2018年10月

    10月10日(水) 先週土曜日に世界死刑廃止デーの企画として「文在寅大統領が約束した死刑廃止」という講演会を開催しました。その時の講師である朴教授から絵日記とメッセージが届きました。
     30年10月10日③
    朴教授のメッセージ
    私の絵日記で、今日は死刑廃止の日。去年死刑執行のあった国々を色づけてみました。
    今年も日本は執行がありましたので、来年も日本は赤く染まるんですね。
    韓国では記念式典が開かれ、前国会議長が祝辞を述べました。
    日本でも早く執行がないように祈ります。

    韓国では今年で20年間死刑執行がありません。法律はあっても執行がないので事実上の死刑廃止国となりました。現大統領は年末頃には大統領令で死刑廃止国にする動きがあると聞きました。日本では歴代の法務大臣が就任の記者会見で死刑執行をするか問われると、必ず「法律に則り行う」と応えます。

     法務大臣が死刑執行命令書にサインして刑の執行が行われますが、大臣は総理が任命するので総理大臣の意向でもあります。ギロチンで死刑を行っていたフランスではミッテラン大統領の時のバタンデール法務大臣が死刑を廃止しました。ギロチンは夜、密かに行います。夜、密かにおこなうようなことは恥かしいことであるということでした。当時のフランスの世論は死刑賛成が80%ほどでした。世論を頼りにしていたら日本では多分百年経っても廃止にならないかもしれません。

     死刑には犯罪抑止力があると法務省はいいます。世論は犯罪被害者の立場に立って死刑にしろ!といいます。国家が罪を犯した人間をどのように考えるのか。人の命は地球よりも重いと言われますが、死刑は罪を犯したとはいえ国家が人を殺します。

     これまでに、死刑廃止・存置について様々な意見が出つくされました。冤罪を主張し再審が開始されて解放された死刑囚であった方もたくさんいます。もはや「人権」を人々や国家がどう考えるのかに尽きるような気がしてなりません。
     検察、司法が政治から独立し、法務省は国民に死刑の実態を公開することが必要と思います。

    10月9日(火) 大人になって初めてBarに誘って頂だきました。地下鉄藤ヶ丘駅から徒歩5分ほど。コンクリートの打ちっぱなしのビルの階段を上りガラスの重たいドアを開くとカウンターが目に飛び込んできました。
    壁いっぱいに並んだ洋酒のボトル。知っている銘柄もあって嬉しかった。しかし、飲んだのはこの水割りです。↓
     30年10月9日②
    一番奥には一人静かにワインを飲んでいる人がいました。落ち着いた雰囲気。大人の雰囲気っていうのかな~。薄暗い照明に慣れてくると隣に座っているご夫婦が飲んでいるグラスが何とも言えないほど魅力的に見えました。近所にお住まいで時々来られるとか・・。魅力的なグラスだったので何を飲んでいるのか尋ねると「ワイン」でした。
     30年10月9日①
    敷居が高いと思っていましたが、カウンターのある洋風酒場と辞書に書いてあったように、洋酒か日本のお酒かの違いかな?お隣さんとすぐに会話が進み雰囲気は「居酒屋」さん。

    ボールのように丸いワイングラスに会いたくなったら、また来たいな~なんて思ったバー初体験でした。

    10月8日(月・祝)
    この青空、すごい!猛暑、台風続きだった夏~一体何日このような空を見たかな?。
    近所のスーパー前のマンション群がひときわ目立つ!
     30年10月8日①

    草木もないので空を飛ぶ鳥もいない。草むらで寝そべって見ることができたら素敵だろうな~。
     久しぶりの青空がこんなにも美しいなんて、歌手:加藤登紀子さんの歌のよう。

    10月7日(日) 市内では「岩作警固祭り」、町内会でも秋祭りでした。
    警固祭り、今年は岩作区の番です。愛知県の無形民俗文化財に指定されており、馬の背中に飾り物をつけて氏神様に奉納する秋の祭礼です。岩作区の氏神様は石作神社です。
     朝から火縄銃の発砲が聞こえてきました。みに行こうかな~と思いましたが住んでいる町内会のお祭り時間と重なり「こども神輿」のワッショイ、ワッショイと言う声が聞こえてきたので集会所へ出かけました。
    ・集会所のお飾りです。
     30年10月7日①
    ・子ども神輿
     30年10月7日③
    自治会行事の一つとして毎年行われています。自治会長さんはじめ、組長さんたちが運営してくれます。組長さんは今期と来期の方が参加します。

    ・くじ引きがありますが、昨年はお米が5㎏当たりました。ゴミ袋がいいな~と思ってくじを引くと3等!何と千円の商品券でした。周りの人に、ゴミ袋がたくさん買えるね~と冷やかされました。

    ・自治会の役員さんも一回り以上ほど若返りつつあります。お飾りは毎年写真にとりファイルにして見ながら飾りつけをしています。自治会加入者が年々減少する中、よく頑張ってくれます。2~3年前ほどまで役員をした私たちに、座ってどうぞと言ってお茶やビールを進めてくれました。
     30年10月7日②
    ・子育て世代と高齢への道を歩む人が混ざって、話に花が咲きました。大笑いする話も!
     岩作警固祭りは見に行けませんでしたが、フェイスブックの動画でたくさん見せていただけました。戦国ロマンの祭典をSNSで見る~時代を感じますね!v( ̄∇ ̄)v

    10月6日(土) 韓国における死刑制度の過去と現在と将来~文在寅大統領が約束した死刑廃止~講演会は事前の心配が飛ぶほど全てが充実して終わりました。台風24号で新幹線や飛行機が欠航となったら開催中止が予測される中一日の違いで予定通り開催できました。
    ・第1部:朴教授の講演
     30年10月6日③
    ・第2部:安田弁護士と朴教授の対談~司会を担当しました。
     30年10月6日①
     対談の様子
     30年10月6日②
    朴教授は事前に送った講演の内容に即して36ページにわたるパワーポイント資料を作成し、1948年から1997年までの902名の死刑を執行した自分の国を「残酷極まりなかった国」と、過去を説明してくれました。1998年に金大中大統領が就任してから現在の文在寅大統領まで20年間死刑執行はありません。

    死刑執行した政権を、死刑で国民を脅かした政権と。また韓国国会(定数299人)では1999年から5回、死刑廃止法案が提出されましたが未だ可決されたいません。しかし、金大中大統領、櫨武鉉大統領という指導者のリーダーシップにより国際的には「事実上の死刑廃止国」の仲間入りを果たしました。

    特に、櫨武鉉大統領は任期中に23人を殺した死刑囚への刑の執行を迫られたとき「人権の伸長は櫨武鉉政府の最大の価値なので死刑だけはできない。」と答え執行しませんでした。
     このことにより、法的には死刑存置国でありながら執行しないということで死刑制度は形骸化しました。

    死刑執行停止後には凶悪犯罪が減少し、裁判所での第一審でも死刑判決が急減している現状です。(日本とは逆です)

    EU評議会は死刑廃止です。ついに法務部はEUと経済取引を行う上で「死刑廃止」をヨーロッパ評議会と約束しました。現大統領になり政府案として死刑廃止の憲法改正案が新設される動きになり、また国家人権委員会は2018年12月の「世界人権宣言70周年」に「死刑モラトリアム」の宣言を政府と協議するまでになったそうです。

    来春の韓国の国会議員選挙で与党が多数を得て、廃止法案を国会側から目指すのではなく政府から廃止国とする動きを聞き、非常に驚きました。日本でいえば安倍政権が「死刑廃止国」を宣言するということです。

    日本の国会には亀井静香衆議院議員が会長を務める「死刑廃止議員連盟」がありました。私も議連の幹事として韓国を担当しており、亀井会長の特使として韓国国会の議連会長にソウルでの死刑廃止フォーラムの開催を呼びかけ、自公保共社の超党派の議員が2001年11月2日ソウルで「日韓議員セミナー」を開催しました。

    あれから17年、ついに韓国は日本よりも先に死刑廃止国になります。朴教授の講演を聞いていた会場の参加者は終了後大きな拍手を送りました。

     80人の会場は予想に反して満席になりました。5月から準備を開始した講演会は無事に終わり、参加者も広がりをみせてくれました。死刑存置80%という日本の世論に対してこれからどう活動していくのか、地道に続けるとしか答えはみつかりません。

     しかし、今までの約30年近い活動の中で「犯罪被害者支援法」の充実、明治時代の「監獄法」の改正等関係者でなければ目に見えない細かな法律の一部改正にも取り組んできました。
     会の終了後、記念写真を初めて取りました。
     30年10月6日④
     このメンバーは法務省から嫌われていますが、皆さん自分なりの信念を持ってゆるやかな市民団体の一員として頑張っています。☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

    このページのトップヘ