2018年04月

     4月22日、日曜日の午後は文化の家に長久手フォレスト合奏団の演奏会を聴きにいきました。コンサートマスターは県立芸術大学の教授でもあり音楽学部長をつとめる福本泰之先生です。この県立芸術大学の卒業生を中心に設立されたプロの室内合奏団の演奏を市内で聴けるのは1年に1回です。
    🎻 演奏会のテーマは「くつろいでジャパネスク♪」 
     30年4月23日④
    前半は「くつろいで」の名のとおり「アダージョ」=イタリア語でくつろぐという意味の名前のついた曲でした。モーツアルトの曲には福本先生のヴァイオリンソロがあり、会場の雰囲気はくつろいで演奏を聴いてるようでした。私は先生の楽器の音色の素晴らしさにうっとりしていました。
     30年4月23日③
    🎻 後半が凄い!「ジャパネスク」文字通り日本人の作曲家の曲です。
    ・武満徹作曲 3つの映画音楽
    ・芥川也寸志作曲 弦楽のための三楽章「トリプティーク」
     アレグロの速いテンポで始まり、3楽章の終わりはプレスト=急速で終わり、弦楽器の弓が全員揃って弾き終わると一斉に大きな拍手が響き渡りました。日本の偉大な作曲家の曲は、私は所属しているオーケストラで演奏したことがないので大変興味がありました。期待通りの素晴らしい曲と演奏に大満足です!

    🎻 ステージに全員が揃うと演奏を始める前にチューニングをします。コンサートマスターがA線(ラの音)を弾き、全員がラの音に調律します。この全員のチューニングのラの音だけで、既に音楽になっている!本当にワクワクしながら第1曲目の演奏が始まるのを待ちました。
     アマチュアオーケストラでヴァイオリンを楽しんでいますが、プロの演奏は大きな励みになります。

    🎻<新館長=広中さん>
     終演後、ホワイエで4月から館長に就任した友人にお目にかかりました。2年前に専任の館長を置くことの必要性を議会の一般質問で取り上げました。今年度予算がつき一般公募で選ばれました。この演奏会は文化の家の提携事業にもなっており、早速新任の広中館長がホワイエで出迎えてくれる姿に嬉しく思いました。館長です。↓
     30年4月23日⑤

    🎻 また、大ホールで行事があるときは、入り口にコーヒーショップが開店するようになりました。文化の家が市民と共に歩み変化してきていることが感じられて市民として満足です。↓
     30年4月23日①

    🎻駐車場は混んでいたので車は2階へ止めました。このゆったりとした階段を上るごとに音楽の余韻が遠ざかり現実の生活が戻ってきましたが久しぶりのコンサートに心が癒されました。ありがとうございました。
     30年4月23日②
     .。o○.。o○.。o○.。o○  .。o○.。o○.。o○.。o○  .。o○.。o○.。o○.。o○  .。o○.。o○.。o○.。o○ 

     4月22日(日)恒例のスポーツの祭典が開催されました。晴れわたる青空は今春最高の良いお天気です。開会式では体育協会表彰が行われ、その後の準備体操はラジオ体操第二を全員で行いました。
    ・川本亨さん<体育功労賞受賞・ジュニアバドミントンの指導、監督として全国大会に出場>
     30年4月22日⑦
    ・優秀選手賞受賞者の代表のみなさん。
     30年4月22日④
    会場では沢山の競技が行われました。
     30年4月22日⑥

     30年4月22日⑧
    ・握力測定器です。私は24でしたが、次の順番の若い男性は48ほどありました!
     30年4月22日⑨

     30年4月22日⑩
    ・ディスゲッターに挑戦しています。投げるポーズ、カッコイイね!
     30年4月22日②
    ・この白線は何かな~と思ったら、年齢に応じての踏みきりの位置です。
     30年4月22日⑤
    ・グラウンドでは野球、グラウンド・ゴルフ、健康・体力チェックなど多くの催しがありました。
     30年4月22日③

     30年4月22日①

     日頃は特別な運動をしていないので、この日は運動靴を履き、土のグラウンドの感触を踏みしめたり、体を動かして楽しいひと時をいただきました。準備や当日の運営をしてくださった方々に感謝しています。ありがとうございました。v( ̄∇ ̄)v

     長久手に転居した頃からの古い、古い友人と知多半島を一週してきました。運転手の私は無事に家に着いたとき嬉しかったです。多分、知多半島道路を時速60㎞左車線で走行したからと思います。4人中運転免許証を持っているのは2人。私の頭の中は、ただただ、大切な友達を無事に送り届けることで一杯でした。
    メンバーに知多半島・内海出身の友達がいたのでカーナビは全く必要なし。私も安心しきっていました。どこに寄り何をするのか・・彼女たちの頭の中には既に行程が入っていました。
    えびせんべいの里(買い物)↓半分は孫のお腹に入ります~。
     30年4月21日⑩
    →昼食(魚魚魚で海鮮丼)→魚太郎(買い物)→つくだに街道(買い物)
    新四国第43番札所(尾張・高野山=岩屋寺)
    30年4月21日⑥

    30年4月21日⑧
    ・お互いに年齢を重ねると、お祈りすることも沢山あります。
    30年4月21日⑤
    ・二重の塔・・。
    30年4月21日⑦

    30年4月21日⑨

    30年4月21日①
    →メンバーの一人が幼いころ過ごした、内海の海水浴場。潮風と南国らしい景色に、「海だ~」と、つい大はしゃぎ!
     30年4月21日②

     30年4月21日③
    共通の話題は「孫」の話。私の孫を時々預かってくれている友達もいて、興味深く話をききました。街道にはあちこちに桜の木がありました。良く見ると実がついています。
     30年4月21日④
    早朝から既に6時間経過、私の頭は知多半島道路を一路長久手へ、と思っていましたが彼女たちは大府の「元気の里」で野菜の買い物をしてからと、またまた次の立ち寄り先が出てきました。

     本当に優しくて、思いやりのある仲間との日帰り旅行はいいものです。今まで何度も挑戦した戦いに、彼女たちは無償の応援をしてくれました。運転には気を使いましたが気持ちはリラックス。
     毎月一度、ランチをしているようで来月の日程も車内で決めていました。今のところ、私の手帳はその日真っ白。でも土曜日なのでちょっと気になります。v( ̄∇ ̄)v

     長久手市熊張・松杁(旧大草村)地区の山から土砂を採取する計画があり、3月下旬に居住地の方から不安に感じているという相談がありました。この辺りは山からの豊かな湧水を利用して現在も稲作や畑も耕作され、井戸水も利用されています。土砂採取により井戸水が枯渇しないかなどの心配もあるようです。
     だいぶ前に、コーヒー用にペットボトルを持って道路の脇を流れる小川の水を汲みにいっていた時期がありました。現在はその小川の場所に家が建ったので遠慮しています。
    話だけではわからないので先日お天気が良い日に現地と思われる場所を確認に出かけました。この辺りかな~
     30年4月20日㉒
    ・湿地があり、そこから湧き出ている水が水路に流れ、水量の多さに感動!
     BlogPaint
    ・隣は水田です。
     30年4月20日④
    ・豊富な湧水に驚きました。
     30年4月20日③

     BlogPaint
    計画予定地の地図です。
     BlogPaint
    ・計画平面図の中央には湧水を想定して調整池が書かれています。
     BlogPaint
    地図を頼りに計画地を一週しました。
    ・清水池です。
     30年4月20日㉑

     30年4月20日⑳
    ・この池の南側には畑が広がっています。
     30年4月20日⑯
    ・あぜ道の草花・・。
     30年4月20日⑮
    ・清水池の西側は竹林で、その奥が計画地です。
     30年4月20日⑭
    北側に登っていくと、長久手市と瀬戸市の境です。デジタルタワーは瀬戸市です。
     30年4月20日⑨
    え!道を挟んで計画地の北側には既に土砂採取場がありました。
     30年4月20日⑫
    ・道路に湧水が流れています。この土砂採取場所からの坂道です!
     30年4月20日⑪

     30年4月20日⑥
    ・この辺りの自然の風景。(里山)
     30年4月20日⑩
    ・ここにも竹林が広がっています。
     30年4月20日⑰
    県道に抜ける道沿いは、既に土砂採取が終わった跡があり、この辺りが今回の計画地です。
     30年4月20日⑦
    長久手市には「土砂等の採取及び埋立てに関する条例(通称・土取り条例)があります。条例により事業者は地権者の同意と隣接地権者、周辺住民を対象とした説明会の開催をしなければなりません。また、市と事前協議をおこない、協定書の締結が必要です。その後、愛知県に申請するという流れです。

     土取り条例には「市」の責務と「事業者」の責務があります。採取期間は2年間。完了後の植樹は事業者の責務です。
    ・計画地の土地所有者にも4つの務めがあります。
    (1)土壌汚染が発生するおそれがないことを確認。
    (2)土壌汚染が発生するおそれがあると認められる場合は、土地を提供しないよう努める。
    (3)事業者が土壌汚染、災害を未然に防止する措置を講じない時は、事業者に変わり講じる。
    (4)開発行為による通行の支障、土地利用に支障がないように配慮する。

     砂防指定地になっているので、近隣住民との理解が必要だなと今回の調査でわかりました。これからも、この事業計画を注視していく必要があると強く思いました。(゚ロ゚;)エェッ!? 

     玄関ドアに竹の子が掛けられていました。嬉しい!旬の筍です。開けてみると取り立てでした。↓
     BlogPaint
    長久手市は名古屋に近いベッドタウンというイメージですが、実は東部には丘陵地帯が広がっていて竹藪も沢山あります。以前、たまたま訪ねた家で、筍掘っていく?と言われて掘ったばかりのものを頂いたことがあります。これも掘りたてです。土が付いていました。お鍋でコトコト茹でました。↓
     BlogPaint
     沢山の料理法がありますが、先日娘宅で見た方法に決めました。1歳半の孫までが、上のお姉ちゃん、お兄ちゃんたちと一緒に食べたといいます。次男(5歳半)の孫は、竹の子と豚肉の炒め煮を「お母さんのお料理は一番おいしい、お母さんのお料理は世界一おいしい~」と言ったそうです。

    ベッドタウンに暮らしていますが、旬のものをお裾分けできる交流ができるようになって幸せです。ご馳走さまです。v( ̄∇ ̄)v

    このページのトップヘ