2018年11月

      名鉄観光バスのご協力を頂き毎年行っている「いちご狩りと豊川稲荷初詣」の日帰りバスツアーの参加者募集を今日から始めました。↓
     30年11月14日
    先輩議員の後を継いで毎年1月に実施。いちご狩りにしてから来年で20年を迎えます。
    コース:豊川稲荷(初詣)→ホテルでバイキングの昼食→渥美半島の野菜と海の幸買い物→いちご狩りです。大型バス2台。

    当初は参加者募集に大変苦労しました。この頃はいちご狩りがいいから・・ということで毎年同じ方々が申し込んでくれます。チラシを30人ほどの方にお渡しして仲間を誘って頂きます。同じコースを約20年!ほとんどの方が毎年参加してくれます。私は帰りのバスの中で「来年はどうしましょうか?」「今回の改善点はありませんか?」とお聞きします。そうすると来年も行きたいと、ほとんどの方が言ってくれるので実施します。

    反省点もありますから、毎年事前に同じコースを下見して、例えば「豊川稲荷」から「昼食場所」までは何分かかった・・というようにして行程を組みます。大切な事は昼食の内容です。レストランの料理長さんにお願いして当日と同じメニューの昼食を作っていただき試食します。

    下見でもう一つ大切なことは、いちご狩り農園の会長さんを訪ねてハウスを見に行きます。会長さんは開催日の2週間前からは観光🍓ハウスに他のお客様を入れないで待っていてくれます。これが本当に喜ばれる秘訣です。ハウスには真っ赤に実った🍓がどっさりなっています。(今年のイチゴハウス)
     30年1月14日⑪
    今年は少し変化がありました。昨年お元気だった方がお2人介護保険のお世話になっていました。20年間という歳月を思います。いままでのご参加に感謝の気持ちで一杯になりました。

     久しぶりにお目にかかるので長話になり、予定した半分の方しかお尋ね出来ませんでした。議会の質問通告書を書きながら、気持ちは焦っています。明日も頑張らなくては~。v( ̄∇ ̄)v

    11月13日(火) 午前10時から昨日配布された議案の説明会でした。議案等資料がたくさんあるので議会事務局さんが2つの会議室を1つにして、テーブルと椅子席の部屋を準備してくれました。嬉しかったです。議員控室はソファーと応接用のテーブルなのでメモもしにくいし資料もテーブルからこぼれてしまいます。

    議会が任期最終年ということで議会改革の取りまとめをしている中で、議員全員が集まって会議できる常設の会議室が無いという事が浮き彫りになってきました。こういう中でしっかり会議ができるように準備をしてくださることは、私たちの気持ちが職員にも通じているんだ!と感激です。ありがとうございました。

    議案の説明資料も今回は補正予算案に対しては、主な事業に対しては口頭説明ではなく表にして文章で示してくれたのでよくわかります。これは総務部長さんが担当課から聞いて作成してくれました。

    昨日説明のあった、エアコン設置の追加議案が最終日に上程される理由は、予想通り国庫補助金がまだ確定していないこと、またエアコン導入の基本設計、実施設計が進行中であることが質問でわかりました。

    指定管理者の議案については、「指定管理者選定委員会の議事録」がまだHPにアップされていません。会議も非公開となっているので、選定委員会議事録の公開が必要と求めたところ、現在準備中で近日中にHPで公開すると回答がありました。(Good!)

    「議案説明会」は伊藤祐司議長のころから行われるようになりましたが、議会にとっては詳細な資料に基づき審議できるので大変役立っています。

    お昼ご飯はシルバー人材センターが運営している「憩い」へ。毎日20食限定ワンコインランチです。今日は天丼!何年も食べてないな~。お味噌汁は家ではインスタント。お母さんの味はいいですね!
     30年11月13日③
    午後は、会派として提出した「総合計画基本計画素案意見」への回答を頂きました。事前に配布されましたので回答をみましたが意見51件中「修正した」が2件、現在検討中が2件、今後検討が12件、次期各種計画の中で検討が3件、明記しないが1件でした。まあまあかな~。↓
     30年11月13日④
    全会派から計114件の意見が提出されましたが上田議員と組んでいる当会派は51件であり約45%を占めていました。私も疑問や意見、修正点を淡々と書いたのですが件数がこんなにも多くなるとは思いませんでした。

    【全体の回答】 全114件中
    ・何らかの修正で対応する=18項目
    ・何らかの判断で対応しなかった=11項目
    ・質問&確認の意見だった=85件 という結果でした。

    この概要版は、「第6次長久手市総合計画(愛称:ながくて未来図)(案)として全戸配布されました。総合計画は、今後10年間のまちづくりの指針となる計画です。市民の皆さんからの意見募集期間は、12月7日(金)まで。→その後、このパブリックコメントを受けて最終的に確定したものが来年の3月定例会に提出されて、議会で審議する流れとなっています。 

    【キーワード】
    〇今後の課題=大規模災害・超高齢社会・社会保障費の増加・人口減少社会
    〇課題への対応=行政だけでは太刀打ちできない・地域や自然との共生・共生社会で幸せが実感
    ※今後10年間の長久手のまちづくりの指針です。市民の皆さまにも沢山意見を提出頂きたいと思っています。

    今日も、夕方まで市役所内での仕事になりました。5時過ぎはまだうっすらと明るく、銀杏の葉が駐車場に舞い落ちているのをみると初冬の雰囲気です。
     30年11月13日⑤

     30年11月13日①
    N-バスも最終便でしょうか。
     30年11月13日②
    忙しかったけれど、一つまた一つとことが進み充実した一日でした。☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

    11月12日(月) 午前10時から議会運営委員会でした。来週月曜日には一般質問の通告書提出が迫っている中、久しぶりの委員会です。
     30年11月12日③
    市長からは提出予定議案が補正予算関係5、条例8、その他3件の計16件の審議のお願いの挨拶がありました。前議会で専決処分の承認をした小中学校のエアコン設置関連予算案がありません。あれ~と思っていると、会期の最終日に追加上程するとの説明です。国からの補助金額が決定していないのか、エアコンバブルで設計に手間取っているのか憶測してしまいました。

    会期は11月29日~12月21日までの23日間。私の所属する教育福祉委員会は16件中8議案が付託されます。国保、介護保険、後期高齢者医療や(株)長久手温泉、市が洞保育園の指定管理者の選定など民生関係の議案です。指定管理期間が4年~5年間もあるので市の「指定管理選定委員会」の議事録等を読み込み丁寧な審査が必要と感じました。

    議会からは、来年3月の平成31年度第1回定例会から行う予算決算特別委員会を常任委員会にするための条例等の改正案を提出します。今年度当初から、各会派で話し合いながら決定してきた事項なのですぐに合意しました。予算決算審査は特別委員会ですと18人中8人で審査しますが常任委員会化することで議員全員が審査に参加できます。

    この為には議員と執行部が一堂に会議ができる委員会室が必要でしたが、今回「議員控室を無くして委員会室にするための補正予算案」が上程されることになりました。40数年使用してきた応接用のソファーから、会議用のテーブルと椅子、マイクを設置します。庁舎の建替えが進まない以上この方法しかありません。

    午後は、一般質問予定の資料収集や担当課とのヒアリングなど庁舎を行ったり来たりしました。福祉祭りで購入した「🍙ケース」に新米を炊いた🍙を2つ持参してラッキーでした。
     30年11月12日①
    今日の議会運営委員会で、上程議案が配布されるので開会前が超多忙になります。16議案に対する質問は開会日の翌日11月30日。一般質問は12月4・5・6日です。段取りが9割を占めるのが議会です。これをしっかり行ってはじめてしっかりした審査や議論ができます。

    4年目なので、これまでの総括的な質疑も考えているのですが市民の皆さまからの要望などを優先するといつもの3倍ほどの時間が必要になりそう。今日は収集した資料に目を通して絞り込みに悩みました。
    (9月議会だよりが11月の広報と共に配布されてまだ2週間・・で、次回の議会の準備です↓)
     BlogPaint
    夕方5時10分には5S運動の一環の一斉清掃を知らせる音楽が流れました。庁舎の2階は市民の来庁窓口が少ないためか、職員が雑巾を持って席を立ち始めました。9月議会で5S=整理・整頓・清潔・清掃・しつけではなく市役所版5S=笑顔、丁寧、正確、公平、平等へ!と一般質問しましたが、職員が自主的に取り組む姿に見える形にしていくという答弁へ持って行くのは時間がかかるように感じました。

    5Sは目標ではなく、手段であるということが全職員がわかっているのかな?と思いながら廊下をすれ違いました。皆さんが雑巾を持っている中、書類を抱えて歩く自分の姿に違和感を持つなんて!やっぱり5Sは市役所バージョンにアップデートしてほしいな。
     30年11月12日④
    5時半過ぎの駐車場は真っ暗。遠くに見えるのはHOTELではなく愛知医科大学病院です。またすぐに一年が巡って来そうでコワイ!(@_@) 

    11月11日(日) 晴天に恵まれて朝から多くの人出。市役所、農協、消防署と分散して盛大に行われました。
     30年11月11日①
    私は文化協会のブースに「さつき盆栽愛好会」として作品を出展。西庁舎3階フロアーは毎年文化協会加盟サークルの展示です。↓
     BlogPaint
    さつき盆栽愛好会
     30年11月11日⑥

     30年11月11日⑧
    生け花(各流派ごとに展示)
     30年11月11日⑦

     30年11月11日②
    郷土史愛好会
     30年11月11日③
    絵手紙(封筒まで絵が飛び出しています。住所は隅の空いた所でした)
     30年11月11日⑤
    【屋外ブースには様々な団体が日頃の活動をPR】
    長久手市商工会
     BlogPaint
    あっ、劇団NAGAKUTEだ!子どもたちに紙芝居~。
     30年11月11日⑩
    平成こども塾サポート隊は「焼き芋」販売。2つ買いました。
     30年11月11日⑨
    ステージでは農業展運営協議会の表彰式もありました。
     30年11月11日⑫
     市民まつりといえば、買い物です。身体障害者福祉協会の手作り作品ブースではお願いしていた手提げバッグ、孫へのタオルハンカチ、ぐるっと一周したら手提げバッグ一杯の買い物をしていました。

     めったにお目にかかれない人からもお声掛け頂き、市内で活動している多くの団体の方々と交流できました。文化協会の展示会場は絶え間なく来場者がみえて、作品鑑賞を全てできたのは終了前。懐かしい方々に会えたことが一番うれしかったです。v( ̄∇ ̄)v

    11月10日(土) 第8回議会報告会を行いました。
     30年11月10日①
    昨日、同じ会場でリハーサルを行い、周知には議会だよりの裏面を思いっきり使用して中島議員が作成したチラシを掲載。↑各議員も地域を決めて一人300枚チラシをポスティングし、準備万端。
     30年11月10日③
    しかし、まだ初冬の11月、土日は市内各地で行事が催されています。午前9時から会場準備、私は吉田議員と受付担当でした。
     30年11月10日④
    10時開会ですが、少し前から1人、2人、3人・・。17名の方が足を運んでくださいました。いつも参加して下さる方々が違う会場へ・・何と、シニアクラブ連合会の総会が同じ施設で同じ時間に。双方が残念な思いで違う部屋へ入っていきました。

    今回は3つの常任委員会が夏に視察した成果や課題を10分間パワーポイントで報告し、その後第2部は参加者が希望する委員会へ分かれました。
     30年11月10日⑤
    私の所属する「教育福祉委員会」は正副委員長が司会をしながら、「こどもの権利条例」について市民の方に付箋にご意見を書いて頂きました。
     30年11月10日②
    「こどもの権利条例」は一口では言い表せない内容です。そこで
    ①子どもたちへ教えたいこと
    ②子どもたちの居場所について
    ③子どもの意見
    に分けて意見を書いて頂きました。参加者は中2の子ども市民記者、自治会役員、日進市議会の女性議員と意見を持った方々ばかりでした。

    【長久手市の状況】
    ・身体的虐待=8人 心理的虐待=2人、ネグレクト=3人
    ・病気を除く30日以上の不登校児童 少学生9人・中学生31人
    ・いじめ 小学校=26件 中学校=32件

    私は、6月議会で一般質問したばかりです。実際にいじめにより不登校になった子どもの相談があったのでどのように学校や教育委員会が捉えているのか質問しました。豊田市、東京都世田谷区、兵庫県宝塚市などでは、子どもは親にも相談できないことがあり、一人で相談できる行政から独立した専門の期間を設置しています。

     この機関への連絡先を書いた消しゴムやボールペンなどの文房具を全児童生徒に配布しています。長久手市では、SSW、スクールカウンセラーを配置しているに留まる答弁でした。人口5万8千人規模の自治体だから該当するこどもの人数は少ないかもしれませんが、一人一人の子どもにとっては100%自分の生活に降りかかている問題です。学校に行けないということは将来の進路にも関わり大きな問題です。

    第一義的には「家庭」と学校をとりまく地域社会の問題にみえますが、議会としても子どもたちが普通に学べる環境をつくってあげたい・・と思います。行政や教育委員会の壁の厚さを感じています。

    日進市議さんからの発言で、日進市は10年前に「こどもの未来をつくる子ども条例」が制定された様子を知りました。当時、子どものための条例なので委員に子どもがいなくてどうするんだということで子ども委員10人、大人委員20人で計30人で作業をしたそうです。憲法のように前文があり、これは子ども委員が書いたそうです。(@_@)

    意見を付箋に書いた後に、まとめを3つの常任委員会が発表しました。
    現在、市は様々な事業でコンサルタントに委託してワークショップを行っています。議会はコンサル無しで議員18人で同じ事を行いました。参加者募集のポスティング~当日のパワポ作成~運営~まとめ等々。

    市の事業はこの数年は特に、コンサルタントに委託したワークショップだけでも20前後あります。委託費は100万円~500万円(設計等がはいると1,000万円)。ワークショップ参加者も固定化されています。

    今日の感想は「長久手市議会、なかなかやるな!」です。税金は一切使わず、ポスティングのチラシの印刷代は議員のお財布から集めて印刷しました。晴天、行事の重なりなどで参加者は動員なしで17名でしたが後味の良い報告会でした。議会が4年目にして「一つ」になったように感じました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ