2018年07月

     地下鉄藤ヶ丘駅へ向かうメイン市道の拡幅を、3年前の2015年6月に一般質問で取り上げました。この地域は3区画で約1,000戸の高層マンションが建ち人口急増地域です。
     下山交差点はカーブで入り狭くて、歩行者にとってはとても危険でした。質問した時は拡幅するため「用地買収に入っている」という答弁でした。折に触れ担当課長に経過を訊ねてきましたが昨年度、歩車道分離の工事が終わりました。↓
     BlogPaint

     BlogPaint

    ・3年前の11月からブログを始めましたが、この交差点のことが書きました。
      http://oshimareiko.blog.jp/archives/18914.html
    ・当時の下山交差点に向かう市道の写真です。
     BlogPaint

    この地域に住む多くの市民の皆様が、それぞれのお知り合いの議員にお願いしてきたと思います。担当課も当時から現状の危険性を把握しており、行政と議会の全員野球で整備されました。
     用地買収に応じて下さった地主さんの協力も必要です。名古屋市との市境の辺りは事業が進んでいませんが車で走る時に歩行者を守るガードレールがあると安心しますね!v( ̄∇ ̄)v

     「今、政治が激動している~メディアの視点から」と題して@7区主催で望月衣塑子さんの講演会を7月16日に開催します。
     @長久手は全員のお世話人が集まれる日に日程を調整して打ち合わせを行いますが、今回は16日の講演会の長久手での取組状況の集約をしました。
     30年7月11日
    通常国会も150日の会期を延期してまで、現在も開会中です。このため当初予定していた会場が小ホール300席のため予測では入場制限が必要ではないかという対応を迫られています。一か月ほど前からチケットの販売を控えるようにしています。

     望月衣塑子さんは、16日「愛知サマーセミナー」で午前中講演し、午後@7区に来てくれます。会場の豊明市文化会館へは、長久手からは日進市→東郷町→豊明市と南へ県道を走ります。地理的に南北に長い愛知7区という衆議院の選挙区です。

     みんなが顔を合わすことが出来る大きな行事です。しかし何といっても森友・加計問題を追及し、記者会見で菅官房長官に鋭い質問をした望月衣塑子さんの生のお話が楽しみです。

    @長久手はメンバーに占める議員の割合が50%を越えているせいか、議会日程に活動が左右されてしまいます。この日はサラッと終了~。7月6日に6月議会が終わり、8月14日からは9月議会の前段の会議が始まります。長久手市では議員にお盆休みはないような気がします。(@_@)

     昨日、知人の隣市の議員さんから長久手に水田を持っている人の相談があり、現地に一緒に出向き問題の確認を致しました。
     30年7月10日①
    ・場所は愛知用水土地改良区内の水田で、昭和45年~50年頃にほ場・道路・水路が整備されました。普段何気なく眺めている田園風景ですが用水路から水田に水を流す仕組みを始めて拝見。
     30年7月10日②
    ・この水路の壁面にある丸い蓋を回し閉開する仕組みになっていました。↑↓
     30年7月10日③
    ・相談は、現在水路からの導水栓を閉じているのに水が入ってくる・・という内容です。どうやら道路を挟んで反対側の水田に水を入れていれると閉めていても流れ込んでくるようです。反対側の水田とは稲の種類が違うために導水の時期も違うようです。

    ・現地からその足で市役所の担当課へ出向きました。愛知用水土地改良事業は既に完了しているので用水路は市に移管されており、市と愛知用水土地改良区と相談して対処するという返事を頂きました。

     30年7月10日④
    ・担当課の職員も現地確認をして、しっかりとした調査の上原因を確かめてくださることになりました。後でお聞きしましたが、相談者の方は昨年から水田の真横に水道管を敷設した工事が原因と考え中部水道企業団からその工事を依頼された事業者と話し合っていたそうです。

     水田所有者は土地改良区に負担金(水使用料)を毎年支払っています。現在、この土地改良事業の管理責任が市と愛知用水土地改良区にあることがわかったことで、誰が修繕をするのか明確になりました。

     何とか解決しそうな流れになりホットしました。担当課の職員の素早い対応に胸をなでおろしました。宜しくお願い致します。v( ̄∇ ̄)v

     いつもは娘宅に立ち寄った時に会う程度の孫との時間です。しかし今回上から3番目の孫を預かるのは3か月振りです。下の子は保育園、長女は小学校、真ん中2人は幼稚園でこの2人を午後から2時間預かりました。

     娘も議会の会議なので時間ピッタリに孫二人が玄関ドアを開け、小さな靴が2足並びました。
    ドドドドーとマンションの廊下を走りリビングへ。持参したDVDを見るように母親から言われているなと思いました。ところがすぐに、「公園に行こうよ~」と5歳のお兄ちゃんが言いだすと2歳下の妹はDVD見て静かにしていなさいとお母さんに言われたでしょ!とお兄ちゃんを牽制しました。(やっぱり~)

    考えた末、下の孫とは3か月振りなので徒歩5分の場所にあるスーパーへお菓子を買いに行きました。一人一つと約束したので孫たちは棚を見て迷っていました。両手で孫と手をつないで歩くことはとってもウキウキ。途中で気が付きました。歩く速度が速い、スキップをする。大きくなったんだな~と思いました。

    部屋でタブレットを見つけたらしく「あんぱんまん見る~」と言って二人で仲良く椅子に座りました。
     30年7月9日
    ところがお兄ちゃんが買ったお菓子の箱は全長10㎝の恐竜が入っていてお菓子は1㎝四方のガム一つでした!恐竜を組み立ててしばらくは遊んでいましたが次第に「ねえ、バーバ、一つだと戦えない・・もう一つ欲しい」と言いだしました。可愛さ余ってついに徒歩5分のスーパーへまた行きました。

    本人は大満足!<ティラノサウルス&ラフトル>
     BlogPaint
     
     二人の孫は顔つきも変わり、足も伸びていました。こどもの成長の速さに驚きました。
    💛この日、お兄ちゃんが夕食のときに「バーバに恐竜のお礼言うの忘れた!」と話したそうです。娘からその話を聞いたとき、理由のない嬉しさがこみあげてきました💛  v( ̄∇ ̄)v

     ノリタケの森へ初めて行きました。愛知県に住んでもうすぐ30年になるというのにJR名古屋駅から徒歩15分の所にあるなんて気が付きませんでした。

    💛最も驚いたのはやはり名駅までの距離です。このような一等地に広々とした施設があり観光の名所になっています。(遠くに見えるビル群はJR名古屋駅前・・)
     30年7月8日⑤
    ビオトープで自然との触れ合いができるエリア・・
     30年7月8日⑲
    煙突ひろば・・
     30年7月8日①
    日本の洋食器の歴史を象徴する「赤レンガ建築」・・
     30年7月8日②
    噴水ひろばからは名駅のビル群が、また見えました・・。
     30年7月8日③
    クラフトセンターではノリタケのボーンチャイナの製造工程を見学。
     30年7月8日④
     ※ボーンチャイナの原料が「骨灰」と書いてあったのでビックリ(@_@)・・牛骨でした!

    💛ミュージアムはではノリタケの創業時代から第二次世界大戦終結までに作られた「オールドノリタケ」や今日までに作られたディナーウエア―など歴史を物語る名品にうっとりしました。

     30年7月8日⑩

     30年7月8日⑦

     30年7月8日⑨

     30年7月8日⑪

     30年7月8日⑯

     30年7月8日⑱

     30年7月8日㉑

     BlogPaint

       BlogPaint

     BlogPaint

     30年7月8日⑧

    💛洋食器とは思えない、陶磁器に書いた洋画の世界を見せてくれました。正に「ノリタケの森」と言う名がピッタリの場所でした。
     ノリタケショップもあり、日用品のカップを記念に買いました。v( ̄∇ ̄)v 

    このページのトップヘ