2019年07月

     3日前に、参議院選候補者「田島まいこ」さんの長久手市での街宣応援の依頼を受けました。12時~1時まで。え?午後1時からは議会運営委員会がある!
    短時間で多くの市民の皆さまに「田島まいこ」候補を知っていただきたい~という思いで打ち合わせた結果、自宅から徒歩3分のスーパー「平和堂」前で調整がつきました。長久手市には「立憲民主党」の市会議員がいません。考え方の一番近い政党ということで、前回の衆院選から応援させて頂いています。

    日頃お世話になっている方々にお声掛けをしたところ、平日のお昼にもかかわらず多くの方が足を運んでくれました。私も早めに出かけ、平和堂の責任者の方に「店舗前の路上で10分ほど街宣をさせていただきます」と挨拶に出向きました。気持ちよくご挨拶ができて、まずはひと安心です。

    ・街宣車の予定時間よりも早く、皆さんが次々に集まってくれました。田島候補は全員の方と握手をして、とても軽やかに、そして元気いっぱいです。最後の締めは私の応援演説です。時計を気にしながら弾丸トークで必死のお願いを致しました。↓さとうゆみ長久手市議も急きょ出向いてくれました。
     令和元年7月12日②
    その夜、田島候補のフェイスブックに今日の街宣のことがアップされていました。「オーラがある・・」と評されていました。娘と同じ年齢です。このように言われると尚更母性本能がでてきます。
     先日の総決起集会で本人も含め4人の方々のお話が今でも焼き付いているので、もっともっと応援の弁を市民の皆さまに述べたかったな~などと思いながら、市役所へ走りました。

    午後1時~議会運営委員会↓
     令和元年7月12日①
    ・前回の宿題となっている「議会報告会」のPR方法を11月10日の「市民まつり」でチラシを配布すること。
    ・チラシ作成は、今年も「なかじま和代議員」が引き受けてくださいました。
    ・テーマを、次回の「議会だより」で募集すること。また各会派でも検討すること。

    ・議会基本条例の検証については、次期とメンバーは次回以降に持ち越し。
    ・開かれた議会のために「議場開放」を市民まつりで実施できないかということは次回までに参加可能か調べるということで協議事項は終わりました。
     ※次回議会運営委員会日程 8月6日午前10時~

    通常国会は終わりましたが、地方議会の日程は毎日動いています。慌ただしい1日でした。
     参議院選挙も折り返しです。12名が立候補していますが何とか「田島まいこ」候補に4名の中に入ってほしい。次第にSNSで広がり始めましたが、これらを利用している人はまだまだ限られています。

     娘のような人が国政に挑戦している。それを応援している自分。明日はどのように応援しようかなどと考えながら1日を終える自分は、まだ青春真っ只中!
     こどもを大切にする国にしたい。人に上も下もない。そういう国にしたい。未来に不安がない社会にしたい。そして、また自分もその中の一人として国を信頼し政治を信頼して生きていきたい。v( ̄∇ ̄)v 

     昨日は、5月22日の規約改正で新体制になった「リニモテラス運営協議会」役員3名が、無会派議員に「この1年間の経過報告」を説明にきてくれました。リニモテラス構想は長久手市の第5次総合計画「人が輝き 緑があふれる 交流都市 長久手」の3つの主要プロジェクトの一つとして平成21年3月、今から10年前につくられました。これです。↓
     令和元年7月11日⑤
    リニモの長久手古戦場駅前に新たなまちの顔として、コンサートやイベント、オープンカフェなどに活用されるとなっています。イオンがこの広場、リニモテラスを囲むように一体的に整備されるイメージ図です。ところがイオンと協議が出来ずイオンは2年前にオープンしました。置き去りにされた市の主要プロジェクトです。

    ・これまでリニモテラス基本構想をはじめ数々の資料が公表され、市民参加の運営と称して数々のイベントが行われてきました。昨年末には建物の図面や模型も出来上がりお披露目されましたが、市長から「市民が主体的に関わっていない」という理由で出直させられました。「木造」ということも指示されたそうです。

    ・運営協議会から市の職員は去り、引続き「長久手市観光交流協会」が事務局を担当しています。コンサルの社員は1名アドバイザーとして名前がありました。

    ・今年度のスケジュールは11月に完成プラン公表、12月に議会(承認)、1月に指定管理方針決定となっています。議員からは、現在の運営協議会がそのまま「指定管理」になるのですか?。行政から誰も来なくてスケジュールが役員だけで進められるのですか?など、あまりにも紆余曲折している方針に疑問が続出しました。

    ・挙句の果てに、ある議員から目の前の事務局長に対して「市長のつくったごじから村の社員だったようだがなぜ現在の職についたのか」という質問まで出た時は驚きました。市の職員が退職後市長の創設した社会福祉法人の職員になっていることは知っていますが、その逆の人事が行われていることに一瞬「なに?」と思ってしまいました。

    運営協議会の規約第2条には「リニモテラスの設計及び管理・運営に関する事項を同市に提案することを目的とする」と書かれています。
     運営協議会は、スケジュールに沿った事務を行うために約300万円の費用を市へ負担金として要求するとまで書いてあります。

    ・市長の意向で新体制になった運営協議会は「市民が主体的に関わっていないから」という理由で新体制になりましたが、市民主体の組織はボランティアではなく(実費は除いて)、有償で活動するのならば第2のコンサルと思っても不思議ではありません。

    ・既に数千万円が使われ、今後用地費が1億数千万円、建設費を含めると約4億5千万円程にもなる事業です。「木造」ということも市長の意向で決定しているとのこと。先日5億7千万円不足して来年度の予算が組めないという財政状況にもかかわらず、あきれてしまいました。運営協議会の方々は市長の方針に沿って一生懸命に活動していることは理解できますが、市役所側から多くの説明を受けていないのではと疑問に感じました。

    予定の時間内では十分な意見交換は出来ませんでした。相手が市民となると職員ではないので議員は意見を言いにくいですね。行政はこのリニモテラスに税金を出すお手伝いだけなのでしょうか。市長と言えども「総合計画」から大幅に遅れ、変更が生じた場合は議会に丁寧に説明するべきです。

    この日、私たちの委員会室は「秋田県能代市議会」の行政視察で使用できませんでした。
     令和元年7月11日④
    ・能代市議会さんの視察内容は「住みよさランキング第2位である長久手市、どうして人口が増えているのか」ということがメインテーマと聞きました。議会の視察は「先進地視察」です。長久手市は「先進地」と思われています。

    大草という信号名の交差点には、こんなに美しい蓮「ハス」が咲いています。(長久手市内)
      令和元年7月11日①

      令和元年7月11日③

      令和元年7月11日②
    この意見交換会の後味の悪さは、上に立つ人に「しがらみがありすぎるのでは」と憶測してしまうものでした。せっかく開催してくださったのにすみません。川 ̄_ゝ ̄)ノ

     参院選挙は期間が17日間です。国会の1つの議席の重みを経験してから、無所属であっても自分の考えに最も近い政党の候補者を応援しています。それは電話かけであったり、街頭活動であったり・・様々です。前回の衆院選挙で投票日に用事があったので期日前投票にしました。

     今回も12人が立候補するという大激戦。既に用事があるので期日前投票を済ませました。
    それにしても、選挙区と比例区の2票、それに比例区は個人名もOKなので推薦ハガキが多くの方から届きました。
     令和元年7月10日②
    ・長久手市の期日前投票の会場:市役所西庁舎2階です。↓エレベーターで2階を押してすぐです。
     令和元年7月10日③
    ・公営掲示板もポスターが出そろいました。
     令和元年7月10日①
     12人が立候補しましたが、ポスターは7人の候補者です。ポスターを見ていると地盤・看板・カバンという言葉が思い浮かんできました。きっと3つ揃った人がゴールするのでしょうか。v( ̄∇ ̄)v

     議会は閉会後も継続して、委員会で所管する事業の調査ができます。早速、6月議会で2人の議員が一般質問で取り上げた「適応指導教室N-ハウスあい=在籍校があるが学校へいけない子どもが通っている」と「障害児通園施設すぎのこ教室=未就学児が親子で過ごしている療育施設」へ出かけました。

    N-ハウスあい 教室は市民野球場の管理棟の会議室です。
    ・老朽化が激しく、壁からは雨漏りがする。管理棟なので、専用の相談室がなくパーテーションで隔てられた部屋。個人の相談にのれない。
     令和元年7月9日教育福祉②
      令和元年7月9日教育福祉⑥
      令和元年7月9日教育福祉⑦
      令和元年7月9日教育福祉⑧
      令和元年7月9日教育福祉⑩
    ・床が平ではなくピンポン玉を置くと転がっていく。
     令和元年7月9日教育福祉⑪
    ・窓はあるが、サッシが弓なりになっていて、開かない。
     令和元年7月9日教育福祉⑤
    ・一日の予定がかいてありました。N-ハウスあいは午前9時から開いており、何時に来てもいい。午前10時から2コマ勉強(自学自習)。午後は選択活動なのでスポーツなどをやる。
      令和元年7月9日教育福祉③
    ・机は5人分しかなく、これは長久手中学校から頂いてきた。
     令和元年7月9日⑬
    一般質問で聞いたとおりのN-ハウスで、教育福祉委員全員が驚きました。1学期の段階で10人前後が通ってくるので、これから2学期を迎えると人数が増えこのままでは劣悪な環境で勉強しなければならなくなると思いました。

    トイレも問題だなあと思いました。子ども、教員、野球場使用者の3者が同じトイレを使用します。管理棟からと、グランド側(外)からと両方から入れるので先生方は悩んでいました。

    【すぎのこ教室】
    ・上郷児童館と併設されており、親子で利用していました。
     令和元年7月9日教育福祉①
    ・こちらも、築40年を迎え建物の老朽化が激しく雨漏りなどが目立ちました。
     令和元年7月9日⑮
    ・児童館の2階は児童クラブになっており、この部屋で東小の子どもが40人、放課後過ごしています。
     令和元年7月9日⑯

    二つの施設ともに感じたのは、老朽化が激しいこと。特にN-ハウスあいは不登校児童が30人在籍しているにもかかわらず机は11人分ほどしかない。
     教師の机が4人中2名分しかなく野球場の管理棟事務室机は専用できない。理由は、野球場を利用する人がいると、管理人さんが来て使用する、また何月何日何時から利用者がいるという連絡がなく、突然来られる。管理棟は生涯学習課が担当しており、N-ハウスあいは教育委員会であるという縦割りの弊害そのものでした。

    住みよさランキングが昨年まで愛知県1位、全国2位と注目されている長久手市で、不登校児童生徒の居場所がこのような現状であることに、行政側に「心」を持った人がいないと思いました。市長も既に2期目を終えようとしています。ご存知のはずです。
     今、不登校と言われる子どもは連続して30日以上学校を休む子どもです。市内には小中学校で58人(H30年度)います。この現実をどう受けいれてみるのか!

     予算の編成権のない議員として、どのような道筋で解決していったら良いものか。「子どもは宝」という言葉を孫を持ってからしみじみと思います。課題の大きさに胸が詰まる視察でした。川 ̄_ゝ ̄)ノ

     議会は終わりましたが、閉会中も市政に対して様々な活動があります。特に施策等に対して「意見書」という形で提出を求められている案件が2つあります。

    (1)長久手温泉(温泉事業部&あぐり事業部)の経営状況について
    ・毎年6月末の株主総会終了後に議会に対して「経営状況報告書」が提出されます。7月5日の閉会日に報告書は配布され、質問書の期限は12日(金)です。

    ・事業報告、計算書類、次期事業計画の全て(17頁)を読み、不明なことや、疑問に思ったことなどを意見としてまとめました。書類に通し番号がありません。このことを問い合わせると「長久手温泉が提出したものをそのまま配布したから・・」という返事です。

    ・(株)長久手温泉の代表取締役=副市長、取締役には3名の部長がいます。市が建設して運営は第三セクターによる指定管理方式です。全くの別法人ではありません。毎年指摘されていることが改善されない・・小さなことですが・・。決算内容に関しては、民間の温泉やスパが開業し競合するという理由で公にはできない事項があるので、事前に質問を提出して月末に意見交換の場で回答をいただきます。

    (2)行政改革の重要課題について
     7月1日に約2時間かけて詳しい資料で説明会がありました。長久手市は人口が増えて豊かな財政力維持してきましたが、ここにきて来年度予算で数億円不足するという事態の説明がありました。
    ・これに対して前置きで「例えば・・」ということでしたが
    ①受益者負担割合の見直し・・N-バスの料金など
    ②施設運営の見直し・・文化・体育施設、図書館などでの、業務委託・指定管理・使用料の見直しなど
    ③その他としてセーフティーステーションの見直しなど10項目の現状と課題が示されました。

     これに対する意見書の提出期限は7月10日です。そしてこれらをもとに説明会が8月に予定されました。

    集中して資料を読み、意見書を80%ほどまでまとめました。長久手市も次第に厳しい財政運営を余儀なくされそうですが、まずは市役所内での無駄がないか調べる方向で意見を書き始めました。
     
    令和元年7月8日
     この写真は、図書館となりの公園です。中央図書館の課題は「事業収入の見込みがないが、支出が多い」と書かれていました。民間への業務委託や指定管理制度の導入と記載があります。
     図書館からは各児童館の図書室にも定期的に図書が送られ入れ替えられています。図書館は収入があるはずがありません。単に収支率0.8%という記述に少し呆れています。記述する必要があるのでしょうか。公共サービスとは一体何とかんがえているのか疑問に感じる資料だなあと思いました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ