2018年07月

     6月から始まった週2回の児童クラブも、関係者の努力で運営が「より子どものために」へと変化してきました。

    今日からお迎え開始です。低学年と高学年と2回に分かれての下校なので、2回出かけました。連日の猛暑の中、ボランティアさんや子どもたちは真っ赤な顔をして玄関に入ってきました。「お帰りなさい~」と言って待機組は急いで扇風機をかけて涼しい場所へ誘導します。幸いに上川原集会所はクーラーがあります。

    <下校お迎え時の目印旗は社協さんが作ってくれました>
     30年7月17日④
    <UNOというトランプではないゲームをしています・・私はUNO知りませんでした>
     BlogPaint
    <宿題をする子ども・・転校するクラスメイトへのお手紙を書きました>
     BlogPaint
    今日は映画上映会。DVDで「となりのトトロ」です。上映器械一式を持参してセットし、子どもたちの帰りを待つボランティアさん。和室に布で簡易スクリーンをつくり雨戸を閉めて手作り映画館です。
     BlogPaint
     ※8月は21日(火)が映画上映の日です。

     難産?の「北っこひろば」も軌道に乗りはじめて子どもも大人も楽しい場所となりました。Yさんが自宅で作った無農薬トマトを沢山持参してボランティアさんに分けてくれました。ボランティアさんは初めてお話する方も多いのですが、子どもの宿題をみたり、ゲームをしながら交流しているとあっという間に夕方6時となり戸締りや片づけをして解散。

     私は今月は今日までしかボランティアに入れません。8月は17日に参加します。ちょっと楽しみ~。
    v( ̄∇ ̄)v

     望月衣塑子さん(東京新聞社会部記者)の講演会は昨年秋に企画しましたが総選挙のため延期となりましたが、今日無事に終わりました。会場の豊明市文化会館ホールは満席になりました。開会の2時間前に愛知7区の各自治体からお世話人が集合して会場づくり、受付の準備など楽しく行いました。

    望月さんの講演スタイルは「スクリーン横にワイヤレスマイクを持って動き回りながら、身振り手振りを交えて、エネルギッシュに、機関銃のように、人まねも交えてユーモアたっぷり・・」とお聞きしていましたが正にその通り、2時間10分、一気に語りました。メーリングリストに貼られた映像よりももっとスピードがあったと思いました。

     ご自分のやってきた仕事なのでそれはそれは、迫力があります。全てが体に焼き付いていました。
     30年7月16日⑨
    💛会場は、望月さんの一人演説130分の世界に吸い込まれました!
     30年7月16日②

     30年7月16日④

     30年7月16日⑧

    記者としてのテーマは権力側が隠そうとすることを明るみにだすこと!政治批判することになる。メディアは、読者や市民の声に支えられているので読者や市民が色々な形で声を出す~例えばメディアが委縮して報道しない事など~新聞社などに電話やメールでも、とにかく良いとか悪いとか伝え続けることが大切!と、最後に締めくくりました。

     私自身も、地元紙を読んで時々記事の内容が偏っている!と電話することがあります。丁寧に担当者と話すと、後日私の主張が取り入れられた記事を見つけた時は嬉しくてつい、お礼の電話をしたこともあります。
     メディアが事実や真実を報道するためには、地域で生活している私たちの「声」が本当に支えになっていたんだと実感しました。

    チケットは1っか月前から当日券来場者の為に販売を中止しました。今日は一人もお断わりすることなく入場できたことを知り嬉しかったです。午後2時、豊明市は37度です。暑い中ご来場くださった方々にお礼を言いながら受付でチケットもぎりをしました。
     30年7月16日①
    <書籍販売もスタッフで・・>
     30年7月16日③
    いつもの日進市女性市議「えきよく」の4人と望月さんと記念写真。右は豊明市議の山盛さん。
     30年7月16日⑥
     二人の子育てをしながら、新聞記者、土日は講演、小柄な43歳の望月さんは娘と同じ世代でパワー全開でした。ふっと先日ある部長から「大島さんは主義主張が明確な人とわかっています・・」と言われた言葉が浮かんできましたが改めて信念を持って仕事をするという当たり前のことを学びました。。.。o○.。o○.。o○.。o○ .。o○.。o○.。o○.。o○

    今日の長久手市は35度!暑くて外に少し出ただけでも体温が上がりそう~。
    娘からラインで孫たちの水遊びの写真を送ってもらった!小さなプールに涼しさを通り越して暑そうだけれど、兄弟姉妹は仲良く楽しそう~。
     BlogPaint
    お姉ちゃんは少学2年生、弟は幼稚園の年長さん、妹は幼稚園の年少さん、そしてちっちゃい子は1歳10ケ月。どの孫も最高にかわいい!
     BlogPaint

     BlogPaint
    写真でみる孫たちは、お守も必要なく、体力も使わず、ただ見るだけ!こんなんで良いのかな~💛
     孫たちに、胸がキュン!

     高齢のご両親をお見送りした経験からの決断!と聞かされても、友人ご夫妻の東京転居は意外な選択・・。一人息子さんの住む東京に住まいを得て、こちらの自宅も車も売却の段取りをして・・来週引っ越し。
    14日の月1回の女子会は青天の霹靂の話からスタートしました。私自身も生まれ育った故郷から引っ越して、現在の長久手市に住んでいます。知人ご夫妻は年齢的にも先輩です。「息子さん家族がいる」という親子の強い絆が決断させたと話してくれました。いつものフードコートでの昼食を変更して、ゆっくり話せるお店に行きました。
     30年7月14日②
    沢山の思い出がよぎり、友だちの決断を理解するには時間がかかりました。朝から夕方までいつもの女子会のコースを回ると自然に気持ちが落ち着いてきました。
    彼女からいただいたグスマニアという植物、新天地での生活への決意を感じます。
     BlogPaint

    夜はオーケストラの練習。今週は文化の家で弦楽器だけの分奏です。来週は指揮者の先生が初めて来団します。夕方6時30分~10時の閉館まで、コンサートマスターが全曲の難所をきめ細かく指導してくれました。
     BlogPaint

     30年7月14日④
    衝撃的な1日でした。毎日続く暑さを乗り切るように、気持ちもコントロールして頑張らなくては・・。 

     北小学校の校長先生のご理解のもと、週2回の児童クラブ「北っこひろば」も学校から直接集会所へ帰ることが出来るようになります。7月13日はボランティアの一員として北小へ集合して、分団下校コースを子どもたちと一緒に歩いてみました。
    ・1年生~3年生が運動場に集合して下校。炎天下、子どもたちも先生も大変です。
     30年7月13日⑤

     BlogPaint
    私たちは「上川原集会所分団」の子どもたちの後ろになるので探しましたが、大勢いるのでやっと合流できました。
    ・雨天時には、運動上ではなく校舎の下に集合のようです。
     30年7月13日⑥

     BlogPaint
    社協主催のこの事業も少しづつ広がり、今日は申込者が来所しました。週2回開催は利用者にとっては不便ですが、実施側にとっては毎日ではボランティアが続きません。仕方ありませんね!
     限られた条件でも、必要と思ってくださった申込者は大歓迎です。お父さんと一緒に来所した子どもは、オセロで遊びました。

    「北っこひろば分団」とわかるような目印を帽子につけようと、バッジも作りました。
     30年7月13日③

     30年7月13日①

     30年7月13日②
    社協のCSWさんが責任を持って全てを把握しているので、ボランティアさんたちも楽しそうであっという間に終了時間の6時がきてしまいます。
     30年7月13日⑧
    いよいよ7月17日からお迎え開始。学校までお迎えしてから、上川原集会所分団の後ろをついて「北っこひろば」まで子どもを連れて行きます。今日作ったバッジ、きっと黄色の帽子に似合うだろうな~と思います。

     はじめは児童クラブの指導者?大変かな?と思っていましたが、色々なボランティアさんが参加しているので会話も話題が豊かで楽しいです。
     バッジの材料のフェルトは100円ショップのハサミでは切れなくて困りましたが、家がすぐそばのボランティアさんが自宅へ洋裁ハサミを取りにいき、見事に完成!ご近所さんの交流の場でもあるようです。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ