「ひと月の計は1日にあり」と古い言葉を思い浮かべながら6月1日を迎えました。6月議会一般質問も来週には提出です。金曜日を逃すと資料請求した書類の確認などができないので午前中は担当部局に問合せをして、午後からは「地域公共交通会議」の傍聴と文化協会の美術展の準備に少し参加。会場を行ったり来たりしました。
6月=水無月のとうり市役所北側に広がる水田に水が入り田植えが始まっていました。
 30年6月1日⑤
・のどかでとても良い風景です。緑が目に優しい・・。

午後からは「地域公共交通会議」を傍聴しました。
 BlogPaint
・長久手市を取り巻く公共交通の諸問題の報告や協議を行い、時には議決案件もあります。コミュニティーバスのN-バスといえどもこの会議で了承を得ないと路線の変更、料金の改定などできません。そのためこの会議のメンバーは、国土交通省、愛知県、リニモ、名鉄バス、バス協会、タクシー事業協会、愛知警察署等の市内で公共交通を営む事業者や許認可を持つ上級官庁の代表、そして公募市民など15名で構成されています。

 昨年度の市内の公共交通としてN-バス、名鉄バス、リニモの利用実績が報告されました。リニモの利用者が格段と増えていると思いましたが、おや?っと思うことがありました。
 30年6月1日①

 30年6月1日③
・この表でリニモ「長久手古戦場駅」の利用者はイオンのオープンににより利用者が28年度、29年度と増えています。ところが昨年オープンしたIKEAに直接通じている「公園西駅」の利用者は2倍に増えてはいますが利用者全体が少ないことに驚きました。IKEAは家具店なので車での利用者が多いのかなと思いましたがしかりとした考察が必要と思いました。しかし、この駅周辺は市直営の区画整理事業、民間の宅地開発等で人口が増加すると予測されています。
・リニモは絶対に「赤字」にしてはいけない乗り物です。すぐ次の駅は県立の「愛・地球博記念公園=モリコロパーク」もあり人々がどのような交通機関で訪れるのかは市内の渋滞問題と表裏一体の課題となります。

夜は、「長久手フィルハーモニー管弦楽団」に半年ぶりに復帰するので楽器の調整をしました。先日弦の種類を今までのと違う種類に張り替えたので音色を確かめたり、あご当てを修理したので弾きやすさを確認したりしました。
 30年6月1日④
  【次回の演奏会】
  2018年11月25日(日) 文化の家・森のホール
  メイン曲:ブラームス 交響曲第4番 ホ短調

 6っか月後の定期演奏会を目指して、練習が始まります。v( ̄∇ ̄)v