2018年09月

     9月20日(木) 昨夜みた今日の天気予報は朝から降水確率が10%以上ありスマホの天気予報マークは☔☔傘マークでした。起きて身支度をしているとついに小さな雨粒が道路に落ちてきました。中止の連絡がないので北中学校へ。空は雲で覆われ小雨が降りだしていました。
     来賓室で待っていると、「今週は明日も雨でもっとひどくなります。今日やれるところまで競技を行います」というお話がありました。生徒たちは運動場に椅子を運び始めました。
    9:00開会式 選手宣誓!
     30年9月20日③
    スローガン 力戦奮闘~今こそ一つに北中魂~
    校長先生のことばでも:1週間の天気をみても同じよう(雨)だから、やれるところまでよろうと思います、と。
     先生方も、悩ましい判断を迫られたと思いました。
     30年9月20日②
    小雨に濡れる生徒たちを思って、傘をさすようにとアナウンスもありました。
    競技種目第一=3人4脚リレー。4人の気持ちと足運びが揃うと速い、速い、見ていて力強く思いました。
     30年9月20日⑤

     30年9月20日④
    午前9時50分、第一種目終了後、ついに体育祭は中断されました。生徒たちが風邪をひかないか心配していたのでちょうど良いタイミングでした。まだ13種目残っています。この日の為にリレーや騎馬戦、パフォーマンスなど練習をしてきたようです。保護者の皆さんも傘をさして帰りました。
    教室に椅子を持って帰る生徒たち~。
     BlogPaint
     天候に左右された体育祭、昨年は青空のもと開催できました。今日ほど青空がどんなに素晴らしいか感じたことはありません。続きは来週行われると聞きましたが、濡れた体を冷やさないで明日も元気に登校してね・・と思いながら私も帰りました。

     9月19日(水) 議会の休会日を利用して、副市長から各会派に対して第6次総合計画の「基本構想案」「基本計画素案」と「福祉の家再整備計画」の説明がありました。上田議員と2人会派なので部長や課長で会派室は一杯になりました。(毎度のことですが)

    【第6次長久手市総合計画】
    ・これは略称「ながくて未来図」となっています。このごろの市は略称=愛称が大好きで自治基本条例を「みんなでつくるまち条例」という愛称を正式名称にして3月議会に上程しました。総合計画もこの「まち条例」に基づいて作成しています。
     第1回目の素案を議会に示したのは5月です。私は「みんなでつくるまち条例」は自治基本条例であるので注釈をつけるべきと主張しましたが、絶対に「違う」と言い張られてきました。やっと注釈で「自治基本条例」を親しみやすいように「まち条例」とした・・と資料に記載してきました。(Good!=ちいさいけれど後々大切な成果です
     30年9月19日②
    ・国が示している日本の社会潮流に基づいた中から、長久手市の特性や課題を2050年を見据えたものが「基本構想」で2028年までの10年間に何を実施するかという計画が「基本計画」です。
    ・これから10年後と32年後までの長久手市の計画と目標ですから、全ての項目について疑問や意見がありました。
     全てに目を通し終わるのに2日ほどかかりました。

    課長から説明を聞きましたが目を通してきたので、ちょっと時間がムダな気もしました。その為意見交換の時間が少なく、10月1日までにペーパーで提出する分量が増えました!

     来年3月定例議会に基本構想が上程され審査するので、「まち条例」のように審議時間が少なすぎて10対8の賛成多数で可決ということではなく、議会としてみんなが納得のいくものにしようと提案し、毎議会ごとにこのような作業をすることになりました。

     総合計画は市政運営の最上位のものです。今後何十年という長久手の未来がかかっています。

    【福祉の家再整備計画】
    ・次回も「(株)長久手温泉」に引続き指定管理を実施したい。12月議会で上程するので事前に丁寧な資料のもと説明がありました。
    ・福祉エリアを再編し、障害者向けサービスとしての検討。現在社会福祉協議会が行っているデイサービスを来年度1年で終了するという内容です。民業圧迫とのことでしたがどのように民業圧迫なのか実態が説明不足でした。
     30年9月19日①

     最近の行政は議会に対して、大きな施策については事前に丁寧な説明を副市長がしてくれるようになりました。
    それは、予算に対して「付帯決議」などを付して賛成するなど議会が行政のチェック機能を果たしているからと思います。
     職員は各課にわかれて細部にわたり深く仕事を行っています。議員は一人で全ての課の事業を勉強しないと市民の代弁者としての責任が果たせません。議会の開会中は勿論ですが、閉会中も資料請求したりと勉強を行います。それでも、市長の持っている権力は絶大でこちらの意見が予算となって反映されることは時間がかかります。

     今回の説明資料は12月、3月議会で審議するのでそれまでに〇か✖か、検証します。人生いくつになっても勉強が出来るって幸せかもしれませんね。 .。o○.。o○.。o○.。o○

     9月18日(火) くらし建設委員会を傍聴しました。3つある委員会の最後の日です。
    付託議案は平成29年度決算関係が4件、補正予算関係1件の計5議案でした。

    〇公共下水道事業特別会計(H29年度決算)
     歳入:約15億5,924万円 歳出:約12億2889万円で実質収支額は3億3,034万円。
    ・受益者負担金一括納付報奨金が1,547万円もありましたが、分割で納める世帯もあるので同じ利益を受けるのに、不平等感を以前から感じて質問してきましたが未だ改善されていません。
    ・H30年度から公営企業会計に移行するためのシステム初期構築作業委託料が約209万円でした。
    ・H29年度に行われた下水道築造工事費が7件で9,695万円でした。↓
     30年9月18日①

    〇公園西駅周辺土地区画整理事業特別会計(H29年度決算)
     歳入:11億3,525万円 歳出:10億2,567万円 実質収支は翌年度へ4,900万繰り越したので6,058万円。
    ・URリンケージという国土交通省傘下の企業に包括支援業務を約1億476万円で委託しています。3年前に委員会で質問し、受託会社の職員が市役所3階建設部のフロアーに常駐していることが明らかになりました。本来ならば現場に現地事務所を設けるべきですが専門家集団なので市職員と一緒に仕事をするので同一フロアーという答弁でした。今回は質問される前に8名が区画整理課に常駐していると説明がありました。

    ・この区画整理事業は民間施行ではなく、市施行です。土地の売却が開始されましたが思うように売れないことからチラシを作成して住宅メーカーにお願いに回ったそうです。
    ・事業の進捗率は78%で、完了年度はH35年ですが保留地はH33年度までには完売する目標とのことでした。また事業計画の変更をし、生活利便施設(スーパー、ドラッグストアー)も進出できるように進めています。IKEAは家具屋さんなのでリニモの駅前にスーパーなどがあると保留地(宅地)の販売につながるという計画です。

    〇市営墓地(卯塚墓園事業特別会計)
    ・用地購入代金の償還金(返済金)が毎年約4,800万円ありH54年度まであるということで、墓所を作り販売しながら事業を続けていくことが大変困難であるということが分かりました。樹木式合葬墓所をもう一基建設して歳入を増やしながら赤字脱却をめざしたいということです。南部整理組合から用地を高額で購入した結果です。
     30年9月18日②

    夜は名古屋市内へ長年活動してるフォーラムinなごやの例会にいきました。
    10月6日に下記のチラシの講演会を企画しました。当日の担当者を決めたり、講演会の集客状況、予算など盛りだくさんのことを決めて家に戻ったのは10時過ぎです。車で往復2時間はちょっぴり大変。
     img025
    ・来週は県政記者クラブ、司法記者クラブ、テレビ各局などチラシを持って事前報道のお願いにまわります。死刑制度廃止については世論の82%ほどが反対の中、毎年10月におこなう「世界死刑廃止デー」の企画は予算の面で苦労します。代表をおかない自主的なメンバーで構成している市民団体ですが25年ほど続いています。

     予算を持たない会なので赤字の時は皆で割り勘と言う時もありました。マスコミ回りなどの集客活動もしっかりと行い当日の出足を待ちます。

     賛成の人も反対の人も自由に参加頂き、議論できるといいなと思っています。.。o○.。o○.。o○.。o○

     市役所への近道の両脇の田の稲刈りが終わりつつあります。いつものように運転しているとハッと真っ赤な曼珠沙華が目に飛び込んできました。ほとんど毎日通っているのにある日突然咲いています。
     今度の3連休は秋分の日。毎年不思議に思うのですが、この日が近づくと時計のように正確に曼珠沙華が咲きます。
    (畦道に咲くこの曼珠沙華が一番先に目に入ります)
     30年9月17日⑤
    市内のどこに咲いているか、わかるようになりました。車で一週してきました。
     30年9月17日②
    (色金山歴史公園入り口付近です。)↑↓
     30年9月17日①

     30年9月17日④
    (ある民家の石造りの塀に沿って・・今年は少し遅かったかな~)
     30年9月17日③
    (畑に咲く曼珠沙華の隣には、露草が咲いています)
     BlogPaint
    長久手市の東部地域は自然環境が豊かで、農地や里山が残っています。曼珠沙華を追って、市内東部を一回りしてきました。v( ̄∇ ̄)v

     9月15日(土) 午後は文化の家で愛知県立芸大のオーケストラ演奏会を聴き、夜は今池のライブハウス「イマーゴ」でJazzを楽しみました。このような贅沢な日は初めて。偶然なのか、それとも長久手市に県立芸大と文化の家があるから?

     日頃、アマチュアオーケストラの団員として苦しみながら練習している身にとっては「芸大生」のオーケストラの演奏はプロの卵?なので楽しみにしていました。また~市長賞受賞者をソリストに迎えて~は興味大です。
    <満席の会場・・駐車場が溢れてついに道路向かいの下水道処理場まで車が一杯>
     BlogPaint
    <長久手市が誇る文化の家・森のホール>
     30年9月16日①
     
     30年9月16日②
    ・プログラム
     ♦L.バーンスタイン:キャンディード序曲
     ♦尾高尚忠:フルート協奏曲 作品30b
     ♦シベリウス:交響曲第2番 二長調

    ・指揮は若干24歳の「太田弦」氏。プログラムに曲の解説がなかったので指揮者がマイクで解説するというユニークな場面がありました。
    ・聞きたくてたまらなかったシベリウスの2番。楽団員の名簿のヴァイオリンパートが30人・・うなずけました。
     フィンランドの酷寒の冬の風景が伝わってきます。壮大でかつ重厚な曲、3楽章と4楽章はつなげて弾くので大変だろうな~と思いながらその荘厳な響きに聴き入りました。
     やっぱり!2~3人からのブラボーという声を突破口に会場は拍手が鳴りやみませんでした!私も手が痛くなるほど拍手をしていました・・。

    【夜の部=ライブハウス】
    ・こちらは、毎度おなじみのダニートリオにプリスカ(女性ボーカル)が賛助出演。
     30年9月16日⑥
    ~ビール&ワイン~
     30年9月16日④

     30年9月16日⑤
    <ベースの北浦さんは、時々弓も使います>
     30年9月16日⑧
    ♫♬ イマーゴは70歳以上と障害者の方はチャージなしです。私たちのグループにお2人該当者がいました。社交ダンスも踊る彼女たちはJazzを聞きながら時にはスローなステップで踊る時もあります。80歳になったと聞き(@_@)です。それでも現役で仕事をしているとか・・まいりました。彼女たちに「敬老の日」は当てはまらないな?って思いながら、私はJazzを聞きながら人間模様にも驚いていました。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ