2019年05月

     2019年5月10日、幼児教育・保育の無償化法が成立しました(自・公・国民・維新=賛成)。
    ・3~5歳児は全世帯、0~2歳児は住民税非課税世帯を対象に10月1日から認可保育所などの利用料が無料になります。しかし、給食費などは自己負担です。
      地元紙の記事にポイントがまとめられています。
     BlogPaint
    私は議会報告「春号:3月号」に長久手市への影響と今後予測される「私の考え」を書きました。
     BlogPaint
    課題&問題 (今年10月から消費税増税に合わせての政策)
    ★10月から3~5歳児が原則全世帯無償ということですが、保育に欠かせない給食費や送迎バス代は対象外です。
     長久手市では公立保育園が多く、保育料に給食の副食代が含まれているので無償化されても給食代(概算3,500円)の実費負担は予想されます。
    ★この計算でいくと、市民税非課税世帯では実質負担増になります。

    私の考え
    ★H30年度の長久手市の保育料収入は約3億7千8百万円でした。来年度からは3歳児以上の保育料は市が全額負担することになります。公立保育園は全額市費で運営されているため、市の財政負担を軽減するという名目で、公立保育園の民営化や指定管理に拍車がかかるのではないか心配です。
    ★保護者からは無償化よりも受け皿を増やして待機児童を無くしてほしいという声がありました。今改正法では待機児童の受け皿となっている認可外保育園も、国の基準を満たさなくても5年間は無償化対象となっていますが、こどもの安全確保が課題です。3年前の都道府県の立ち入り検査では43%が指導監督基準を満たしていなかったと報じられています。

     2018年12月、国と自治体の費用負担割合が決定しました。地方に配分される消費税が増えたとしても、保育無償化は自治体の財源を直撃します。また今年度の予算編成の時点では詳細がわからず、これから5か月間という短期間で準備することは多様な保育施設がある本市では、多くの混乱も予想されます。

     国は制度と財源を決めるだけですが、保育園の申込み窓口は市民の一番身近な市役所です。議会においてもスムーズな実施や、想定される実質負担増となる問題を議論していきたいと思っています。(@_@)

     昨日から市役所も開き、私の足も軽くなった。いつもの道端の景色もあっという間にかわっていた。
    土地改良事業をした田んぼの中の道路は直線で、交差点は十字路。その一角にある畑は毎年野菜の他に綺麗な花が咲く。今年もその季節がやってきた。花に見とれていると交通の邪魔になるくらい車が通る。時々、救急車が愛知医科大学に向かって走るときはとても気になる。
     令和元年5月8日①

     令和元年5月8日③

     令和元年5月8日②
    午前は、ある課へ市民の方と一緒に相談に出かけた。その方は活動を継続していくため行政としてどこまで、どういう条件ならば相談に乗って頂けるのか話した。しかし、市役所としての模範的な返答であったため即座に違う課へ方向転換して出向いた。

     こちらは違った!職員が発想の転換をして逆に市民の側に行政側から条件を提案してくれ、市民の側がその条件で活動を続けられるのかを示してくれた。あとは市民側が仲間と相談すれば道は開けそうだ。こうなると、急に世界がパッと明るくなり私も自分ごとのように嬉しくなった。

    午後は、無会派議員の最年長者として、臨時議会のためのおせっかい役の仕事をした。自分の勉強にもなるしオール議会で取り組むことには積極的に関わろうと決めたので気持ちがいい。

     昼食も食べずに夕方まで活動したけれど、GW開けのビビッドさは気持ちがいい。
     令和元年5月8日④
     見慣れた駐車場の景色も爽やか・・。 
    .。o○.。o○.。o○.。o○   .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

    令和元年5月7日、選挙後初の議員全員打合会が開催されました。4年前は議会事務局職員は4名。昨年、嘱託職員が一人採用されましたが今年度からは正職員5名体制でスタートしました。
     常設の委員会室も3月に改装され、町政から市政になってようやくハード面が議会らしくなりました。

    ところが、新人議員さんから、え?議員は会議以外の時はどこに専用の机と椅子があるの・・という声を耳にしました。
     無理もありません。無いのです。会派を結成すると会派室に椅子付きの楕円形テーブルがありますが、普段は控室にあるメールBOXだけが私物を入れることが出来、これも例規集で埋まってしまいます。
     人口は5万8千人になりましたが、約半世紀前の人口5千人当時の村役場が現在の市庁舎であり議場は当時のものです。町会議員は名誉職的な時代のようでしたから、議員が役場で専用の机で仕事をすることは想定していなかったのでしょうね。私も、町会議員当時は自宅でワープロを打って原稿を書いていました。現在もパソコンは自分で調達し自宅の机で資料の読み込み、原稿作成をしています。

     会派を組むと会派室に内線電話があるので仕事がはかどります。会派制をとっていますが同じような考えの議員かどうかはすぐには分かりませんのでこの1年間位は無会派議員として市役所に専用の机がない時を過ごすことになりそうです。

    (脱線しましたが・・・)
    初議会の運営について、事務局からとても詳しく丁寧な内容の資料が作成されて説明がありました。
    ・臨時議会が告示され5月17日に開催されること。
    ・臨時議長は地方自治法第107条のもと最年長の議員が新議長が決まるまで職務を行うこと。
    ・議場の議席の決め方
    ・議員報酬について(議員:362,000円、副議長:423,000円、議長:488,000円)
    ※服装は5月7日~10月末までクールビズ(男性はノーネクタイ、上着なしでOK)
    ※18人中7人が女性議員。女性は自由な服装と解釈して、私はいつも職員と同じような服装です。(服装で仕事をするわけではないので=持論)

    貸与物品=地方議員ハンドブック(下の写真の書籍1冊)
     令和元年5月7日
    ・4年前の書籍は4月末の任期最終日に返却しました。記章(議員バッジ)も貸与物品です。

    SNSの進展で地方議会の話題もネット上に流れるようになりました。全国的には同じような議会運営が行われていると思いますが、長久手市は「住みよさランキングは県内1位」と言われていますが、職員にはパソコンが一人1台備わっていても、議員は全てを自分で準備します。庁舎が増築されても市民サービスを優先していますので議会関係は最後になります。

    市自治基本条例にも議会は行政のチェック機関と明記されていますが、ハード面ではまだまだ議会は遠慮しているな~と感じます。しかし、仕事場は市役所のデスクワークではないのでこの現状を受け入れてきました。ある新人議員の「専用の机が無いの~」という疑問は4年前に私も同じように思いましたが妙に新鮮に感じました。
    ※このブログをお読みになった長久手市民の皆さま、正副議長には専用の部屋と机がありますが、会派を組めない議員にはありません。もしご意見があればお聞かせください。
     宜しくお願い致します。(連絡先:090,3580,7867)v( ̄∇ ̄)v

    5月5日・6日、GWの最後の2日間は長久手フィルハーモニーは指揮者来団練習でした。1か月後の本番に向けて指揮者の高谷先生の熱気ある指導は全団員が感じ取りました。
     練習会場は、連日で文化の家が確保できたので1日目は大型楽器や椅子、譜面台等は置いて退出です。
    ・ティンパニー(毎回、運搬班の皆さんで搬入搬出していますが一泊しました)↓
     令和元年5月6日④

    2日目は午前9時の開場から練習できます。タクトインは10時です。ピッタリの時間にコンサートマスターがチューニング開始して先生の指揮棒がすぐ振り下ろされました。昨日はメイン曲の「シェエラザード」をみっちり。この2日間の練習が本番に向けて大きく影響します。
     先生は、弦楽器と管楽器セクションについて細部にわたりユニゾンや和音のイメージを出せるように指導して下さいました。
     千一夜物語=アラビアンナイトの雰囲気を感じて頂けるように、力が入ってきました。

    ・休憩時間も楽譜に指導内容を転記したり、おさらいをしたりと必死です。
    (ビオラパートの皆さん・・)
     令和元年5月6日③
    (チェロパートの皆さん・・)
     令和元年5月6日②
    (ヴァイオリンパートの皆さん・・)
     令和元年5月6日①

    夕方の5時まで集中力を切らさず頑張りました。途中で集中力が途切れそうになりましたが無事に終わりました。高谷先生は、私たちの比ではないほど疲れたと思いますが、さすがプロです。小さなスーツケースを軽々と持って階段を降りる姿はとても格好がよくて~私も、緊張しながら初めてご挨拶をさせて頂くなどいい汗をかいたGW練習でした。

    高谷・平光(指揮・ヴァイオリンソロ)ペアの、第30回記念定期演奏会がますます楽しみです。
     学生オーケストラから初めて38年。シェエラザードは初めて。リムスキーコルサコフ・・聞けば聞くほど素敵な曲で、アマチュアオケ冥利です・・。
     2週間後には、ヴァイオリンソロの平光先生と本番前最後の練習があります。それまでに、今回指示をいただいた箇所の個人練習にも励もうと思います。
    ※バイオリンソロに聞き惚れても、ちゃんと弾けるようにしないと・・!!
     (チケットは前売り800円~素晴らしい演奏会となるよう頑張ります)
     31年2月23日②
     

     19年前に入会した記憶のある「日本さくらの会・愛知」ですが、会員としては多忙なため立ち消えとなっていたのですが、昨年の福祉祭りでお声掛け頂き入会しました。総会案内があり参加しました。

    初参加ですが、会員の方の手作りの「桜茶」でおもてなしを受けました。↓
     令和元年5月5日②
    ・桜茶は、満開前の八重桜を水洗いしてきれいにし、梅酢に漬けたもので簡単に作れるということです。お湯のみ茶碗にひとひらの桜が咲き、一緒に飲みほしました。桜の花が好きな方たちばかり・・私に会員が務まるかな~と思ってしまいました。

    総会は議長が選出され、議事は活動報告、会計・監査報告、活動計画など6つ議案が承認され無事に終わりました。驚いたことは、会員としての仕事が年間を通して沢山あることです。

    メインの活動に<さくら守作業>があります。
    ・桜の苗木の植樹は原則全員参加。
    ・服装は長袖、長ズボン、長靴等。植樹場所により適切な服装・・。

    会員は八草の山奥など各地に自分の名を書いた札を付けて植樹をしているようで、そのお守もあるようです。モリコロパークへの桜にも、除草、敷わら、施肥、病虫害状況の確認の活動もしています。

    こじんまりとした会ですが、行っていることやこれからの活動はとても大きなもので、長久手地区では香流川への植樹、ござらっせの瀧桜、古戦場の桜などについても課題としてありました。

    学術顧問でもあり樹木医の「塚本忠男先生」もご高齢ながら参加され、“サクラの科学”というお話を聞かせていただきました。
     ・塚本忠男先生 ↓
     令和元年5月5日③

     令和元年5月5日①

     10連休のせいかゆったりした気持ちで、懇親会まで参加させていただきました。
    なお、同僚の岡崎剛議員も顧問に就任しており会にとっては力強い存在のようで頼もしく思いました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ