2019年06月

     昨日の6月5日(木)、今年度第1回目の長久手市地域公共交通会議を傍聴しました。委員は市内を走る公共交通事業者、中部運輸局、県交通対策課、愛知署、学識経験者、公募市民です。事務局は市役所の担当課です。
     令和元年6月6日③
    コミュニティーバスであるN-バスは公共交通として、この会議で諮らないと時刻表、ルート、便数、バス停の位置、運賃等々を決めることができません。市がN-バスの利便性を高めるために様々な検討をしても、民間バス事業者とのバランスを取る必要があるようで、最終的にはこの会議で了承が求められるようです。

    この日は、今年度再び実証実験が行われる高齢者等移動支援事業(定額乗合タクシー=N-タク)のことが報告されました。6月17日から始まる一般質問で実証実験の条件等を質問しますが、報告の中で答弁が判明してしまいました!昨年度の実験を踏まえた今年度の概要と改善事項一覧表に全て書かれていました。

     担当課である長寿化の職員が説明をしましたが、なかなかわかりにくい面がありました。すると委員が私が抱いた疑問を質問されたのでよ~くわかりました。
    ★実施時期 9月中旬~11月中旬の2か月間。
    ★対象者は65歳以上(約5,000人) → 75歳以上(約2740人)
    ★料金は500円 → 300円(これは3月議会で強く主張していたので良かったです)
    ★利用可能エリアは今回も市内限定です。長久手市の玄関口「藤ヶ丘駅」は名古屋市のためダメのようです。
    ★リハーサル期間を設ける(新規) 7/9~7/19の2週間です。利用者は無料で、通常の運賃は市が事業者に支払うとのこと。前回、延べ利用回数が696回で1日平均17.4人という非常に低調な実績のためと思いました。
     令和元年6月6日④
    ・アンケートの結果をみると、乗合タクシーを利用した人の67%がN-バス、一般タクシー、名鉄バスを利用していたということから、利用しなかった人の認知度は高かったと評価していますが、本当に認知度が高かったと思っているのかどうか考察をしっかりするよう意見がありました。

    今回の改善点で、本格導入に向けて真に高齢者の移動支援に効果があるのか、一般質問では粘り強く質問致します。

    他には、名鉄バス、リニモの利用者推移表が示されましたが前年度より微減していました。まだまだ車の町長久手だな~と感じました。またN-バスについても今年度利用実態調査を行い料金等の見直しも庁内で検討されています。収支率が近隣の自治体のコミュニティーバスと比較して4%と、とっても悪いので無料の年齢引き上げる、一回100円の料金をアップすることなども検討事項になっているようです。

    会議傍聴後は質問のレクを行い、5時半をすぎてしまったので庁舎が閉まり宿直の出入り口から帰りました。その後急いで農協の精米機で玄米を白米に精米して・・なんだか慌ただしく一日を過ごしました。
     令和元年6月6日②
    ・今回は30㎏入りの大きな袋を持参したのでお米が散ることなく無事に袋に入りました。成功!
     令和元年6月6日⑤
    .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o

      議会前は会議の傍聴や質問のレクで一日に数回登庁することもしばしばあります。今日は仕事の予定を全て午後に組めたので午前中は久しぶりに市内の「いちさん農園」にでかけ野菜を沢山仕入れました。
    今日のお買い物・・初物が2種類も
     令和元年6月5日②
    ・人参、ズッキーニ、ロメインレタス、きゅうり、紫玉ねぎ、じゃがいも。
    初収穫はズッキーニ(黄色&緑)
     令和元年6月5日③

     令和元年6月5日⑥
    すうようきゅうりと普通のきゅうり。すうようはいぼが出て持つと痛い。でも美味しいらしい。
     令和元年6月5日⑦
    かぼちゃは、まだこれから。花が沢山さいているので沢山実がなるそうです。
     令和元年6月5日⑨
    スイカ・・このスイカはとても大玉になるとか。夏が楽しみ~。
     令和元年6月5日⑪
    落花生です。私の故郷でも昔は沢山作っていました。
     令和元年6月5日⑩
    畑に着くと雪が待っているような風景が目に飛び込んできました。モンシロ蝶の乱舞!タンポポの花に止まっていて傍にいっても動きません?
     令和元年6月5日⑧
    不思議に思っていると、いちさん農園の隣にキャベツ畑がありそこには数えきれないほどのモンシロ蝶がいました。このキャベツに卵を生みに来ているのかな?そうだとしたらキャベツ畑は次は青虫だらけになる?
     令和元年6月5日④
    今日の野菜
     令和元年6月5日①

    ・野菜にはそれぞれ思い出があります。ズッキーニは韓国で食べた「王朝の韓国料理定食」の前菜で初めて食べました。今では身近で栽培されています。
    ・人参は今日から収穫OKと一柳さんが決めたそうです。これからもっと大きくなるそうです。
    ・ロメインレタスはマヨネーズのコマーシャルで最近よく見かけます。

     紫玉ねぎはサラダに合うのでこの時期は大量に仕入れて毎日食べます。空っぽの野菜室が満杯になり大満足。そして半分は娘宅行き・・。孫たちは必ず食卓に野菜が出されるので嫌いではありません。
     今日も思い出し笑い娘:ねえ〇〇ちゃん。うんちが固いとトイレが大変でしょ。だからお母さん(娘)はお野菜を食べなさいっていってるのよ・・。孫娘:うん~、はい。 v( ̄∇ ̄)v

      質問通告書の提出を待って、娘より若い年齢のママ友と3人でランチをしました。2度目ですが長久手近辺ではなく県外でもいいかな~というお誘いに少しワクワク。メンバーには1歳半の男児も一緒。ワンボックスカーでお迎え有りで私にとっては若いママ友の文化を体験できる嬉しい時間でした。

      全てお任せ。ワンボックかカーの助手席は見晴らしが抜群にいい。名神・中央高速を走り40分ほどで着いたのは岐阜県多治見市。20食限定の「ローストビーフ丼」を食べにきました。それにしてもどのようにしてこのお店を探したのかというと「インスタグラム」。え?私のスマホにもアプリをダウンロードしてくれて使い方を教えてくれました。

     インスタで見つけて予約なしで、ちゃっちゃと運転して、今どきのママは凄い。
     令和元年6月4日④
    スマホ画面で見たのと全く同じ「ローストビーフ丼」が出てきました。3人で歓声をあげて「いただきま~す」しました。足りなかったら焼肉を追加しようねなどと話しましたが味もボリュームも大満足。デザートは持っちりしたプリン。
    ・記念にお店の前で1枚。
     令和元年6月4日③

     令和元年6月4日①

     令和元年6月4日②

    多治見市からの帰りは下道。二人にはちゃんとプランがあってドライブスルーでコーヒーを買って・・ドライブを楽しむ。チャイルドシートの男の子はお母さんのスマホやDVDを見ながらご機嫌です。(これは娘と同じだな~)
     道路の右岸には川が流れ、左の山の新緑を楽しみながら一路長久手へ。

     ママ友は選挙でウグイスをしてくれたお2人です。親子ほど離れていますがこの日、私は「ママ」でした。中学1年生のお嬢さんの学校の話も聞けました。校区の端に自宅があるので何㎞もの徒歩通学では下着が濡れてしまい可哀想・・学校のエアコンは夏までに本当に間に合うのかな。部活の先生の話・・。ママ友の会話の中から、教育委員会から聞く学校とは違う、母親としての気持ちや心配を聞くことができました。

    インスタに載っていたお店の電話番号をカーナビに入れただけで、見事に美味しいランチにありつける・・今どきの「若者文化」を知り、時代が急テンポに進んでいることを実感。

     長久手は議員の年齢が、幸いにして幅があり良かったなあ・・と思いました。v( ̄∇ ̄)v 

     一週間が始まりました。6月議会の議案も配布され日程も決まりました。今日から明日の正午までが一般質問の通告受付です。今朝は早起きして通告書を完成させて提出してきました。
    今回は4項目です。↓
     令和元年6月3日①
    ⑴ごみの減量について
    ・3市で構成している焼却場の炉の延命化工事が始まります。工事期間中は家庭系のゴミは地区外搬出をすることになるため処理費用の負担が発生するので、また受入施設や受入量も決まっていない中、更なる減量化策をどうするのか。
    ・市内では事業系のゴミが増加している。要因は大型商業施設が連続してオープンしたことによりますが、市として事業者に対する排出抑制をどう行うのか。

    ⑵児童発達支援センターの運営について
    ・児童発達支援センターと上郷保育園は同じ敷地に建設されます。今年度は上郷保育園を建築、来年度は児童支援発達支援センターです。しかしセンターの運営方針が確定しないまま設計は同時に行われた。運営も指定管理と聞いており総額5億3千万円を投じて新設される事業に対する市の責任を明確にすること。

    ⑶本格稼働に向けて実施する2回目の定額乗合タクシーの実証実験について
    ・実証実験の条件(地下鉄駅までの乗り入れ、運賃を下げる等)の条件の見直しについて。
    ・モニター制度を導入して実施するが、どのような効果を期待しているのか。

    ⑷幼保無償化による、市への影響について
    ・本年10月(消費税増税月)から幼保無償化されるが今年度は国の全額補助が決定している。しかし来年度からは3歳児以上の保育料は市が全額負担となるため保育料収入がどの位減り、またその影響について。
    ・保育料には副食代(おかず)が含まれているが、これは無償化対象ではない。保護者には給食代の実費負担が生じることを(試算:月額3500円ほど)どのように説明していくのか。
    ・無償化されると、公立保育園は市が全額負担しているので保育料収入が減ると他の事業への影響が心配される。このため、指定管理や民営化にする自治体も予想される。公設公営を維持していく方針を明確にすべきと思うが。

     一般質問は6月17日(月)~19日(水)の3日間です。何をどう改善していくべきか論点を明確にして質問の準備にとりかかります。しかし、毎回60分の持ち時間が不足してしまうので今回も多いかな~と・・。

    歯科医師会から提出の請願「歯科口腔保健衛生に関する請願書」は岡崎剛議員が窓口になり各会派議員に説明がありました。健康寿命に口腔衛生は深く関係するので、全会派一致で採択となりそうです。
     無会派の皆さんに連絡をとり紹介議員の欄に署名をしました。

    午後は尾張東部衛生組合(ごみ焼却・埋立て)議会の正副議長の引継ぎ会に出席しました。
     BlogPaint
    ・私は前年度、副議長でした。
     例月出納検査結果報告書、議会関係人事記録の書類と帳簿2冊を確認して、新任の副議長である岡崎剛議員に引継ぎを行いました。
     新旧正副議長4人が集まり、口頭で議会運営や継続している問題等は話しながら行いました。

    その後、また市役所に戻り、気になっていた所管事務調査のことや視察について調べものをしました。議員控室に誰もいないのは質問通告書作成で皆さん自宅のパソコン前のせいかな~などと。↓控室
     令和元年6月3日③
    ・窓の外を見ると駐車場に出入りする市民の車が目に入りました。そして気になっていた住民課へ足を運び各種書類の申請書を見てまわりました。
     令和元年6月3日④
    ・これには驚きました。申請者の生年月日が「明治・大正・昭和・平成・令和」と5つです。
     令和元年6月3日⑦
    ・印鑑登録等の申請書も和暦の「令和」のゴム印。
     令和元年6月3日⑥
    ・住民異動関係は「令和=R」となっていました。
     令和元年6月3日⑤
    ★住民課長に和暦と西暦使用の理由をたずねました。
    課長:証明書の発行日は元号使用が通例となっている。法律的根拠までは不明。
    課長:生年月日について「日本人は元号で記載する。外国人の人は西暦で記載する」

     課長は市の例規集を持参して調べてくれましたが、私は「時間がかかりそうだな~」と思ったので、改めて調べてみようと思いました。他の課の申請書は「年月日」と印字してあるので和暦でも西暦でもOKです。住民課だけどのような理由で申請書に和暦を使用するのか、この日は分かりませんでした。

     長久手市でも、小中学校の卒業生名簿に外国籍の氏名の子どもさんがいます。私は今年度から2年間、教育福祉委員長に選出されました。
     先日、6月議会での所管事務調査で中島かずよ副委員長と打ち合わせをして「外国人のお子さんの児童生徒数及び母国語について」資料提出の依頼を教育委員会にお願いすることを決めたところです。

     教育や福祉は、一人一人の市民に直接関わる問題であり、人数が多いから、少ないからという考え方を前提に行われるべきではないと考えているので細かな配慮が必要と思っています。
     「課」によって、なぜ和暦(元号)なのか、なぜ生年月日(西暦使用もOK)なのか説明がつくような市役所になることを望みたいと思いました。v( ̄∇ ̄)v

     6月2日(日) 昨夜のリハーサルでの疲れも飛んでいき集合時間より早めに楽屋入り口に到着。9時に文化の家は鍵が開きます。午前中は昨日のリハーサルで指導を頂いた箇所を確認して、最後の総練習(ゲネプロ)を行いそして午後2時30分の開演を待ちました。

    さあ、本番。昨年12月の寒い季節から春を迎え、そして初夏を思わせる今日まで楽譜を見ながら苦戦してきた半年間です。楽しく演奏しよう~と皆で声をかけ合いました。

    14:25 1ベル 舞台袖で待機しているとどうやら満席で開演を5分遅らせると連絡です。私はこの言葉で一気に緊張してしまいました。40人ほどの友人知人が市内外から聞きに来てくださっていることが思い浮かんできたからです。やっぱりオープニングの曲はあがってしまい、練習時のようには弾けませんでした!

    馬蹄形の形をしているホールは正面や横、2階席などありますがどこの席に友達がいるのか分かりません。終わってから届いた写真を見て、あ、舞台の横から聞いてくれたんだ~と思いました。↓
     令和元年6月2日⑧

      令和元年6月2日⑥
    平光真彌先生のヴァイオリン協奏曲でのソロはとても素晴らしく、静かな会場に一筋の光のように、時には大海原で嵐に揺れる船のようになり響き舞台にいる私は聞き惚れてしまいうっかり出番を忘れるところでした。

    リムスキーコルサコフのシェエラザード(千一夜物語)では、同じくゲストコンマスの平光先生のヴァイオリンが、名実ともに音楽で「詩」を表現してくれました。
     海とシンドバッドの舟
    カランダール王子の物語
    若い王子と王女
    バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲。

    ブラボーの声が合図となって鳴りやまぬ拍手。アンコールはエルガー作曲「威風堂々」を演奏。それでもまだ続く拍手・・初めてです。半年ニラメッコした楽譜も今日でお別れ・・私も弾ききったな!と思った瞬間涙が頬に伝わってきました。

    聴衆の皆さまがいての演奏会、客席と舞台が一体となった本当に幸せな1日でした。
     友達が「石鹸フラワー」とハンドクリームを差し入れしてくれました。
     令和元年6月2日⑨
    恒例の記念写真
     指揮者の高谷先生を囲む女子ヴァイオリンの仲間と。
     令和元年6月2日④
     ヴァイオリンソロの平光先生と我がオケのコンマスお2人む加わって。
     令和元年6月2日③
     打ち上げ会場で(左:指揮者の高谷先生 中央:平光先生 右:元団長の永島さん)
     令和元年6月2日⑤
    高谷先生は人気者(ヴァイオリン命の女子お2人と)
     令和元年6月2日⑦

    ♫ 打ち上げは反省会でもあります。来場者数が711名=満席!と報告されると大拍手。お二人の先生からもご講評をいただきました。平光先生は「とても疲れた!」と。無理もないですね。協奏曲のソリストとメイン曲のゲストコンサートマスターでしたから。

     私も8時ごろには家に帰りましたがばたんきゅーでした。ところが来場してくださった方々から電話やFAKやラインが届きました。
    ・若い頃いった〇〇のキャバレーでのビッグバンドを思い出してすごく感動した??
    ・楽譜見ないで2時間も弾くなんてすごいね!「楽譜見ながら弾いてましたよ。ただパッとすぐにめくるから・・」
     ピアノが無いのに音が聞こえたから(@_@「多分ハープという楽器と思います~」
    ・広い舞台のあんなに大勢いて、とにかく初めて聞いたよ、オーケストラってすごいね!
    ・令子さん、真正面にいたね。カッコよかったよ~(??) 
    ・素敵な演奏でした!

     ゲストをお迎えしての演奏会は久しぶりで、また平光先生は市内在住ということもあり力の入った演奏会が終わりました。皆様本当にありがとうございました。

     もう次回に向けて動き始めています。
     2019年11月10日(日) 文化の家・森のホール
     モーツアルト:交響曲第40番
     チャイコフスキー:交響曲第5番 ほか
    ☆★☆★☆★☆★ ☆★☆★☆★☆★

    このページのトップヘ