2018年12月

    12月5日(水) 今期の質問も今日と来年3月定例会の2回で終わります。9月定例会から3か月、市民の皆さまから多くの市政への要望を頂きました。側溝の清掃や市道の凸凹、草刈りなどすぐに改善していただけることは議場での質問に馴染みませんね。市民に広くかかわる問題や課題などを取り上げました。6項目にしぼりましたがいつもより多くなってしまいました。
     30年12月5日①
    1項目目:岩作(やざこ)地区の狭あい道路解消について
    ・2年前に岩作地区まちづくり推進会議から狭あい道路の拡幅を盛り込んだ提言書が出されました。その中で幅員が4mに満たない市道「東島2号線」が優先順位1位と決められましたが未だ解消にいたっていません。進捗状況の確認と今後の市の取組を質問しました。

    〇道路の中心線測量と境界線確定業務がほぼ今年度で終わりに近づき、今後は障害物となる塀の移設や撤去の補償交渉に入り、これが終わった所から用地買収に入り順次拡幅工事に入ることが分かりました。
    〇提言書には住民側が主体的に取組むルールが明記されており、セットバックや植栽が道路にはみ出さないようにするなど真摯で大きな決意が書かれています。これに対して、市も協力して早期に拡幅を実現したいと述べました。
     (課題となっている東島2号線の地図です)↓
    黄色の線はゴミ収集車が通りますが、赤線は狭くて収集車も救急車も通れません。赤線に面した家庭では遠くにあるゴミ集積場までゴミを出しに行きます。
     BlogPaint
    ・東島2号線の障害物件補償費は約1,000万円程度の見込みです。用地買収が出来れば、土地取得特別会計から用地取得費を借入できますので、道路に面した皆さまの協力が整えば用地買収に入れます。しかし土地の買収費は固定資産税評価額の0.2倍です。2道に面した角み切り用地は100%です。工事は市が行います。あと一歩で整備工事に入れそうな段階まできていることがわかりました。住民の協力のもと、市も主体的に取り組むとの答弁でした。

    2項目目:定額乗合タクシーについて
    ・12月末にならないと、実証実験結果は発表できないと、5人全員の質問に同じ答弁でした。私は、再度条件を変えて、例えば地下鉄藤ヶ丘駅など市外への乗り入れ、料金も往復1,000円なので低額にする、土日運行もするなど、条件を見直して、また事前の周知も余裕を持っておこなうなどして来年度も実施することを提案しました。

    3項目目:中学生の女子生徒にスラックスを防寒・防犯・機能性の面から選択できるように質問。答弁は学校に伝える・・という、前向きな答弁ではありませんでした。50年も前からセーラー服にひだスカートです。時代と共に子どもたちの生活環境は変わりました。特に防犯面ではスマホによる盗撮事件などもあります。いまや教育委員会は学校を建てるなどの環境整備だけではなく、制服も教育環境の一つとして考えるべきと思います。
    ・資料として「宮崎日日新聞の記事」など3社の記事を提出しました。↓
     30年12月5日⑤
    ・「個性や多様性の尊重に加えて、動きやすさなど機能性や防寒面を考慮した・・と報じられています。

    長久手市議会では質問前日の正午までに、補助資料を提出することが出来ます。今回、狭あい道路解消については、ゴミ収集車や救急車が通行できない道路がある地域を地図で示しました。
     制服にスラックス導入については、中日新聞、毎日新聞、宮崎日日新聞の記事を資料としました。新聞の場合は新聞社の使用許可が必要です。1社は3,000円と有料でしたが大変分かりやすく写真も大きかったので教育委員会の皆さんにもご理解いただけることを期待しています。

    まだ3項目ありますが、長くなるので関心のある質問については議会HPの録画中継をご覧頂きたく思います。

    傍聴にお出かけくださった皆様、ありがとうございました。皆様のお蔭で緊張感をもって一生懸命質問することができました。

     夕方5時過ぎの駐車場です。寒くて少し風があったせいか空がきれいです。
     30年12月5日②
     沈みかけている夕陽を背に、葉が落ちてしまったイチョウの木が冬の到来を告げていました。
     30年12月5日③
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

    12月4日(火) 今日から議会の華、一般質問が始まりました。1日目=6人、2日目=5人、3日目=5人の16人が質問に立ちます。一般質問は市議会HPで録画中継をアップするので委託会社のTVカメラが議場の入り口に設置されていました。↓
     30年12月4日③
    ・傍聴席の席数は20名分です。立見席がないので、西庁舎1階のTVでも見れるようになっています。
     30年12月4日②
    ・今日の、質問者です。
     30年12月4日①
    今回は「定額乗合タクシーの実証実験の結果」について5人が通告しています。その最後が私です。私は4人の質問通告内容を別紙にして、答弁を聞き漏らさないように必死でメモをとりました。今日は3人です。
     全員が利用実績を質問していました。
    ・9月、10月の2か月間で、合計696人の利用者。1日17人。目標は1日150人であったので実証実験としてのサンプル数は極めて少ない結果でした。第一答弁はほとんど同じですが、再質問は三人三様でした。

    6人の議員の質問ピックアップ
    ・10月に開催された「地域共生社会推進全国サミット」を今後どう活かしていくのか。
    ・持続可能な開発目標SDGsについての市の認識と取り組みはどうか。
    ・公園の中に子どもが安心してボール遊びが出来る場所をつくれないか。
    ・投票率アップのために、期日前投票所を増やすことはできないか。
    ・市民に寄り添った行政サービスの向上を。
    ・公園西駅周辺環境配慮型まちづくりについて。

    「はい、すぐにやります」という答弁は極めて少なく、それよりも2年前と全く同じ内容で「検討します」と言いながら言葉だけで終わっていることが多くありました。一般質問での答弁は市民との「約束」ですから「検討する」と答弁したのならばこの間、何をどのように検討した結果、どこまで進んだのか、あるいはダメであったのかを明確にするべきと思いました。

    夕方6時前に終わり、夜は明日の自分の質問原稿の最終確認をしました。滑らかに質問できるように、約9,800字A4用紙8枚を声を出して読んでみました。
     何と、持ち時間をオーバーしてしまうことがわかったので、再質問を精査して時間配分を考えました。
     .。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

    12月3日(月) 先週、杁ケ池体育館の近所にお住まいの方から「テニスコートのネットがボロボロ~」というお話がありました。どの程度か行ってきました。久しぶりの杁ケ池公園に「四季桜」が咲いていました。
     30年12月3日⑤
    一瞬、春が来ているの!12月に入っても暖かい毎日。可憐な花びらに見とれてしまいました。
     30年12月3日④
    樹名板を読むと「バラ科」。秋ー初冬と春にも咲く??Good!
     30年12月3日③

     30年12月3日⑥
    杁ケ池の周りは初冬の雰囲気でした。
     30年12月3日

     30年12月3日②
    目的のテニスコートを写真に納めました。
     30年12月3日⑦
    ・こんなになるまで放置されていて驚きました。
     担当課長に話したところ、来年1月~3月までの工期で遮光ネットと防球ネットを新品に張り替えるというお返事でした。国庫補助がついたのが8月で、その後入札して年度内に工事が終わります。費用は3,400万円。
     ここまで激しく痛んでいるので多くの方から要望を頂いていたと思いました。

     工事期間中の3か月間はテニスコートは使用できなくなりますね。春になったら、テニスコートもキレイになり、樹木に若葉、花々が咲き、芝生も緑色・・。市の中心部にある立派な杁ケ池公園内には古い体育館がありますが、公園で十分ウオーキングやマラソンができます。一年中楽しめますね。v( ̄∇ ̄)v

    12月2日(日) 今日こそ集中して原稿を書かなければ・・。ところが郵便局からの帰り道に偶然見かけた不思議な看板。

    11月30日の議案質疑で取り上げた「コロポックル保育園への1,650万円の補助金」について、当局からは「コロポックル長久手保育園に隣接する建物を保育園に改築するためのものであり、改修により増加する児童数は0歳児3人、1歳児8人の合計11人と答弁がありました。3棟が同一敷地内に建っているが南側のグループホームが11月30日に廃止されるので、拡張するための改修工事を行う補助金であるという答弁。
     しかし、2日前の11月30日の本会議ではグループホームという説明のあった南側の建物に、既に「コロポックル・給食室」という看板がありました。↓(近くから)
     30年12月2日③
    (11/30に廃止届のあったグループホーム。ここがコロポックル保育園に改修されると答弁が)
     BlogPaint
    (玄関には、まだグループホームの看板がありました)↓
     30年12月2日①
    この保育園は2001年に市長が設立した保育園です。市長が「愛知たいようの杜」理事長の時には無認可保育園でしたが、市長就任後の平成26年に、5,100万円の補助金を受けて認可保育園になりました。コロポックル保育園から提出された事業計画書では4,100万円が建物賃借料、改装整備費が2,700万円でこの合計額6,800万円の4分の3が5,100万円の補助金です。(平成27年6月定例議会議事録)

    この敷地内には建物が3棟あります。北側には愛知たいようの杜のデイサービス施設、中央には同じく保育園、南にはグループホームがあり、敷地内は通り抜けることができます。デイサービスも他の所に移転し、現在は就労継続支援施設B型事業所が設置され、市内高齢者施設食堂の調理業務や市内の農地での農作業等を行っています。

    保育園の定員が増えることは待機児童が減ることで歓迎です。障害者の就労支援施設も社会参加ということで歓迎です。
     問題は、市長就任後に「無認可保育園」を「認可保育園」にしたことです。市内にできたアートチャイルド保育園は自前で土地と建物を準備して認可保育園になりましたが、コロポックル保育園は建物家賃の4分の3が補助金であり額も3,075万円を一括で頂いたわけです。

    今回の2回目の補助金の審査は総務委員会に付託されます。3歳未満児の定員を11名増やす改修工事費がたまたま小規模保育園の整備費と同じ目的の補助金となり同額が予算計上されたという答弁でしたが、事業計画書の提出を子育て支援課から提出いただき誰が見ても疑念を抱かないような審議をしていただきたいと思います。
     議案の採決日は12月21日です。可決されていないのに既に建物に看板を掲げるっていうことは、室内の改修工事もどのように行われるのか不信感を抱いてしまいます。

    議会は執行部の追認機関であってはならないと思います。特に、福祉、子育て関連の予算は「聖域」と受け止められがちですが税金ですから疑問があれば質問することが議会や議員の仕事です。

     市長には予算の編成権、執行権があります。特に身内や関係者が行っている事業については誰が聞いても納得のいく丁寧な説明が必要と思っています。(@_@)

    12月1日(土) オーケストラの演奏会も終わり、議案質疑も終えて来週からの一般質問の原稿を書き始めましたが集中力が切れてしまいました。質問までまだ3っ日、あと3っ日という心の弱さかもしれません。

    ということで図書館前の、いつものカフェギャラリーへ出かけました。お店の駐車場に車を止めるとリスが目に飛び込んできました。↓
     30年12月1日②
    カフェギャラリーさんとは長いお付き合いなのに、初めて気が付きました。いつもは気持ちに余裕がなく図書館の周りの公園や、植栽にも気が付かなかった??植栽が当たり前のものとして映っていたんだ!
     30年12月1日③
    区画整理事業によって歩道がこのような生垣により整備され、柵の支柱の上にこんなに可愛いリスさんがいたなんて、すごい!
     店内の飾りもXmas仕様になっていて、今年も今月で終わりなんだ~と目が覚めました。
     BlogPaint
    コーヒー一杯で気分がかわり、夜中までパソコンに向かいました。;*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 

    このページのトップヘ