2018年08月

    午前10時~長久手市平和祈念式典~12時
     昨年まで秋に戦没者追悼式を実施してきましたが、今年から周辺自治体が足並みを揃えてこの時期に「平和祈念式典」と名称をかえて同じ事業を行うようになりました。
     BlogPaint
    ・戦争で亡くなった方への哀悼の意を表し、平和への想いを未来へつなぐことを目的として、式典を開催する・・と書いてあります。
     ①市長の式辞 ②黙祷 ③追悼の言葉・・議長、来賓、遺族会長 ⑤献花という流れで粛々と進みました。

    ・その後、語り部による戦争体験の話をパワーポイントを見ながら聞きました。また、8/8~9と広島平和体験学習事業に参加した中学生も体験を話してくれました。

     これまでの戦没者追悼式では参列された方がた全員が舞台に設けられた菊の祭壇に一人一人白菊を献花しましたが、今年度からは代表者だけの献花に変わりました。

    午後2時~ 尾三11市議会議員合同研修会へ(場所:みよし市勤労文化会館)
    ・「地域力の創造は足元から始まる~各地で活発化する地元の力~」という演題で食環境ジャーナリストの金丸弘美氏の講演を聞きました。小ホールは11市議会議員全員が集合して満席です。
     BlogPaint

     30年8月10日②
    講演は金丸氏が取り組んできた事例ですから説得力がありました。

     強く印象に残ったのは埼玉県さいたま市の「さいたまヨーロッパ野菜研究会」の事例。若い人がイタリア、フランスで料理を学び、国内でレストランを開いても現地の野菜入手がむずかしい!そこから生まれたのがレストランのシェフ、若い農家、種苗会社、飲食店向けの流通業者、行政、JAを結んでの、現地野菜の生産と市場に生み出すマッチイング事業です。

     全く新しい農業が、地域にもともとあったメンバーと組み合わせを変えることで価値を創り地域経済を生んでいる・・とても、参考になりました。
     30年8月10日④
    一部事務組合議会で一緒の議員と挨拶を交わしたり、隣市で議員をしている娘にもあえるので、別の意味での楽しみもあった行事でした。v( ̄∇ ̄)v

     昨年6月「文化芸術基本法」が改正され、8月9日長久手市文化の家で法律がどのように変わり、どうしたら改正内容が活かされるのかフォーラムが開催されました。
     30年8月9日③
    基調報告は文化庁・文化部長の藤原章夫さん
    ・今法改正の主な内容や文化庁の京都移転のことなど講演されました。
     文化庁の京都移転は2021年をめどに70%を京都に移転し、既に40人ほどの職員が準備のため京都へいった。
    ・H30.10.1~芸術教育、博物館(水族館・動物園等)は文化庁に移管される(初耳!でした)

    改正内容
    ・文化芸術そのものの振興に留まらず、観光やまちづくり、国際交流、福祉、教育、産業などの幅広い関連分野の施策を法律の範囲に取りこみ、文化芸術の価値を継承し、発展や創造に活用していこうとする「基本法」となりました。(振興法⇒基本法へ・・難しい?)
    【個人的な解釈】
    ・法律が改正されても予算が付かないと聞いたので、日本の伝統文化を継承・維持・発展させていく為に、観光面、国際交流面からも経済という面からバックアップしていけるようにしていくのかな?文化庁も京都移転で!

    第二部のパネルディスカッションでは文化の家の職員がこれまでの取組を説明しました。
     私はこの話を聞いて、ようやく納得しました。長久手文化の家は創造スタッフが小中学校に出向いて演奏する「であーと」等、今改正法の先取りをしてきたんだと!
     30年8月9日⑤
    ・課題もあります・・。
     30年8月9日②

    劇場・音楽堂がこれから何を社会に向けて発信していくのか。
    ・人生100年を生きる教育の中での芸術教育の見直しなど、奥深い転換が求められているように感じました。

     文化庁の藤原文化部長さんからは、文化とは人々に感動を与えるという一つの価値だけではなく、これからは経済的価値(私の主観:京都などへの観光で)、社会的価値(福祉・教育・産業分野)に転換が図られていく法律改正であると知りました。
    <文化の家20年の歴史ー①>
     30年8月9日①
    <文化の家20年の歴史ー②>
     30年8月9日④

     このフォーラムは「ジョイントフェスティバル愛知」の一つの取組として開催されたので市外の文化施設の職員や親子劇場の方々など県内各地からの参加者も会場から活発な意見を述べて、名実ともに議論の場、フォーラムでした。

     私は「良い演劇、良い音楽・・」と言われた「良い」ものとは何が「良い」というものなのか、最後まで意味が分かりませんでした。しかし、これからの文化行政がこの「基本法」に沿って行われていくという事実を学ぶことができたことは収穫です。難しい内容でしたが参加して良かったです。v( ̄∇ ̄)v

     故郷での過ごし方はいつもワンパターン。それでも飽きないのは自然一杯だからかな~。
    田貫湖へ行きました。青空なのですが湖の奥に麓しか見えず中腹から山頂は雲にすっぽり包まれて見えません!
     30年8月8日⑥

     30年8月8日⑦

     30年8月8日①
    ・富士山が見えなくても、美しく懐かしい自然の空気をたくさんすいました。
     30年8月8日⑤
    ・富士山五合目に向かう道沿いの杉並木です。5合目までは車で行けます。
     30年8月8日④
    明日は、長久手に帰ります。家の周りの草花も見納めです。
     30年8月8日②

     30年8月8日③

     30年8月8日⑧

    最後の夜は、タブレット端末を見ながら、母の好きだった歌を姉と歌ったりしながら過ごしました。母はアカペラ、私たちはYouTubeで伴奏つき。時代だね、お母さん!
     *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 

     昨日6日から2泊の予定で両親のお墓参りに故郷へ帰省しています。静岡県富士宮市へは新幹線と甲府行きの「特急ワイドビュー富士川号」を利用すると3時間ほどです。
    雄大な富士山の麓に育った私は、家の辺りに咲いている自然の花々を見ることが大好きです。母も花々が大好きだったので、帰るたびに一緒に家の近所を1週して「これは〇〇と言う花で・・」と話し、「あ、そうだ俳句にしたよ!」とよく説明をしてくれました。この花は鳳仙花(ほうせんか)で、実を割るとクルクルっと丸くなるので耳飾りにして、幼い頃遊びました。
     30年8月7日⑫
    ・今年は姉と一緒にお墓詣りをして家の近所を一回りしながら母の思い出話をしました。
     30年8月7日④
    ・柿の実です!
     30年8月7日①
    ・七夕草(たなばたそう)と呼んでいる花です。
     30年8月7日②
    ・コスモス
     30年8月7日⑤
    ・おしろい花と呼んでいます(花が咲き終わると黒い実がつき、割ると中から白い粉が出てきます)
     30年8月7日⑦
    ・椿の実
     30年8月7日⑥
    ・金魚草(キンギョソウ)と呼んでいます。金魚に似てる~?
     30年8月7日⑧

     30年8月7日⑩
    ・どくだみ!赤いドクダミは初めて見ました。
     30年8月7日⑪

     30年8月7日⑬
    ・ブルーベリー!
     30年8月7日⑨

    ブルーベリーの木は、姉の孫が生まれた時に苗を植えたそうです。沢山実がなり翌朝のトーストにお手製のブルベリージャムを塗ってくれました。

     母が他界して2回目の夏です。写真を見ると、今でも「今日はショートステイに行っているのかな~」と思ってしまうほどです。99歳まで元気だったので未だに元気でいるような気がしました。
     お母さん、ただいま~と言って玄関を開けました

     猛暑の夏が続く中、戦後73年・広島平和記念式典をテレビでみました。
     BlogPaint
     
     BlogPaint
     為政者が毎年、毎年、戦争の惨禍を二度と繰り返してはいけない、核を廃絶して平和を築こうと述べてきても、戦後73年経つというのに日本の総理大臣は「核兵器禁止条約に参加しない」という立場をとりつづけています。にもかかわらずこの日、首相はあいさつの中で「核兵器のない世界」の実現に向けて努力を重ねていくのは日本の使命だ・・と述べました。どういう気持ちで8月6日の広島平和記念式典であいさつをしているのか私には理解できないことです。
      30年8月6日⑫

    一方で「平和への誓い」を述べる子ども代表の言葉は真っすぐに伝わってきました。
    ・人間は 美しいものをつくることができる 人々を助け 笑顔にすることができる
     30年8月6日④
    ・しかし 恐ろしいものをつくってしまうのも人間です
     30年8月6日③
    ・平和とは 自然に笑顔になれること
    ・平和とは人も他人も幸せになれること
    ・平和とは夢や希望がもてる未来があること・・・

     松井一実 広島市長の「平和宣言」の最後は私の信条とする「恒久平和」に力を尽くすという言葉で結ばれていました。
     BlogPaint

     BlogPaint
    〇テレビ画面からの「広島平和記念式典」の様子。
     30年8月6日⑦

     30年8月6日⑥
    ・15年ほど前、私も娘(尾張旭市議)たちと折鶴を段ボールに詰めて広島に行きこの場所に千羽鶴をかけてきました。
     30年8月6日②

     当時20代であった娘は広島の平和記念式典に参列し、秋葉市長と対面するなどの体験が影響してか地方議会においても平和主義の憲法の精神をもって活動していることに、親として嬉しく思っています。恒久平和を実現するための条件とは何か!一人一人の心の中に「平和のとりで」を築くことと思っていても難しいことですね。。
     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆ ・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

    このページのトップヘ