
     市民にとって、ベストな判断ができるように調査、資料の読み込み等、頑張って参ります。
    v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ