2018年10月


    10月31日(水) 北中3年生全員を対象にした「選挙出前トーク」を視察しました。5クラス約170名が対象です。今日の生徒も3~4年後には有権者となりますので、トークの前と後でどのように意識が変わるか観察しました。

    選挙管理委員会の委員、明るい選挙推進委員の皆さま、そして事務局の職員が総出で本番さながらに開場をつくり生徒の入場を待ちました。
     30年10月31日②

     30年10月31日③
    生徒は職員から、パワーポイントで説明を受けてから、模擬投票→開票→模擬投票結果の報告と一連の流れを勉強していました。
     生徒の中から2人が候補者として演説を行い、投票立会人、受付、投票用紙配布なども生徒が行いました。

    2人の候補者の政策は大きく違います。
    1人目、最先端の病院を新設。保育園を増やして子育て応援。
    2人目、道路を新設して交通網強化し会社や工場を集める。人が集まれば地元も活気が出て税金も増える。

    投票結果は私の予想に反して2人目の候補者が当選しました。
     45分間という短い時間で一通りのハウツーを体験した生徒たち。退室時には「投票用紙が破れない紙」と告げられると、力いっぱい引きちぎろうとしました。やっぱり破れない・・ところが破ってしまった生徒がいました!選管の委員さんも驚きました。
     
    世界では18歳以下に9割の選挙権があります。日本も18歳に!なりました。ところがオーストリア、ブラジルは16歳、韓国は19歳です。政治と生活はつながっていることを考えると日本がつい2年前に18歳になったことは遅いほうなんだと思いました。
     年齢別の投票率も考えて、教育の中で「選挙権」の意味を教えることが大切ですね。

     中学3年生=15歳・・まだまだ無邪気です。この出前トークで何を学んだのだろう。教科の中でも学びますが、本物の投票行為をした経験が18歳になった時に活かされることを期待したいです。
     30年10月31日①
     体育館に道具を運び準備をしてくださった選挙管理委員会等の関係者の皆さまの、日頃の活動に感謝したいと思いました。v( ̄∇ ̄)v

     毎週(火・金)と2回開設している児童クラブも5か月が過ぎました。来年3月まで残るは4か月。今日は今月2回目のボランティアに入りました。町内会の集会所なので徒歩3分の距離です。社協が主催で、担当のCSWさんが今までの運営の中から子どもと保護者をきめ細かく観察して、とても進化していて(@_@)しました。

    💛北っこ広場についたら・・・子どもたちは写真の表に書いてあるルールに従って、ランドセルを置き、手を洗う、そして宿題・・。なんていい子たちでしょう!
     30年10月30日④
    ・ランドセル用boxがないので、床の端に順番に起きます。
     30年10月30日①
    ・明日がハロウインということで、「己書」を習い始めたT氏がプレゼント用にカードを並べてありました。 子どもたちはカードの裏にすぐ自分の氏名を書きました。集団の中なので、私物にはすぐ氏名を書くように教えられているんだな~。
     30年10月30日③
    ・次は宿題(宿題をしないと遊べません)
     少1の女の子は2人一緒に声をだして「音読」をしました。元気な声でまた(@_@)!
     BlogPaint
    ・私はYさんと、3年生の子どものお迎えに北小へ行きました。上川原分団の後ろについて集団下校します。
    男の子が3人になると、部屋の中でボール遊びをしてにぎやかになりました。ついにT氏とOさんが子どもたちを公園へ遊びに連れて行ってあげました。良かったね!

     この間、CSWさんは近くの「100円ショップ」へ出かけ子どもたちの遊び道具を仕入れてきました。子どもたちは大人のいう事を素直に聞きます。大人は保護者がお迎えにくるまでの長い時間、子どもが家にいるような環境を作ってあげようと創意工夫します。
     30年10月30日⑤
    💛集会所を間借りして行っている児童クラブ、和室もあるので色々な過ごし方ができます。利用者も増えて、ボランティアさんは自分の孫と遊ぶように集まってきています。皆が顔見知りになって本当に順調な運営と思いました。

    私にとってもいい居場所です。11月のシフト表には議会が始まるので1日しか名前を書くことが出来ませんでした。ちょっと寂しい。v( ̄∇ ̄)v

    昨日の日曜日(10/28)、宗次ホールへ「トリオの調べ ー西村尚也と仲間たちー」の演奏会へ行きました。女子3人。3人とも、このコンサートへ出かけた動機が違っていて終了後の懇親会が楽しかった~です。

     誘ってくれた友達の友人のご子息がヴァイオリンの西村尚也さんです。もう一人の友人はシャコンヌというヴァイオリン等の弦楽器のお店に長い間勤務していたので、楽器の音色に関心がありました。私はブラームスの曲に関心がありました。

     久しぶりの「宗次ホール」は、地下鉄栄駅12番出口から徒歩5分と予想外に近いなあと思いました。既にご存知の方が多いと思いますが “カレーハウスCoCo壱番屋” 創業者の宗次徳二氏が私財を投じて建設した300席ほどのホールです。コンサート終了後に、ご本人と一緒にスマホに向かいました。↓
     30年10月27日⑤
    公立ホールとの違いを、開演前から随所で感じました。ワインやジュースなどが飲めます。 
     30年10月27日⑥
    本日使用のピアノ。。スタンウエイ D274。。
     30年10月27日④
     これらの置き物は販売されています。
      30年10月27日③
    戸外の演奏で楽譜が飛ばないようにする、音符の形のクリップを買いました!エアコンの風で時々楽譜がめくれるので以前から欲しかったものです。

    演奏会のチラシです。
     BlogPaint
    プログラム
    ・ブラームス:ピアノ三重奏曲 第3番 ハ短調作品101 ・・・(Good!)
    ・チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調「偉大な芸術家の思い出に」
    コダーイのヴァイオリンとチェロのための二重奏曲も演奏されましたが、ブラームスとチャイコフスキーの曲はCDを買って毎日聴きたいな~と思うほど素敵でした。

    宗次ホールは「くらしの中にクラシック~クラシック音楽は人も社会もあかるくしてくれます」と書いてあるように、アーティストが素晴らしい演奏をしてくれました。
     
     宗次徳二氏は、創業以来多くの皆様に感謝してもしきれないほどのお世話になってきた。その感謝の気持ちを少しでもお返ししたくて・・と、現在もクラシック音楽の普及活動に東奔西走しています。
     一緒に記念写真におさまってくれるほど気さくで笑顔のかたでした。

     昨日は、午前お茶会、午後福祉まつりのブース出店、夜はコンサートで締めくくることができて色濃い秋の一日を過ごしました。。*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜

    10月28日(日) 色金山お茶会&福祉まつり
    恒例の「色金山お茶会」
    ・文化協会が市の委託を受けて行っています。今回はお茶室と和室で2席開催されました。
     30年10月28日④
     文化協会の役員になって実に多くの会員と交流してきましたが、みんなに会えると思うと不思議に足取りも軽く色金山へ行きました。この歴史公園は私が町議時代に整備され、しばらくは立派なお茶室が活用されていなかったので文化協会の会長を務めた時に、市と話し合って茶道部の先生が「月窯」を開催して、訪れる人が増えてきました。

     席主以外の先生がお茶券を販売したり、席への案内をして茶道部員が総出で頑張ります。最高齢の先生は85歳です。90歳までお茶をしたいと言いました。(写真向かって左側の先生です)↓
     30年10月28日⑤
     お天気が良くて多くの方々が訪れていました。
     30年10月28日②

     30年10月28日③
    ・今日のお菓子は、中に栗が入った大福もちのようでした。(立礼席)
     30年10月28日①

    午後は「福祉まつり」へ。
     30年10月28日⑧
    ・福祉の家も大変賑わっていました。
     BlogPaint
    ・そば打ち愛好会のブースで、うちたてのおそばを頂きました。
     30年10月28日⑥
    ・初めて順番待ちをしました。大人気で10分ほど待ちましたが長く感じました。
     30年10月28日⑦
    ・私の所属する「皐月盆栽愛好会」のブースです。花は有りませんが枝ぶりを見て頂きました。
     30年10月28日⑪

     30年10月28日⑬
    ・国際交流協会のブースには「リニモテラス」の縮尺模型がありました。先日議会に説明した図面と同じです。この日お披露目したのでこの設計で「決まり!」なんだろうか。
     30年10月28日⑩
    ・お花の先生が、淡いピンクのジャンバーを着て、桜の会への入会のお誘いをしていまいた。熱心なお誘いに抗しきれず「名前だけの会員になるかもしれません~」ということで、入会しました。
     30年10月28日⑫
    〇福祉まつりといえばバザーです。沢山の品が並んでいる中、孫から2Bの鉛筆を使う・・と聞いていたので12本購入。何らかの障害をもった方々の作品や自宅で眠っている不用品が並んでいました。あまりにも低額なので活動資金が捻出できるのか疑問に感じましたが、皆さんの笑顔には採算という考えはないように思いました。

     これというお手伝いはしませんでしたが、夕方自宅に帰ると足がガクガクしていました。   v( ̄∇ ̄)v

    午前中は市の社会福祉大会に来賓としてお招き頂きました。
     30年10月26日②
    ・市長の挨拶後に顕彰と福祉体験発表が行われました。
     30年10月26日③
    〇顕彰
    ・社会福祉協議会会長表彰  9名が受賞
    ・社会福祉協議会会長感謝状 10名6団が受賞
    ※多年にわたり民生委員・児童委員、人権擁護委員、遺族会役員などとして地域福祉に尽力された方々です。ボランティアで長年できることは素晴らしいことです。会場の関係者の皆さまと一緒に、受賞者の皆さまに心から敬意を表しました。
     30年10月26日①
    〇小中学校での福祉作文コンクール最優秀賞作品発表をお聞きしました。
    <小学校:南小6年、市原さん>
    ・介助犬のホームボランティアを通して障害者のために自分たちができる作文でした。介助犬を1年間市原さんの自宅で家族の一員として育てるボランティアです。以前、ご自宅を訪問したことを思い出しました。
     30年10月26日④
    <中学校:南中2年、両角さん>
    ・ご自身のことを通して「ヘルプマーク」についての作文でした。両角さんは外見は健康に見えますが、少し骨が弱く、転倒したり重い荷物をもつと骨折する可能性があるそうです。公共交通機関を利用するときは必ず座席に座るようにしていますが「若いのになぜ席を譲らないのだろう」と周囲から白い目で見られてしまうそうです。そういう時に「ヘルプマーク」が世間の目から守ってくれるのですが、浸透していない現状から、優しさと思いやりが増えればヘルプマークが不要になる日がくるのではと、訴えるように話しました。

     大会の最後は、優秀作品に選ばれた小学生6名・中学生3名の福祉体験発表をお聞きして正午に終わりました。

    午後は夕方までオーケストラのバイオリンパートだけの練習に夕方まで参加。
    ・来月25日は定期演奏会です。コンマスから難しい箇所を丁寧に指導していただきました。
     30年10月26日⑤
    ・夜は文化の家で、オケ全員の合奏練習でした。当日のアンコール曲の楽譜が配布され少し練習しました。
     30年10月26日⑥

    ☆彡オーケストラの練習で午後10時まで、約7時間楽器を弾いていました。疲れたけれど、心地よい疲れで夜は目を閉じると睡魔に瞬間的に襲われる状態を初体験。急に寒くなったので急いで布団に入りました。💛

    このページのトップヘ